有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

グループホームでの医療処置や看取りの状況は?~データで見る介護|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

4月25日

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

グループホームでの医療処置や看取りの状況は?~データで見る介護

2017年3月9日

155回目を迎えた、“親の介護の最新事情”がわかるシリーズ企画。介護に関わるさまざまな情報を、データを通じて客観的に見ていきます。

 

前回は、「グループホームの所在地や利用者のプロフィール」などについて見てみました。

 

今回は、引き続きグループホームに着目し、「退去の状況、医療ニーズ、看取り」などについて見ていきます。

 

 

グループホームの退去理由は「入院」が最多の4割

前回に引き続き、少し古いデータですが、公益社団法人 日本認知症グループホーム協会の「認知症グループホームにおける利用者の重度化の実態に関する調査研究報告書」の内容を見ていきます。

 

まず、退去者の状況から。利用年度別では、「1年以上3年未満」の退去者が31.6%と最多で、「1年未満」が27.5%、「3年以上5年未満」が20.0%で続いています。
では、退去先はどこになっているのでしょうか。次の図をご覧ください。

 

*公益社団法人 日本認知症グループホーム協会「認知症グループホームにおける利用者の重度化の実態に関する調査研究報告書」2013年

*公益社団法人 日本認知症グループホーム協会「認知症グループホームにおける利用者の重度化の実態に関する調査研究報告書」2013年

 

「医療機関への入院」が40.0%と圧倒的に多くなっています。次に「死亡」が24.0%、「特養・老健・介護療養型医療施設の介護保険施設」への転出が22.0%で続いています。

 

なお、同一法人が運営する他のサービスに移行した利用者は、35%の事業所に存在しています。特に、併設・隣接している介護老人福祉施設や介護老人保健施設へ移動した人の割合が多く、移行のしやすさを伺わせています。

 

多くのグループホームが医療機関と連携

3次に、医療との連携についてです。
提携先医療機関と「日常的に相談している」ところが74.4%に上っています。続いて「日常的に訪問診療や往診をしていくれている」57.3%、「看取りまで協力・対応してくれる」42.5%となっています。
反対に「特段、具体的な連携や日常的な相談関係はない」が5.5%にとどまるなど、連携がある程度進んでいることが伺えます。

 

また、グループホームで対応可能な医療処置はどのようなものなのでしょうか。

 

「褥瘡の処置」が61.1%と最も多く、「インシュリン注射(自己注射の見守り)」が39.6%、「膀胱カテーテルの管理」34.1%、「酸素療法管理」32.9%、「人工肛門・人口膀胱の管理」27.1%と続いています。

 

実際に医療処置を対応している利用者がいる事業所は、次の図のとおり「褥瘡の処置」31.2%、「胃ろう・経管栄養」30.4%、「膀胱カテーテルの管理」27.9%、「インシュリン注射(自己注射の見守り)」27.3%、「痰の吸引」26.2%と続いています。
グループホームでは何らかの医療処置が行われていることが多いとわかります。

 

*公益社団法人 日本認知症グループホーム協会「認知症グループホームにおける利用者の重度化の実態に関する調査研究報告書」2013年

*公益社団法人 日本認知症グループホーム協会「認知症グループホームにおける利用者の重度化の実態に関する調査研究報告書」2013年

 

重度化や「看取り」には何らかの対応

なお、急な体調不良など以外の利用者の重度化や「看取り」については、次の図のように52%が何らかの対応をしていることがわかります。
入居者の死別に立ち会う家族などの悲しみをケアする「グリーフケア」まで行っている事業所は13.6%という状況です。

 

 *公益社団法人 日本認知症グループホーム協会「認知症グループホームにおける利用者の重度化の実態に関する調査研究報告書」2013年

*公益社団法人 日本認知症グループホーム協会「認知症グループホームにおける利用者の重度化の実態に関する調査研究報告書」2013年

 

今後の対応の意向についても調べていますが、「いずれも対応予定なし」が上の図の「全て未対応」17.7%から10.0%まで減少しています。現在ではこのときのデータよりも重度化や看取りの対応に積極的なグループホームが増えているかもしれません。

 

●グループホームについて詳しくはこちら
→「グループホーム」の特徴・費用・メリット

 

<構成・文:髙橋光二>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す