有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

親を介護する人の味方! 介護者を支援してくれるNPOや企業~親の介護準備|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

親を介護する人の味方! 介護者を支援してくれるNPOや企業~親の介護準備

2015年11月19日

連載でお届けしている「親の介護準備特集」。前回は、親の介護を支援してくれる地域の取り組みについて説明しました。
今回は、地域に限らず介護者をサポートしてくれるNPOや企業にスポットを当ててみたいと思います。

 

“ケアする人のケア” 見過ごされがちな介護者へのケアを

●NPO法人 介護者サポートネットワークセンター アラジン

 

1アラジンは、“ケアする人のケア”を活動目的に掲げている市民団体。つまり、介護をする人(介護者、ケアラー)のケアやサポートに取り組んでいるグループです。
国は在宅介護の推進に舵を切っており、今後、家族の介護に携わる人は増えていくことが見込まれています。介護者の負荷を軽減させる介護保険制度は整備されているものの、万全ではありません。ケアラーズカフェ・アラジンのホームページには、次のようなメッセージが記載されています。

 

「介護する人はともすれば、介護に没頭しすぎてご自分をケアしたり、リラックスしたり開放したりするということを忘れてしまいがちです。またこれまで介護は家庭内で女性(娘や嫁)が担うことが多かったため、家事の延長のように“やってあたり前”という地域社会の認識が背景としてあり、どんなに倒れるまでがんばっても“当然”と評価される状況があったのではないかと思われます」

 

つまり、介護者自身のケアやサポートが見過ごされてきたのではないかという疑問があるわけです。そこで、アラジンは「ケアラーが立ち寄って話ができる安心空間“ケアラーズカフェ”」などの運営を手がけています。ここでは、介護者同士の情報交換などを通じて、自分が抱える介護の悩みの解消に繋げることもできます。

 

代表者である理事長の牧野史子さんは、阪神大震災を体験し、仮設住宅で高齢者支援活動に従事。その際に介護する側の人たちの問題に着目して2001年にアラジンを設立しました。
「在宅での介護が推し進められている現在、地域でどのような支援やサービスが必要なのか。また、今後、介護者の人生そのものをサポートするためにどのような施策やしくみができていくのか。この社会的な問題(課題)を私たちと一緒に考えていきませんか」と牧野さんは呼びかけています。

 

→ 「ケアラーズカフェ&ダイニング アラジン」を、こちらで詳しく紹介しています

 

介護・福祉系専門の法律事務所で安心のホーム選び

●法律事務所 おかげさま

 

2『おかげさま』は、2009年4月に発足した、おそらく日本初となる“介護・福祉系専門”の法律事務所。これまで、介護事故訴訟、医療過誤訴訟、後見人解任申立、遺産分割調停、扶養に関する審判などを手がけています。
事務所の代表である外岡弁護士自身もヘルパー資格を持っています。老人ホームで手品ショーを披露するなど、直接的に高齢者とふれあい、介護現場や高齢者をよく理解している温かい人柄が特徴。
中でも、介護トラブルの平和的解決に力を入れています。

 

また、『おかげさま』では、老人ホームへの入居を検討している人向けに、見学に同行し見落としがちなポイントを専門家としてチェックするサービスも行っています。老人ホーム選びを念入りに行うことで、無用のトラブルを防ぐことができるからです。

 

「老人ホームの見学のときに一緒に見て回り、見落としがちなポイントを専門家として見させていただきます。事故や病気の場合、どうなるかなど、気になるけれど聞きづらい点もチェックします。特に契約書、重要事項説明書に関しては、さまざまなトラブルを経験してきた介護弁護士の視点が役に立ちます」と代表弁護士の外岡潤さん。
親が人生の最期を過ごす大事なホーム選び。このように専門家に判断を手伝ってもらうのも、ひとつの手といえるでしょう。

 

→ おかげさま 外岡弁護士に聞く「良いホームの選び方」を、こちらで紹介しています(4回連載)

 

遠距離介護ならではの問題を解決するには

●NPO法人 パオッコ

 

3パオッコは、離れて暮らす親のケアを考える“遠距離介護コミュニティ”。ホームページで「遠距離介護の準備に役立つ冊子」などの役立ち情報を提供したり、識者の講演および介護体験者と専門家が語る“遠距離介護アドバイストーク”といったプログラムによるセミナーを運営しています。こうしたサービスにより、“費用”をどうするか、兄弟姉妹で“介護の負担”をどのようにシェアするかといった気になるテーマについて参考になる情報を得ることができます。

 

「遠距離介護には、“対話”“情報”“お金”の3つが大切です。」とパオッコの理事長である太田さん。先が見えない介護では、計画性を持つことが難しいといわれます。それでも、「ある程度の“戦略”を立てることで、すべきことが明確になります。」と指摘。その戦略を立てるために重要になるのが、“対話”“情報”“お金”の3本柱だと言います。

 

介護・暮らしジャーナリストでもある太田さんは、20年にわたる取材活動より得た豊富な事例を基に、「遠距離介護」「ワークライフバランス」「介護とお金」などの新たな視点で新聞・雑誌・テレビなどで情報発信を手がけています。遠距離介護をする人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

→「遠距離介護」と「パオッコ」について、こちらで紹介しています(7回連載)

 

以上のように、介護者をサポートするNPOや企業はさまざまあります。前回紹介した、地域の取り組みとあわせて、いろいろ調べておくと役立つことがあるかもしれません。
できれば一度、その活動を見学してみると理解度も深まるはず。いまのうちから情報を仕入れることで、将来への安心にもつながるでしょう。

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す