有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

住宅型有料老人ホームやサ高住の特徴を理解する~経営コンサル・濱田さん3|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

それは暴走じゃなくて…ばーちゃんの愛情?~漫画★孫娘のガチンコ介護

1月17日

それは暴走じゃなくて…ばーちゃんの愛情?~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

住宅型有料老人ホームやサ高住の特徴を理解する~経営コンサル・濱田さん3

2016年12月27日

老人ホームと一言でいっても、さまざまな形態があります。理解しきれていないご家族が多いのではないでしょうか。今回は「高齢者住宅」に焦点を当てて、「良い老人ホーム」を考えていきます。サービスの違いが大きいので、留意したいですね。

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

image001○●○ プロフィール ○●○
濱田 孝一(はまだ・こういち)さん 経営コンサルタント
1967年生まれ。立命館大学経済学部卒業後、銀行に入社。以後介護スタッフ、社会福祉法人マネジャーを経て、2002年より主に介護ビジネスや高齢者住宅についての経営コンサルティング、講演、書籍執筆を行う。著書は『失敗しない選び方 家族のための高齢者住宅・老人ホーム基礎講座』(花伝社)ほか多数。社会福祉士、介護支援専門員、宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランナー。

 

特養などの「施設」と、有料老人ホームなどの「住宅」の違い

――老人ホームの中には、特別養護老人ホーム(特養)、認知症型グループホーム、介護付き有料老人ホームなどがありますが、それぞれの利点や注意したい点はありますか?

特養や養護老人ホームなど、老人福祉施設と呼ばれる「施設」は、市町村や、特別に認可された社会福祉法人が運営しています。行政の定めた基準があり、全国ほぼ統一の内容です。倒産の心配が少なく安心ですが、どれも満室のところが多く、入りにくいと言われます。

 

「高齢者施設」と「高齢者住宅」は異なる<クリックで拡大>

「高齢者施設」と「高齢者住宅」は異なる<クリックで拡大>

 

image005一方、制度に基づく高齢者「住宅」としては、有料老人ホーム(「介護付き」と「住宅型」がある)、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、認知症型グループホームなどがあります。これらは営利目的で運営されていますが、行政によりサービスの最低基準が設けられ、行政への届け出や登録が必要です。届け出や登録が不要の高齢者向けのマンションなどとは、一線を画しているのはご存じでしょう。届け出や登録は入居者を保護するための制度です。無届施設は法律を無視した脱法施設ですから、その時点で信頼できません。

 

しかし、これらの住宅にもまた種類があります。「介護付」有料老人ホームは、介護保険法上の特定施設入居者生活介護の指定を受けた有料老人ホームです。老人ホームが指定基準以上の介護スタッフや看護スタッフ、ケアマネジャーを直接雇用し、そのスタッフから介護や看護のサービスを受けます。特養などと同じような介護システムともいえます。24時間介護スタッフが常駐し、介護費用が月額で包括的に算定されるので、どれだけ介護を受けても1日の介護費用は変わりません。

 

これに対して、「住宅型」有料老人ホームや大半のサ高住は、区分支給限度額方式を取ります。これは自宅で介護を受けるのと同じ方式です。高齢者住宅が直接介護サービスを提供するのではなく、それぞれの入居者が外部の介護サービス事業者を選定して、個別に契約しサービスを受けます。ですから、「安心・快適」と言っていても、その高齢者住宅が介護サービスの安定的な提供やその質を担保するわけではありません。

 

「外付けの介護サービス」の注意点

区分支給限度額方式の場合は、入居者の「ちょっとだけ手伝ってほしい」「今日は体調が悪いのでサービスを変えたい」などのニーズに応えにくい<クリックで拡大>

区分支給限度額方式の場合は、入居者の「ちょっとだけ手伝ってほしい」「今日は体調が悪いのでサービスを変えたい」などのニーズに応えにくい<クリックで拡大>

 

区分支給限度額方式だと、本人の気に入った訪問介護や訪問看護を選ぶことができるなど、いい点はあります。しかし、区分支給限度額方式の「通常の訪問介護」と、特定施設入居者生活介護の介護の中身は基本的に違います。

 

前者の場合、「見守りや声掛け」「ベッドからの移乗、移動」といった間接的な介助やごく短時間の介助は対象にはなりません。また、「汗をかいたので着替えたい」「お腹の調子がわるく何度も便がでるので、オムツを変えてほしい」といった体調の変化への対応も難しくなります。「手が空いたスタッフが対応」という事業所もありますが、手が空いていなければできないということです。特に、中度~重度要介護高齢者になると、日々体調の変化が大きくなりますから、注意が必要です。

 

また、同一法人で訪問介護や診療所が併設されているということは、入居者にとっても便利ですが、中には「囲い込み」といって、「入居者に最適なサービスを提供する」という制度の基本を無視して、実質的に併設のサービスしか使えない、医療や介護を押し付けて利益を出すというところもあります。これらは明らかな不正ですから、特に過度の低価格のところは注意が必要です。

 

区分支給限度額方式の場合は、きちんとサービス管理体制が整っているのか、ケアマネジメントは適切なものか、体調変化や短時間のケアに適切に対応できるのか、といった点に十分に注意する必要があります。

 

 

 

<今回のまとめ>

濱田さんが考える「区分限度額方式の良い老人ホーム(住宅型・サ高住)」とは

 

・入居者本人が、訪問介護や訪問看護、リハビリ、デイサービスなどを自由に選べ、組み合わせができる
・料金が明瞭で、外付けの介護保険サービスをプラスした金額なども、ケアマネジャーからきちんと説明を受けられる
・同一法人・系列法人の外付けサービスを受ける場合、利用者を包括的・個別的にケアしようと真摯にサービスを提供する

 

最終回の次回は、ホームと利用者・家族とのコミュニケーションについてお伝えします。

 

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

*濱田孝一さんの著書『失敗しない選び方 家族のための高齢者住宅・老人ホーム基礎講座』を、書籍紹介記事で詳しくご紹介しています。

 

 

老人ホームを検討される方は・・・【初めての老人ホーム探しガイド】

現在老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●さまざまな老人ホームを取材リポートしています → 編集部の取材レポ <介護付き有料老人ホーム編>
●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには→ 老人ホームの「見つけ方・選び方」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 

logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す