有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

老人ホームの選び方がわかりません~入居の悩み相談室|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

6月20日

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

老人ホームの選び方がわかりません~入居の悩み相談室

2017年6月9日

老人ホームへの入居を検討する時には、いろいろな疑問や悩みが生じるもの。老人ホームに期待することや、ゆずれない条件は十人十色、人それぞれ違います。よくあるお悩みからその人ならではのこだわりまで、老人ホーム入居に関する疑問に、オアシスナビ編集部がお答えします。
今回は、「老人ホームの選び方がわからない」というご相談についてお答えします。

 

<相談者のお悩み>

離れて暮らす義理の父が骨折をして入院。そこで認知症であることも発覚しました。一人暮らしの義父とはほとんど連絡を取っておらず、いまとなっては「もっと頻繁に連絡をすればよかった」と、ただただ後悔しています。
また、このまま一人暮らしを続けることも難しいので、どこか老人ホームに入居するしかないと思っています。でも、種類もたくさんあるみたいですし、どんなふうに選んだらいいのかわかりません。選び方を教えてください。 (相談者:息子の嫁)

 

 

老人ホームは種類を決めて選ぶ?

1相談者の言うとおり、老人ホームの種類には、特別養護老人ホーム(特養)や有料老人ホーム、グループホームなどとたくさんあります。
それに、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)やシニア向け分譲マンションなど、高齢者向けの住宅も存在します。
それぞれに特徴があり、入居者や家族の状況、入居費用などによって向き不向きがあるので、どう選べばいいかわからないのも無理もありませんね。

 

どんな種類のホームがあるのかや、その特徴を知ることは、正しい知識を持つ上で大事なこと。ですが、実際には同じ種類のホームであっても、その中身に大きな差がある場合もあります。
そこで、むやみに種類ごとに探すのではなく、まずは入居する本人の状態を確認することが大切になってきます。

 

●老人ホームの種類一覧はこちら
→介護施設の種類を知る~特養、グループホーム、有料老人ホーム、高齢者住宅

 

老人ホームに入居する本人の状態を整理しておく

入居する本人の状態を整理するときに、相談者のお義父さまの場合なら、
・認知症の程度はどのくらいなのか?
・退院後は歩けそうか?
・その他に持病はないか?
・肝心の本人はどうしたいと考えているのか?

 

このようなことを書き出してみると整理ができます。その内容を指針として老人ホームを探すといいでしょう。

 

どんな身体状況でもすべてのホームが受け入れてくれる、というわけではありません。スタッフや設備、ほかの利用者の状況、経営方針などによって、それぞれのホームの入居条件は異なりますので、そのことは頭に入れておく必要があります。

 

2たとえば、重い認知症や持病、または寝たきりなどの場合には、高度な介護や看護が必要となり、入居できるホームも絞られてしまいます。

 

要介護度の高い高齢者を受け入れる特養は、最近になって入居待機者が減ってきました。とはいえ、地域によっては入居までに数年かかる場合もありますから、すぐに入居することは難しいかもしれません。
認知症があるのであれば、グループホームや介護付き有料老人ホームなども選択肢に挙がるでしょう。
しかし、たとえば介護付き有料老人ホームであっても、認知症介護に長けているホームもあれば、そうでもないホームもあります。ホームの種類によらず、それぞれ条件が異なるので、気になる老人ホームがあったら問い合わせてみるといいでしょう。

 

そして、可能な限り入居する本人も一緒に見学に行くようにすると失敗が少なくなります。家族がよいと思っても、入居する本人にとっては「合わない」ということもよくあるケースです。

 

要介護認定を受けているかも確認を

なお、相談者のお義父さまのように、それまで一人暮らしでご家族とほとんど連絡を取っていなかったのであれば、要介護認定をまだ受けていない可能性があります。そうであれば、まずは認定を受けましょう。

 

要介護認定を受け、要支援や要介護と認定されないと、介護保険サービスを利用することができません。また、「入居は要介護1以上」などといった条件がある老人ホームの場合には、入居することもできないのです。
ちなみに特養の受け入れ条件は、原則要介護3以上となっています。

 

まずは要介護認定を受けた上で、どういったホームがいいかをケアマネジャーに相談してみるのもいいでしょう。
また、介護全般については、介護を必要とする本人が生活しているエリアの「地域包括支援センター」や自治体の担当部署などが相談に乗ってくれます。

 

<構成・文:髙橋光二>

 

 

老人ホームを検討される方は・・・

老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには → 良い老人ホームの「見つけ方・選び方」
●介護業界の著名人や有名人にインタビュー → 私が思う「良い老人ホーム」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 

logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す