有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

母親には、住み慣れた自宅で穏やかな最期を~介護体験談Wさん4|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

それは暴走じゃなくて…ばーちゃんの愛情?~漫画★孫娘のガチンコ介護

1月17日

それは暴走じゃなくて…ばーちゃんの愛情?~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

母親には、住み慣れた自宅で穏やかな最期を~介護体験談Wさん4

2017年1月9日

介護のために両親の家に入って2年後、父親は息を引き取りました。しかし、5年たった今も、母親の介護は続いています。今、どんな心境で介護を続けているのか。最終回は「母親の介護を続ける日常」について、伺いました。

 

*この体験談の1回目2回目3回目(前回)はこちら

 

今は母だけの介護を、妻とふたりで

image001父が亡くなって3年がたちますが、母はまだ、家に帰ってきた当初とそれほど変わらない様子で過ごしています。言葉を交わすことができないので、何を思っているのか、あまりわかりません。寝たきりの状態です。でも、胃ろうで栄養をとり、しっかりと息をして生きているのです。

 

週3回デイサービスに行き、入浴はそこでします。体をふいたり、口腔ケアをしたりするのは訪問介護のヘルパーさんに任せています。訪問看護もドクターも来ているので、僕がやることといえば、オムツ替えと胃ろうのチューブの取り換えぐらいです。

 

1年前に家内が会社を辞めたので、今は実家に同居しています。以前はひとりで両親の介護をしていましたが、今は2人で母だけの介護。とても楽になりました。

 

仕事も、父が亡くなってから団体職員として週3回で復帰しています。事務局長職なので、有給で働いています。そのほかに、父が亡くなったのでアパート経営を任されるようになり、金銭的にも困らず、のんびりと暮らしています。

 

母がいて、夫婦で暮らす。この暮らしは本当に穏やかで、心荒んで昼間から居酒屋に行っていた頃が嘘のようです。当時はがりがりにやせていましたが、今は以前の体重に戻っています。

 

母にはできるだけ家にいてほしい

image003ただ、もし母が死んだらどうなのか、というのは時折考えます。
父は療養病院で、酸素マスクとチューブをつけたまま亡くなりました。いくら父と確執があり、介護が大変だったとはいえ、それはかわいそうだったと思いました。介護に疲れ、病院に入院したときはたしかにほっとしたのですが、長年暮らした家で最期を迎えさえてやりたかったと、あとになって悔やみました。

 

だから、母には、できるだけ家にいてほしい。最期まで家で過ごしてほしい、と家内と話しています。家内も父の面倒は見られませんでしたから、母のことは最期まで、と思っているようです。

 

家で亡くなるには、それなりの覚悟が必要です。心臓が苦しそうでも、けいれんをおこしても救急車を呼ばないという強い意志がないとできないことです。救急車を呼んだら、自然な死をむかえることができません。果たしてできるのか、結局病院に行ってしまうのか、そのときになってみないとわからない。でも、今はそんな風に思っています。

 

母がいなくなって動揺しないように、自分たちだけになったときのことも、少し考えておこうと思っています。

 

母が亡くなり介護が終わったら、家内とふたり、長い旅に出てもいいね、と言っています。団体職員の仕事も、ボランティアという形ならずっと関われます。ライターという仕事も、細々とでもいいと思えば、年齢に関係なくやっていけます。仕事は失わずに済むと思うのです。そう考えると、介護という役割を終えたからといって、いきなり老後を迎えるわけではないと思え、気が楽になります。

 

介護はいつか、終わりがくる。その終わりをときどき見つめながら、母と過ごす時間を大事にし、家内と生活していきたいと思っています。

 

*写真はイメージです。

 

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

 

 

*この体験談の1回目2回目3回目(前回)はこちら

 

プロフィール

W・Sさん(男性 56歳)団体職員
千葉県在住。2011年に当時82歳の母が脳梗塞で寝たきりになり、85歳の父親による老老介護も立ち行かなくなる。当時フリーランスのライターで長男のWさんが、妻と暮らす都内の自宅から離れ、ウィークデーは介護を担うように。しかし、2年後、父親が心不全で死去。母親は要介護5のまま、自宅介護。現在は妻とともに実家に住み、ふたりで母親を介護している。

 

 

<さまざまな方に、介護体験を語っていただいています>

●体は弱っているのに他人の手を借りられない。威厳とプライドのある父親を介護して…
~Tさん(インテリアコーディネーター/54歳/女性)

 

●脳に血栓のある母親、骨折や肺気腫を繰り返す父親。同居して両親を介護するが…
~Wさん(歯科医院勤務/56歳/女性)

 

●同居していた義母が認知症に。徘徊・妄想が始まるが、夫は義母の認知症を認めず…
~Rさん(団体職員/54歳/女性)

 

●念願のマイホームを建て両親と二世帯同居。しかし引っ越し早々、母に認知症の兆しが…
~Eさん(主婦/55歳/女性)

 

●気づいたときには父はすい臓がんの末期。3人の子供を育てつつ実家に通う中で、奇跡的に…
~Yさん(主婦/52歳/女性)

 

●妻と二人三脚で事業を切り盛りしてきたが、気付くとしっかりものの妻の行動がおかしい…
~Tさん(自営業/74歳/男性)

 

●母が認知症?でも同居をしている兄夫婦も父も、介護に逃げ腰。別居の娘が業を煮やし…
~Sさん(会社員/53歳/女性)

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す