有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

母や父の遺品を眺めて、在りし日を思い出す~介護体験談Wさん4|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

母や父の遺品を眺めて、在りし日を思い出す~介護体験談Wさん4

2016年8月22日

母親と同じように肺がんになったW・Uさんの父親。抗がん剤治療で少しずつ元気がなくなってきました。それでも自宅にこだわり続ける父親にために、Wさんと妹家族は、子ども達も含めた家族の総力を挙げて介護を続けます。しかし、病魔に襲われた父親は、夜中に何度も大声で家族を頼る。そして、「もう、無理かもしれない」と思い始めた頃に……。最終回は、Wさんの今の心境にも触れていきます。

 

*この体験談の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

軟便の父のトイレ後の掃除が大変で

image001父の体力がなくなってきて、一番困ったのはトイレのことでした。もともと父は軟便気味なのですが、薬をたくさん飲んでいることもあってか、ますます便がゆるくなってきました。そして、ふらつきもあるので、便意をもよおしてからトイレにたどりつくまでに時間がかかるのです。腰を下ろしたときには漏れてしまうこともあり、父が用を足したあとのトイレは悲惨な状態になっていました。

 

娘は高校生になり、多感なときですし、父にもプライドがあります。汚れたトイレはすぐにきれいにしないと……。仕事から疲れて帰るなり、トイレ掃除に時間をとられるのは、本当にまいりました。

 

夜の眠りも浅くなってきたのか、夜中に大声で「おーい!」と呼ばれることも増えました。寒いから布団をかけてくれ、と言うので、かけると暑くなり全部はいでしまう。すると、寒くなってまた「おーい!」と呼ばれる。体感温度の調節機能が悪くなっているのだからしょうがないのですが、起こされる回数が多くなってくると、朝起きたときに体が重くて動けず、困りました。

 

そのうち、「おい、足元にものすごい数の生卵がある。どけてくれ」など、幻覚も出てきて。対応をするのがだんだんつらくなってきました。そのころにはトイレにも行けなくなり、オムツになってしまいました。夜中に2、3度のオムツ替え。まるで新生児の母親のような生活です。これでは本格的に体がまいってしまうからと、妹が一日おきに夜中の世話を請け負ってくれました。

 

が、つらそうな声を出して娘を呼ぶ父が不憫で、世話が苦しいのです。疲れていて体もしんどいのですが、それより精神的につらくなってしまって。最期に近い頃は、妹と一緒に世話をしていました。軟便のオムツをひとりで替えるのは難儀なので、ふたりで世話をするのは、精神的にも、実質的にもラクだと実感していました。

 

末期のがんは本人も介護する側も大変だと聞いていましたが、本当にそのとおりでした。もう布団は無理、介護ベッドにしたい。妹も私も、夜中の世話がもう限界。ケアマネジャーさんに相談し、要介護認定を受けてもらって……そんなことを考えているとき、父は息を引き取ってしまいました。

 

遺品を見るとつらくなってしまって……

image003父と母、4年半に及ぶ介護が終わってみると、なんだか気が抜けたようになりました。3部屋を両親、私たち家族の3人、合わせて5人で使っていたときは、狭いと感じていたのに、今はだだっ広く感じてしまいます。

 

両親が持っていたものは、処分しなければなりません。でも、捨てようと思うと辛くて苦しくてたまらない。洋服は、使えるものは家族でできるだけ分けました。そして、知り合いの舞台衣装を作っている子が「衣類なら何でも欲しい」というので、その子に活用してもらうことにしました。

 

捨てられないのは、父が趣味で撮影していた花の写真や、旅行の写真。処分しようと思うとこみあげてくるものがあって、そのままになっています。今になって、寂しさで胸がいっぱいです。本当に、凝縮した4年半の介護でした。親孝行をしようと思ったときには、親はいない。父の写真を見ながら、元気だった両親のことを思い出します。

 

*写真はイメージです。

 

*この体験談の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

プロフィール

W・Uさん(女性 52歳)福祉施設職員
京都府在住。47歳のときに3世帯同居の母が血管の病気で生死の際をさまよい、入退院を繰り返した2年後に他界。その1年半後には父親のガンがみつかり、通院治療が続く。家族だけの介護の限界を感じ、ヘルパーを頼む直前に父親も他界。4年半の間に2人の壮絶な自宅介護を続けることに。夫とは離婚し、大学1年の長女、発達障害を持つ高1の長男の3人暮らしだが、一軒家の階上に妹夫婦と3人の子どもが暮らしている。

 

介護体験談はこちらの記事も参考に

私が思う「良い老人ホーム」より
●デザイナー・東海大学講師/山崎 正人さん
●モデル・タレント・ビーズ手芸家/秋川 リサさん
●フリーアナウンサー/町 亞聖さん
●エッセイスト・ライター/岡崎杏里さん
●フリーアナウンサー/岩佐 まりさん
●映画監督/関口 祐加さん
●漫画家/岡 野雄一(ぺコロス)さん

 
さまざまな介護体験を語っていただいています
→ 介護体験談<親の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<義理の親の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<妻・夫の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<祖父母の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<その他の介護 編> 一覧

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す