有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

介護費用はいくらかかるの? 在宅介護の場合~親の介護準備|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

介護費用はいくらかかるの? 在宅介護の場合~親の介護準備

2015年6月25日

image1連載でお届けしている「親の介護準備 特集」前々回では、介護保険制度について、そして前回は、介護保険制度でどんなサービスが利用できるのかについて説明しました。

 

介護保険は、所定の介護サービスや介護施設の費用の8~9割をまかなってもらえる制度です。しかし、残り1~2割は自分自身で支払う必要があります。さらに、介護保険では要介護度に応じて月々の支給額に上限があり、それを超えた分は自己負担となります(*1)。

 

しかも、介護生活においては、介護保険の対象にはならない支出項目も少なくないのが現実です。
「いったい、介護にはいくらかかるのか?」と気になるところですね。

 

そこで、今回と次回で、介護に必要なお金の内訳と金額をご説明します。
その1回目は、在宅介護の場合です。

 

(*1)自己負担額が高額になった場合、払い戻ししてもらえる制度があります。→詳しくはこちら
払い戻しの対象は1~2割の自己負担分のみ。支給額上限を超えて全額自己負担になった金額は含みません

 

 

在宅介護の費用はいくら?

まず、結論からいえば、在宅介護の費用は1人あたり月平均で6万9000円という調査結果があります(以下のグラフ)。
6万9000円のうち、介護サービスの利用料が3万7000円。これは、訪問ヘルパーやデイサービスなど介護保険による介護サービスの費用です。
そして、オムツ代や医療費など介護サービス以外の費用が3万2000円です。

 

 

公益財団法人 家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より

公益財団法人 家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より

 

 

介護サービスの利用料は、要介護度が高まるにつれて金額も高くなります。一方で、この調査によると、介護サービス以外の費用は、要介護度4が最高です。上のグラフのとおり、この金額は要介護度によって大きな開きがありますので、注意が必要です。

 

なお、このデータはあくまでも平均値です。中には極端に費用が高い人もいるので、平均値で見ると数値が高めに出ている傾向があります。その影響が少ない中央値(支出額を値の高低順に並べたとき、真ん中に位置する人の値)で見た場合、数字は上のグラフとは異なり、以下の通りになります。

 

●在宅介護にかかる費用<中央値>
・1人あたりの在宅介護費用合計は月あたりで4万4000円
・介護サービス利用料は1万1000円
・介護サービス以外の費用は1万5000円

 

 

さて、ここでは、「平均値」を使って、説明を進めましょう。

 

まず、「介護サービス利用料」の平均3万7000円について。
介護保険サービス利用料の1割の自己負担額平均は、1万3000円との調査結果が出ています。とすると、3万7000円 – 1万3000円=2万4000円。
つまり、2万4000円分の上限オーバー(全額自己負担)があったことになります。(以下のグラフ)

 

 

公益財団法人 家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より

公益財団法人 家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より

 

 

全額自己負担が発生する場面としては、普段から介護サービスを多用している場合。あるいは、普段は介護サービスの利用を1割自己負担の範囲内にしているものの、介護者が病気になった・長期間不在になるなどの理由で、一時的に介護サービスを多用した場合などが挙げられます。

 

 

在宅介護サービス費、何にいくらかかる?

では、在宅で利用する介護サービスの料金とは、何にいくらかかるのでしょうか。
主なサービス内容と、その単価は、以下のとおりです。

 

<自宅に訪問してもらうサービス>
●訪問介護(ホームヘルプ)
ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴・食事・排せつ介助などの「身体介護」や、調理・洗濯・掃除・ごみ出しなどの「生活援助」を行います。

 

身体介護中心

20分未満
165円/回
20分以上30分未満 245円/回
30分以上60分未満 388円/回
60分以上90分未満 564円/回

 

 

 

 

 

生活援助中心

20分以上45分未満 183円/回
45分以上 225円/回

 

通院時の乗降車介助など:97円/回(片道につき)

 

 

●訪問入浴
看護師とヘルパーが自宅を訪問。専用の浴槽を運び込み、入浴の介助を行います。
全身入浴:1,234円/回

 

 

●訪問看護
主治医の指示により、看護師などが自宅を訪問。病状観察や床ずれ予防のケアなどを行います。

 

訪問看護ステーションの場合

20分未満 310円/回
30分未満 463円/回
30分以上60分未満 814円/回
60分以上90分未満 1,117円/回

 

病院または診療所の場合

20分未満 262円/回
30分未満 392円/回
30分以上60分未満 567円/回
60分以上90分未満 835円/回

 

 

●訪問リハビリ
主治医の指示により、理学療法士や作業療法士または言語聴覚士が自宅を訪問。リハビリ(機能回復訓練)などを行います。

302円/回(20分以上)

 

 

●定期巡回・随時対応型訪問介護看護
日中・夜間を通じて、一日複数回の定期訪問でホームヘルプを行います。また緊急時などの随時対応を行います。訪問「介護」と訪問「看護」の事業者が連携して提供します。

 

介護+看護の場合

要介護1 8,255円/月
要介護2 12,897円/月
要介護3 19,686円/月
要介護4 24,268円/月
要介護5 29,399円/月

 

介護のみの場合

要介護1 5,658円/月
要介護2 10,100円/月
要介護3 16,769円/月
要介護4 21,212円/月
要介護5 25,654円/月

 

 

→ 訪問介護・訪問サービスについては、こちらでも詳しくご紹介しています

 

 

<施設に通うサービス>
●通所介護(デイサービス)
デイサービスセンターなどに通い、入浴、食事、健康チェック、リハビリなどを受けるサービスです。

 

通常規模(*2)の事業所で、7時間以上9時間未満の利用の場合

要介護1 656円/回
要介護2 775円/回
要介護3 898円/回
要介護4 1,021円/回
要介護5 1,144円/回

*上記に加え、食費や日常生活費がかかります。
(*2)通常規模型=前年度の1月あたりの平均利用者数が301人~750人の事業所

 

 

●認知症対応型通所介護
認知症の高齢者が、小規模で家庭的な環境の下で入浴、食事、排せつ等の介護やリハビリなどを受けます。

 

特別養護老人ホームなどに併設された事業所で、7時間以上9時間未満の利用の場合

要介護1 885円/回
要介護2 980円/回
要介護3 1,076円/回
要介護4 1.172円/回
要介護5 1,267円/回

*上記に加え、食費や日常生活費がかかります。

 

 

●通所リハビリテーション(デイケア)
介護老人保健施設や病院などに通い、理学療法士や作業療法士によるリハビリなどを受けます。

 

通常規模の施設や病院で、3時間以上4時間未満の利用の場合

要介護1 444円/回
要介護2 520円/回
要介護3 596円/回
要介護4 673円/回
要介護5 749円/回

*上記に加え、食費や日常生活費がかかります。

 

→ デイサービスについては、こちらでも詳しくご紹介しています

 

 

<短期間の宿泊・滞在サービス(ショートステイ)>
●短期入所生活介護
特別養護老人ホームなどの介護施設に短期間滞在し、介護や日常生活の世話を受けます。

 

併設型・相部屋の場合

要介護1 599円/日
要介護2 666円/日
要介護3 734円/日
要介護4 801円/日
要介護5 866円/日

*上記に加え、食費や日常生活費、部屋代がかかります(上記金額は、平成27年8月から)

 

 

●短期入所療養介護
介護老人保健施設、病院などに短期間滞在し、介護や必要なリハビリなどを受けます。

 

介護老人保健施設の相部屋・従来型の場合

要介護1 823円/日
要介護2 871円/日
要介護3 932円/日
要介護4 983円/日
要介護5 1036円/日

*上記に加え、食費や日常生活費、部屋代がかかります。

 

→ ショートステイについては、こちらでも詳しくご紹介しています

 

上記は2015年6月現在の情報で、要介護1~5における1割自己負担分を記載しています。基本となる費用は上記の通りですが、それとは別に、内容に応じた加算が発生する場合があります(夜間、早朝、深夜、初回、緊急時、送迎など)。

 

また、1単位=10円で計算していますが、地域により金額は多少変わります。サービスの利用にあたってもそれぞれ条件がありますので、詳細のサービス内容・費用については、お住まいの地域の介護保険課やケアマネジャーにご確認ください、

 

 

介護サービス以外では、どんなことにお金がかかる?

image4次に、介護サービス以外には、どんな費用が発生するのでしょうか?主なものとして、以下が挙げられます。

 

●医療費の自己負担分
●配食サービス(1食400~850円程度)
●紙おむつ(1枚100円程度)
●防水シーツなどの寝具、衣類
●介護(福祉)タクシー、通院交通費
●訪問理美容

 

それぞれの料金については内容や利用頻度、利用する事業者などによってまちまちです。
自治体によっては、これらの費用を一部負担してくれるところもあります。
ぜひ、お住まいの地域の介護保険課・地域包括センターなどにご確認ください。

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す