有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

うつ、と診断された母。代わりにテキパキ家事をする父~介護体験談 Mさん1|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

つねづね思う「介護は一人じゃできない!」~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月18日

つねづね思う「介護は一人じゃできない!」~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

うつ、と診断された母。代わりにテキパキ家事をする父~介護体験談 Mさん1

2015年5月11日

おとなしくて真面目な主婦だった母が、一転して家事ができない母に。父親の定年退職と看病のあとに、燃え尽きてしまったのか、うつ状態になってしまったのです。やがて認知症に――。周囲は頭を悩ませますが、意外にも、母親は開放されていきます。女性の人生を考えさせられるM・Iさんの介護体験談、今回が第1回目です。

 

*この体験談の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

60代からうつ状態で家事ができない

1_1母はいわゆる、「貞淑な妻」でした。多忙な会社員の父を支え、専業主婦を貫き、家事に専念してきました。たまに友人とおしゃべりをしたり、美術館に行ったりすることを楽しみにしていましたが、夕方4時前には必ず家に戻るような人でした。父が帰宅したときに、家の中がきちんと整頓され、食事の用意が整っていないと気がすまないのです。父もそんな母でいてほしいと強く願っていました。母の人生は、家族のためだけにある、といっても過言ではないほどでした。

 

しかし、そんな母に異変が起きました。60代半ばになると、急に家事ができなくなったのです。定年退職してすぐに父が大腸がんにかかり、入院、手術をしました。退職後も関連会社で働くことになっていた父ですが、術後の回復が遅かったために断念。家でゆっくりと体を休めながら、散歩程度の外出をするのがやっとでした。そんな日々が数年続き、父がようやく元気になった頃、入れ替わりのように、母の具合が悪くなったのです。最初は「お父さんの看病に疲れたわ」と笑顔まじりで言っていましたが、だんだん笑うことが少なくなりました。

 

40年近くも、毎朝5時半に起きていたのに、7時になっても8時になっても起きられない。お腹をすかせた父は、自然とふたり分の朝食の用意をするようになりました。それでも、当初は10時ごろには洗濯物を干し、昼食や夕食の準備をしていたのですが、だんだん難しくなり、買い物にも行きたがらなくなり……。退職した父の家事の分担がどんどん増えていきました。

 

内科を受診すると、「うつ状態にある」と言われました。薬を処方されましたが、飲むと眠くなり、ますます家事ができず、ベッドに横になる時間が増えるばかりです。

 

当時、私は結婚して7年、子どもが5歳と3歳ですし、非常勤になって週3、4日の勤務となったものの、塾講師の仕事と育児に忙しく、父を手伝うこともなかなかできませんでした。週に1度か2度、午前中に掃除や買い物をしに行きましたが、あわただしく帰ってしまうのが常でした。2つ上に姉がいますが、姉はずっと独身でフルタイムの仕事をしていたので、平日は手伝いには来られません。「週末はお願い」と言ってみても、休日出勤があるとか、上司の誘いで飲み会があるなど、なにかと理由をつけて実家に足を運びません。この頃から、姉とは介護をめぐって、ぎくしゃくするようになりました。

 

それでも、父が元気だったので、なんとかやっていけました。現役時代は家事などしたこともありませんでしたが、掃除や洗濯、料理、私が多少教えれば、なんでも器用にこなすので、びっくりしました。「かあさんが調子悪いものだから、やることがたくさんあってね。かえって毎日、張り合いがあるよ」と前向きに取り組んでくれるのも、助かりました。

 

家の前で立てなくなったときの母の表情は……

1_2それから10年、母は76歳のときに転倒してしまいました。夕方、ゴミを出しに扉をあけて外に出た拍子に、足をひねったようなのです。なかなか戻らない母を心配し、父が外に出てみると、そこに母が座り込んでいました。

 

父がびっくりして「どうしたんだ!?」と声をかけると、「痛いのよ、立てないわ」と。父はすかさず、「転んだのか? どこに足をひっかけたんだ?」と聞くのですが、まともに答えようとしない。そして、「なんだかよく覚えてないの」と、作り笑いをしようと、のろのろと口を動かす母の表情を見て、父ははじめて気づきました。「もしかしたら、認知症かもしれない――。

 

次回は認知症がすすむ母親の様子をお伝えします。

 

*写真はイメージです。

 

*この体験談の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

プロフィール

M・Iさん(女性 53歳)塾講師
東京都在住。夫、社会人の長男・長女がいる。車で20分ほどの実家に85歳の父親がいる。84歳の母親は8年ほど前から認知症を発症し、デイサービスに通っていた。半年前に骨折し、現在はリハビリ病院に。急速に衰えていく母親に心を痛めながらも、病院から自宅に戻ることはないだろうと予測している。ひとり残した父親も気がかりである。2歳上の姉と協力して介護をすることになっているが、知らず知らずのうちに負担が増え、無責任な姉との間で衝突が起きる。介護が深刻になると勤務していた予備校を一時休職。現在は復職している。

 

介護体験談はこちらの記事も参考に

私が思う「良い老人ホーム」より
●デザイナー・東海大学講師/山崎 正人さん
●モデル・タレント・ビーズ手芸家/秋川 リサさん
●フリーアナウンサー/町 亞聖さん
●エッセイスト・ライター/岡崎杏里さん
●フリーアナウンサー/岩佐 まりさん
●映画監督/関口 祐加さん
●漫画家/岡 野雄一(ぺコロス)さん

 
さまざまな介護体験を語っていただいています
→ 介護体験談<親の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<義理の親の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<妻・夫の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<祖父母の介護 編> 一覧
→ 介護体験談<その他の介護 編> 一覧

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す