有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

入居者の人生経験が「ご近所からのクレーム」を解決!~老人ホームこぼれ話|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

入居者の人生経験が「ご近所からのクレーム」を解決!~老人ホームこぼれ話

2016年9月7日

老人ホーム入居のきっかけは? 入居者はどんな日常を送っているの? 入居者同士やスタッフ、家族との人間関係は? 外からはなかなか見えにくい、老人ホームにまつわる人間ドラマをお伝えします!
今回紹介するのは、「入居者の活躍で施設の問題が解決」です。

 

ご近所さんからクレーム 「子どもが虫に刺された!」

1老人ホームに入居する高齢者の多くは、基本的に「人の手助けを必要とする人」。職員が入居者の手伝いをするのは当たり前ですが、入居者が施設のために何かをするというケースはなかなか考えにくいものです。しかし東京都のある介護付き有料老人ホームでは、施設で起きたトラブルを入居者が見事に解決しました。

 

その介護付き有料老人ホームは、入居者数が20人あまりという小規模の施設。そんな施設にある時、近所の住民からクレームが入りました。職員のNさんは、その時のことをこう振り返ります。

 

「そのクレームとは、『ウチの子どもが、お宅の施設のあたりで虫に刺された』というものでした。そこで職員たちが調べてみると、施設の周りを取り囲んでいる生け垣に虫が発生していたんです。気持ち悪い虫が大量に発生していて、みんなにパニックになっちゃって……。施設内が大騒ぎになりました」

 

入居者の知恵で一発解決!

2「するとSさんという男性の入居者が『何を騒いでいるんだ?』と、尋ねてきたんです。最初は『何でもないです』『いや、大丈夫ですから』とゴマかしていたんですが、Sさんが繰り返し尋ねてくるので事情を説明すると、Sさんは『(現場を)見せてみろ』と言うんです。

 

こちらとしては『刺された』という情報も聞いていましたし、『危ないですから』と言ったんですが、『いいから見せてみろ』と。そこで現場に案内すると、今度はSさんは『(携帯)電話を貸せ』と。どうやら自宅に電話をしているみたいなんです。すると奥様が何かを持ってきて、Sさんは『この薬を吹きかけろ』と。すると瞬く間に“虫問題”は解決したんです。

 

実は誰も知らなかったんですが、Sさんはもともと園芸店を営んでおり、“虫関係”についてはプロ中のプロだったんです。問題の虫は『チャドクガ』といって、Sさんによれば『珍しくもなんともない』虫。Sさんは奥さんに殺虫剤を持ってくるよう指示したんです」

 

Sさんはさらに、「かゆい箇所にガムテープを貼って虫の針を抜いて、その後、水で洗い流せ」と、処置方法も教えてくれたそう。誤って刺されてしまった職員は感謝しきりだったのだとか。それ以来Nさんは、当り障りのない範囲で、入居者の過去を把握するようになったそうです。

 

老人ホームに入居している高齢者は、職員よりも人生経験が豊富です。高齢者本人がその知恵を活かし、「一緒に施設をより良くしていこう」と思ったなら、老人ホームはもっと快適な空間になるかもしれませんね。

 

 

老人ホームを検討される方は・・・

老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには → 良い老人ホームの「見つけ方・選び方」
●介護業界の著名人や有名人にインタビュー → 私が思う「良い老人ホーム」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 

logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す