有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

訪問・通所介護の利用割合や、介護者が不満に思うこと~データで見る介護|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

4月25日

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

訪問・通所介護の利用割合や、介護者が不満に思うこと~データで見る介護

2016年12月29日

image00150回目を迎えた、“親の介護の最新事情”がわかるシリーズ企画。介護に関わるさまざまな情報を、データを通じて客観的に見ていきます。

 

前回は、「高齢者の入浴中の事故」について見てみました。

 

今回は在宅介護に着目し、「訪問介護・通所介護の利用状況」などについて見ていきます。

 

 

介護サービスの利用をはじめるのに相談した相手は?

日本政策金融公庫総合研究所は、2015年12月、高齢者の介護に携わっている1,059人に「訪問介護・通所介護に関するアンケート」を実施しました。
それによると、回答者が介護に携わっている65歳以上(被介護者*)の人数は、1人82.7%、2人13.9%、3人以上3.4%。同居している被介護者数をみると、0人(つまり別居)が47.4%で、1人は48.0%、2人以上は4.6%となっています。

 

要介護認定を受けている被介護者のうち、介護保険サービスを利用しているのは87.4%です。では、介護保険サービスを利用するに当たり、最初に相談したのは誰だったのでしょうか。次の図をご覧ください。

 

*日本政策金融公庫総合研究所「介護者からみた介護サービスの利用状況」平成28年

*日本政策金融公庫総合研究所「介護者からみた介護サービスの利用状況」平成28年

 

「市役所や町村役場」が最多の28.3%を占め、以下「入院・通院していた病院」23.4%、「地域包括支援センター」16.7%、「近隣の介護事業者」10.5%と続いています。家族や友人よりも、公の場所などで相談する人が多いようです。

 

*被介護者 アンケート回答者が介護に携わっている65歳以上の人で、回答者が直接介護していない人や同居していない人も含む。

 

訪問介護より、通所介護(デイサービス)を利用する人が多い

image005次に、訪問介護と通所介護(デイサービス)の利用率です。

 

全体では、訪問介護は38.1%、通所介護は57.6%が利用しています。通所介護を利用する人の方が多い状況です。

 

訪問介護を利用している割合は、要介護認定を受けている被介護者が1人の場合は34.9%ですが、2人以上になると59.0%に跳ね上がります。
同様に通所介護の利用割合は、要介護認定の被介護者1人では55.8%、2人以上で69.2%。
2人以上の要介護者がいると、このようなサービスを利用することが多くなる傾向が見て取れます。

 

訪問介護・通所介護事業者について知りたいこと

続いて、訪問介護事業者、通所介護事業者を知った方法についてです。
いずれも「ケアマネジャーに紹介された」という人が62~64%を占めています。それ以外では、病院などの医療機関、地域包括支援センターがそれぞれ11~15%という状況です。

 

インターネットでの情報収集の状況についても調べています。

 

*日本政策金融公庫総合研究所「介護者からみた介護サービスの利用状況」平成28年<クリックで拡大>

*日本政策金融公庫総合研究所「介護者からみた介護サービスの利用状況」平成28年<クリックで拡大>

 

全体では、訪問介護事業所・通所介護事業所の情報を集めるのに、35%~40%ほどの人がインターネットを利用しています。
内訳をみると、オアシスナビなど民間の介護施設検索サービスで調べた人が、15%~20%ほどを占めています。

 

では、インターネットでどういった情報を調べようとしたのでしょうか。次の図をご覧ください。

 

*日本政策金融公庫総合研究所「介護者からみた介護サービスの利用状況」平成28年<クリックで拡大>

*日本政策金融公庫総合研究所「介護者からみた介護サービスの利用状況」平成28年<クリックで拡大>

 

全体では、訪問介護事業所の場合は「サービスを利用できる時間帯」、通所介護事業所の場合は「事業所の場所」が最多です。前者は「いつ来てもらえるのか」、後者は「家の近くにあるかどうか」が事業所選択の一番の条件となっていることが推測できます。
特徴的なところでは、訪問介護の「利用者や家族からの評判」、通所介護の「事業所内の介護の風景や様子」を調べる女性が多いことが挙げられます。

 

一番不満に感じるのは「自己負担額が高い」と

最後に、訪問介護・通所介護への不満についてです。
いずれも「不満を感じたことがない」人が最多です。不満としては、どちらの場合も「自己負担額が高い」が最多でした。いずれも次に「利用回数に制限がある」「ヘルパー(介護職員)によって介護の仕方にばらつきがある」などが続いています。

訪問介護の場合は「お願いしても介護保険内では対応できないと断られることがある」、通所介護の場合は「介護されている時の利用者の様子がよくわからない」が上位に挙がっている点は、それぞれの特徴が表れているといえるでしょう。

 

<構成・文:髙橋光二>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す