有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

家族でお金の揉め事は避けたい。成年後見人という選択~介護体験談Sさん4|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

家族でお金の揉め事は避けたい。成年後見人という選択~介護体験談Sさん4

2016年5月2日

姉妹3人で協力して、母親の高価な買い物や、百貨店の外商との付き合いをやめさせたいと思っていたSさん。しかし、気づいてしまったのです。同居している長姉のお金の使い方も、どうも不透明だと。最終回は、悩みながらも次の解決策を考え始めたSさんの心の内を覗きます。

 

*この体験談の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

長姉のお金の管理も不透明で……

4_1外商カードを解約し、母が使えるお金は、家にある現金だけになりました。その現金は、「いざというとき用の10万円」と、母と姉で7万円ずつ折半しているという「14万円の生活費」です。

 

足が悪いといっても、ごく近い商店には買い物に行き、昼間働いている同居の長姉の分まで夕食を作っています。母は生活費の中からお金を少しずつ取り出しては財布に入れ、その財布を持って商店で買い物をするのが常でした。ということは、一見、母にお金の管理の優先権がありそうです。

 

しかし、母の預金を管理し、実際に母の口座からお金を引き出しているのは姉です。7万円ずつ折半という生活費。本当に7万円ずつなのでしょうか。姉は、母の預金から数回に分けてお金を引き出していますが、合計すると、月に10万円近くになっている気がするのです。長姉や母の通帳を私たちは見ることができないので、定かではありませんが、もしかしたら、「折半」ではなくて、母のほうが多く出しているのではないでしょうか?

 

母がお金に頓着がないのをいいことに、長姉も母を出し抜いている……? そんなことを口にしたら、姉妹の仲が台無しになるから言えません。でも、次姉もうすうす気づいている気がします。私たちは、それとなくそんな話になり、きちんと長姉に言ったほうがいいのか、黙っていたらいいのか、悩むのですが、結論は出ません。

 

私たちが疑っているのを知ってか知らずか、長姉はこう言っていました。「私は本当に損な立場。母の面倒はみないといけないし、家のさまざまな手続きのことだって、結局同居している私に降りかかる。3人姉妹なら、みんな平等のはずよ。食費はしょうがないけれど、この家の固定資産税や修繕費も、3人で3等分支払うべきだわ」

 

そんな! 住んでもいない土地の固定資産税を私や次姉が払うの!? だいいち、私も次姉も嫁の立場。専業主婦でもあるし、収入がないのだから、ホイホイと払えるわけがありません。

 

「ねえ、母のお金は今のところ、どうなっているの? ちゃんと足りているの?」 長姉に聞いても「微妙なのよ」とあいまいな答えしか返ってきません。長姉のことまで疑い始めてしまい、苦々しい思いでいっぱいです。

 

姉妹3人で母の財産管理をすることができたら

4_2こんなことを考えながら、1年以上も悶々としていて、いやになります。どうやって解決したらいいんだろう……。すると、友人がこんな提案をしてくれました。「姉妹3人で、お母様の成年後見人をやったら?」

 

成年後見人とは、判断力が劣っている人に代わって、財産管理や見守りをする人のことだそうです。判断能力の度合にもよりますが、預金通帳などを預かり、全面的に管理をする場合と、本人と相談しながら、管理をしていく場合など、いくつか方法があるらしいです。いずれにしても、本人に代わって管理をするので、母が勝手に買い物をしたとしても、買い物の契約を「無効」にすることができるのだそうです。これなら、母がだまされてもカバーできますし、買った商品を返して返金もしてもらいやすくなります。

 

この成年後見人を「3人でやる」のがポイントだと言います。姉妹のうちだれかひとりがやれば、ほかの人たちが「ごまかしていないか?」と気になります。3人全員でやれば、財産を姉妹や本人と公開しながら、今後の対策を練ることができます。

 

成年後見人になるには、家庭裁判所に申し立て、家庭裁判所から選任されることになり、手続きが必要だということです。毎年、財産の状況を報告するなど、経理事務も大変そうです。しかし、母の財産を守っていくためには、この方法が一番よさそうな気がします。

 

そこで今は、成年後見のパンフレットを取り寄せたり、インターネットで調べたりし始めています。実は、次姉とはもうそのことを話してあり、「やってみようか」ということにもなっています。母と長姉を説得するのが大変かもしれませんが、長姉を疑ったりするより、かえっていいと思えるようになりました。勉強しながら、選任に向けて手続きをしていこうかと思っています。

 

*成年後見人は、申し立てをしても、希望する人が選任されない場合もあります。

 

*写真はイメージです。

 

*この体験談の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

プロフィール

S・Wさん(女性 58歳)主婦・高齢者支援サービス事業所運営者
愛知県在住。3姉妹の末っ子で、結婚し、夫とともに暮らす。2人の子どもは独立。父親を2年前に亡くした後は、実家で実姉と暮らす92歳の母親の世話をするため、週2回ほど通っている。母親は物忘れなどがあり、要支援1に。特に、父親を亡くした後は、出入りの百貨店の外商から贅沢品を購入したり、悪徳な庭師に騙されたりと、金銭がらみのトラブルが続出。足腰が悪くなり、遠くにでかけられないことで、ますます買い物熱が高まる。同居の姉との金銭の割り振りなどにも不透明感があり、対策に頭を悩ませている。大学講師の姉は64歳、専業主婦の次姉は62歳。

 

介護体験談はこちらの記事も参考に

私が思う「良い老人ホーム」より
●デザイナー・東海大学講師/山崎 正人さん
●モデル・タレント・ビーズ手芸家/秋川 リサさん
●フリーアナウンサー/町 亞聖さん
●エッセイスト・ライター/岡崎杏里さん
●フリーアナウンサー/岩佐 まりさん
●映画監督/関口 祐加さん
●漫画家/岡 野雄一(ぺコロス)さん

 
さまざまな介護体験を語っていただいています
→ 介護体験談<親の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<義理の親の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<妻・夫の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<祖父母の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<その他の介護 編> 一覧

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す