有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

離職率が高いのは「悪い老人ホーム」?~FJC協会理事・鴇田さん3|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

離職率が高いのは「悪い老人ホーム」?~FJC協会理事・鴇田さん3

2017年5月23日

良い老人ホームの条件はさまざまあります。住環境の専門家である鴇田さんは、その視点から良いホームのありかたを挙げてくれますが、「住環境よりもっと大切なことがある」とも言います。
では何が大切なのでしょうか。今回はその真髄に迫ります。

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

○●○ プロフィール ○●○
鴇田 一夫(ときた・かずお)さん 福祉住環境コーディネーター協会 理事
image0011959年秋田県秋田市生まれ。早稲田大学法学部卒業、積水化学工業に入社し、高齢者住宅の仕事に関わる。2003年同社退社、2005年に東京商工会議所 福祉住環境コーディネーター協会 アドバイザー、2008年 理事。
中国・台湾とのつながりが深く、現地も含め、国内・海外1000以上の介護施設・老人ホームを視察し、ビジネスにもかかわる。2014年 町田市市民協働事業「まちカフェ」実行委員、コミュニティカフェ 薬膳 Café M’s(エムズ)(町田)店主。
住宅や施設のバリアフリー化相談、職員研修や助成金導入支援など実績多数。

 

若い介護職員が、落ち着いてケアできる環境はあるか

――住環境のよさは、「良い老人ホーム」を語るときには重要ですね。

鴇田さんは、日本だけでなく中国の介護施設や老人ホームにも詳しい。写真は中国にて

鴇田さんは、日本だけでなく中国の介護施設や老人ホームにも詳しい。写真は中国にて

そうですね。国内国外を問わず、たしかにそうです。でも、建物にばかりこだわるのはちょっと違うのではないかと思います。
よく、老人ホームの見学にメジャーなどを持って来る人がいますが、そんなのはナンセンスです。ちょっとした広さ、狭さは、住んでしまったら気にならにものです。

 

「経営状態は大事ですよね、つぶれてしまったら元も子もない」と言う人もいますが、これもどうでしょうか。
これまで、老人ホームの経営が怪しくなったところはたくさんありますが、結局ほかの法人が買い上げて存続しているところばかりです。同じスタッフがそのまま継続することも多いようですね。意外につぶれないものだと思っています。

 

そんなことよりもっと大切なのは、ケアですよね。どんなにきれいで整った老人ホームでも、ケアがよくなければ、ADL(日常生活動作)は落ち、気持ちも沈みがちになります。そんな状態では、幸せとはいえません。
経営状態があまりよくなくても、介護職から得られるケアがよければ、精神的にも満たされ、要介護度も急速に高くならず、心豊かに暮らせるのではないでしょうか。

 

それには、職員が不満なく働いていることが大事だと思います。不満があると、ケアがおろそかになりがちですし、また、不満のある環境は、離職率も高めます。

 

――では、不満があるかどうかの見極め方はあるのでしょうか。
まず、若くて新人に近いような職員と、じっくり話してみてください。
できれば、「残業は多くないの?」「シフトに不満はある?」など、労務関係のことを聞いてみるといいですね。そして、同じ質問を管理者や主任生活相談員のような人にもう一度ぶつけてみる。同じ答えが返ってくるなら、まあ合格だと思っていいでしょう。

 

いろいろと理由を述べて若い職員の言うことを否定するようなところなら、考えたほうがいいですね。
また、若い職員が「ここだけの話ですけれど」というような感じで不満を漏らすような場合も、働くストレスを抱えている可能性が高いです。

 

離職率の数字だけで驚かず、その理由を把握する

――離職率が高いところはよくないということですね。

image005いや一概にそうとも言えません。
老人ホームの離職率は基本的にどこでも公表しないといけないことになっていますから、個々に離職率は調べられます。そして、平均すると、介護職の離職率は17.6%ほどと発表されています(公益財団法人介護労働安定センターが平成27年度に実施した「介護労働実態調査」の結果)。
他業種よりも多いかもしれません。

 

しかし、離職の理由はいろいろなのです。職場環境や労働条件がよくなくて辞める人もいますが、僕がいつも良い例として挙げている社会福祉法人では、社員をできるだけ独り立ちさせようとし、どんどん退職をさせています。
そこで勤務した介護職は評判がよく、他の事業所に移っても高い給与で迎えてくれるのです。こういうところでは、職場がいやだから辞めるのではない。職員の発展のためにあえて辞められる環境を作っているわけです。

 

また、非常に労働時間が長いデイサービスがあります。宿泊サービスもやっていると、職員は昼夜通しの勤務もあります。
過酷だから離職率が高いのかと思えば、そうでもない。労働時間が長いだけに、給料も高いのです。待遇が悪くないので職員は辞めずに長く残っています。

 

長く働く理由は人それぞれですし、職場環境もそれぞれです。忙しそうでも、若い職員が「ここで働くのだ」と腹を据えてキビキビと働いているところは、信頼できそうです。
離職率が高いのなら、「なぜ高いのですか?」と施設長などに聞き、ちゃんと答えてくれるようなところを選ぶ、ということでしょう。

 

「職員の居心地のよさ」は、短時間見学しただけではわからないかもしれません。老人ホームに入居する前には体験宿泊をし、長い時間滞在して、雰囲気をつかんで決めたほうがいいでしょうね。だから、体験宿泊をさせてくれないようなところは、論外です。
かつて、「トイレがきれいなところがいい施設」といったことが言われてましたが、最近はどこの施設もそれ、知ってますから(笑)。

 

どんな老人ホームも何かしら悩みを抱えています。その悩みを隠さず伝え、どう努力しているかが言えるようなところなら、信頼できそうですね。

 

次回の最終回は、将来を見据えた介護の姿なども交えてお話いただきます。

 

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

 

老人ホームを検討される方は・・・【初めての老人ホーム探しガイド】

現在老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●さまざまな老人ホームを取材リポートしています → 編集部の取材レポ <介護付き有料老人ホーム編>
●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには→ 老人ホームの「見つけ方・選び方」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 

logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す