有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

老人ホームの見学では、どこをチェックしたらいい?~入居の悩み相談室|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

老人ホームの見学では、どこをチェックしたらいい?~入居の悩み相談室

2017年4月14日

老人ホームへの入居を検討する時には、いろいろな疑問や悩みが生じるもの。老人ホームに期待することや、ゆずれない条件は十人十色、人それぞれ違います。よくあるお悩みからその人ならではのこだわりまで、老人ホーム入居に関する疑問に、オアシスナビ編集部がお答えします。
今回は、「老人ホームの見学では、何をチェックすればいい?」というご相談についてお答えします。

 

<相談者のお悩み>

88歳になる義母の在宅介護が厳しくなってきました。そこで、義母や家族と相談した結果、老人ホームへ入居することに。
良さそうなところを選び出したので、何か所か見学に行きたいと思っています。どうせ行くなら本当に義母に合うのか見極めたいのですが、どんなところをチェックすれば“良い老人ホーム”かどうかがわかりますか? (相談者:義理の娘)

 

 

1か所だけではダメ!老人ホームの見学

1見学のチェックポイントはもちろん重要ですが、まず大事なのは、相談者のように複数の老人ホームへ見学に行くことです。
1カ所だけでは良し悪しを比較のしようがありませんし、2~3カ所でも不十分かもしれません。「最低でも5カ所」を勧める識者もいます。
たくさん見れば見るだけいろいろな違いがわかり、見学していくうちに見る目が養われていくからです。

 

見学には、家族だけでなく可能な限り入居する本人も行くようにして、本人が納得できるホームを選ぶようにしましょう。

 

 

 

老人ホームの見学は、事前にチェックポイントを整理

老人ホームの見学でチェックすべきポイントは、数多くあります。
事前にホームページや取り寄せたパンフレット、重要事項説明書を読み込んで、疑問点をまとめておきます。その上で、当日は漏れがないよう、チェックリストを作成して臨むことをお勧めします。

 

ホームに入る前のチェックポイントとしては、まずは最寄り駅からホームまでのルートと、ホームの周辺環境があります。交通の便が悪かったり、駅から遠すぎると家族の足が遠のいてしまう原因となります。
また、ホームの周りの騒音や振動、車の交通量に問題がないかどうかも確認。散歩道や自然環境もチェックしておくとよいでしょう。さらに、コンビニやスーパーの有無も気になるところです。

 

老人ホームの見学で確認したい3つのポイント

老人ホームの見学で見るべきポイントとしては、主に居室や共有スペースなどの施設面と、食事やレクリエーションなどのサービス面、そして管理者やスタッフの対応・運営面の3つに分かれます。
実際に入居して生活するイメージを持ちながらチェックしましょう。なお、勝手に写真を撮ったり、ホーム内を移動するといったマナー違反は禁物です。

 

施設面では、個室の広さや収納スペースをチェック。持っていきたいだけの荷物が入るかどうかや、ベッドや机など備え付けの備品を確認します。
時間による日当たりの変化も押さえておきましょう。特に要介護度が高くなると、頻繁に外に出ることが難しくなってきます。そんなときには、居室に陽の光が入るだけでも気分が明るくなるものです。

 

リビングや食堂、浴室などの共有スペースも、雰囲気や利用のしやすさを確認します。
また、個室や共有スペース、エレベーターや廊下の幅が十分かを確認しておけば、入居後に車椅子が必要になっても安心です。

 

2次に、サービス面。まず、入居者の最大の楽しみとなる食事は、必ず試食するようにしましょう。
温かい状態で出されるか、味付けに問題はないか、どこで調理しているのか、職員の配膳や食事介助の様子はどうかなど、食事時間だけでもチェックポイントは多くあります。
レクリエーションも、どういったことをやっているのか、入居者は楽しそうにやっているかどうかをチェックします。

 

そして、管理者やスタッフの対応・運営面。言葉使いや身だしなみに問題はないか、笑顔はあるかを確認します。
掃除は行き届いているか、乱雑になっていないかといったことや、入居者の表情に明るさや笑顔があるかどうかは、運営の良し悪しのバロメーターになります。
可能であれば、入居者にも直接話を聞いてみるとよいでしょう。

 

費用の確認も忘れずに!

さらに、決して忘れてはならないことに、費用面の確認があります。
後でトラブルにならないよう、支払い方法や償却期間、別途かかるサービス費やおむつ代などの見積もりを出してもらいます。無理なく支払っていけるかどうか、先々のことをよく考えて確認してください。

 

一通り見学や説明を受け、もし気になったことがあれば率直に質問するようにしましょう。疑問点を残したままでは、「こんなはずではなかった」ということにもなりかねません。

 

以上のことを行った上で、気に入った老人ホームが見つかったら、必ず体験入居をしましょう。見学では気付かなかった違う一面が見えてくるものです。

 

●こちらの記事も参考に
→老人ホーム見学の流れと注意点

→老人ホームでかかる費用・入居条件を見比べよう

 

<構成・文:髙橋光二>

 

 

老人ホームを検討される方は・・・

老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには → 良い老人ホームの「見つけ方・選び方」
●介護業界の著名人や有名人にインタビュー → 私が思う「良い老人ホーム」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 

logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す