有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

女優が介護施設で働いて、気づいた事~女優・介護福祉士 北原佐和子さん1|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

元健康優良児のばーちゃんが認知症になると…?~漫画★孫娘のガチンコ介護

5月23日

元健康優良児のばーちゃんが認知症になると…?~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

女優が介護施設で働いて、気づいた事~女優・介護福祉士 北原佐和子さん1

2016年3月29日

女優という華やかなステージを持ちながら、10年前から介護施設で働き始めた北原佐和子さん。異なるふたつの仕事を同時進行させ、現在に至ります。また、介護の仕事の楽しさや、高齢者との付き合い方を伝えるため、講演活動にも力を入れています。介護職として、老人ホームの経営の現実にも触れてきた北原さんが語る良いホームとは? 4回に分けてお伝えします。

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

○●○ プロフィール ○●○
1_1北原 佐和子(きたはら・さわこ)さん 女優・介護福祉士
埼玉県出身。高校在学中に「ミス・ヤングジャンプ」に選ばれ、芸能界へ。80年代のトップアイドルとして活躍した後、映画、ドラマ、舞台に活動の場を広げる。2007年にホームヘルパー2級の資格を取得し、介護の仕事を始める。現在も芸能活動を続けながら、介護福祉士として現場で働き続ける。介護関連の講演活動にも精力的。また、「プレシャスライフ心の朗読会」代表として、学校等でいのちと心の朗読会を行っている。

 

 

 

 

女優業は不規則。あいている時間を充実させたくて

北原さんのオフィシャルブログ<クリックでブログへ>

北原さんのオフィシャルブログ<クリックでブログへ>

――女優という仕事を持ちながら、なぜ介護の仕事もしようと思ったのですか?

芸能界での仕事は、集中して忙しい時期があったり、3カ月ぐらいポッと体があいてしまうときがあったりで、とても不規則なんですね。その間がすごくいやで、暇になると、お稽古ごとや趣味の時間に充てていたのですが、何か心が満たされなくて。

 

自分は何をしたいんだろうと、悩み続けていました。そんな中で介護の仕事をしてみようか、と思い立ったんですね。もともと、お友達にダウン症のお子さんを持つ方がいらして、障害者の方とは接点があったんです。手話の講座も受けていました。それなら、福祉関連の施設で働いてみるのはどうかな、と自然に思ったんです。そこで、ヘルパー2級の資格をとりました。

 

ところが、女優業がいつ来るかわからず、1週間後に急に忙しくなるかもしれません。そうすると、私がもし施設に就職したとしても、シフトが組めないんですよね。なので、面接を受けても、なかなか通らなかったんです。最初は障害のある方々の施設で働きたいと思っていましたが、だんだん他の福祉関連のところも探すようになってきました。たまたま、面接を受けた小規模多機能型居宅介護(通所、訪問、宿泊を組み合わせて、高齢者の在宅での生活を支援する介護サービス提供の施設)のデイサービスで、「まあ、まず来てみたら?」とはじめて言ってくださって。それで、「やっとお声をかけてくださった」との思いで、通うことにしたんです。

 

とはいえ、はじめて施設のドアをあけたときには、ひるみました(笑)。たくさんの高齢者の方々に、いっせいにこちらを見られて。私、祖父母とも離れて暮らしていて、高齢者の方々と親しく接する機会がほとんどなかったんですね。だから、実際の業務に就くのが怖くて、最初はずっと掃除だけしていました。週に2回の勤務でしたが、朝から晩まで、掃除だけの期間が、しばらく続きましたね。

 

でも、「私はここに掃除をしにきたんじゃないんだ!」と思い直しまして。ようやく、利用者さんに接することができたんです。

 

介護の仕事の神髄に触れる

――その後、10年も介護の仕事を続けてきた原動力は何でしょうか?

1_3実際に介護職として仕事をするようになってからも、腰が引けていた部分はありました。トイレの介助では、便失禁でとんでもない状態になったことが何度もあります。

 

けれど、認知症の研修に行った先で、先生にふたつの質問をされました。「あなたは認知症になると思いますか?」「もし認知症になったら、このホームに入りたいと思いますか?」

 

ええっ!? とびっくりしながら、「ふたつともノーかな」なんて、軽く答えていたんですよね。しかし、夜になってから、そうじゃない、と思い始めたんです。特に、「あなたは自分が認知症になると思いますか?」の質問に、「これはノーじゃない、イエスなんだ」と気づいたんです。私だって、認知症にならない保証はありません。

 

2014年には、介護福祉士の試験に合格

2014年には、介護福祉士の試験に合格

怖くなりました。自分が認知症になることなんて、考えたこともなかったですから。でも、当然ですが、だれでも認知症になる可能性があります。認知症は、他人事ではないんですよね。そう思ったら、もっと親身になって、本気で対応していかなければ、と思えてきて。ひるんでばかりいられない。ちょっと大胆な行動をする認知症の方だって、やみくもにやっているんじゃない、何か意思があってとっている行動なのかもしれない。と気づいたんです。そこから、利用者さんへの思いも深くなりました。

 

でも、ベテランの介護職の方のように知識や経験が深いわけではありません。他のスタッフに質問し、最善策を共有しながらも、私なりの介護の仕方を模索しました。私はどんな介護職員になればいいんだろうって考えて。その結論は、「なんか未熟な介護士だけど、あの子がオロオロしながら『お願いします』って言うんだったらしょうがない。やってやるか」って思ってもらうこと。利用者さんに「やれやれ、しょうがない」って腰をあげてもらえるような(笑)。そんな言葉かけができればいいのかなって、思うようになったのです。

 

<今回のまとめ>

北原さんが考える「良い介護スタッフ」とは

 

・他人事と思わずに、自分の身に置き換えて接することができる
・自分の考えに凝り固まらず、他のスタッフと共に最善策を考え対応することができる
・利用者に「あの人のためにやってやるか」と、腰をあげてもらえるような声かけができる

 

次回は、北原さんが実際に利用者さんに実践している「声かけ」について伺います。

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら
 

*北原佐和子さんの著書『女優が実践した 介護が変わる魔法の声かけ』を、オアシスナビ書籍紹介記事で詳しくご紹介しています。

 

 

老人ホームを検討される方は・・・【初めての老人ホーム探しガイド】

現在老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●さまざまな老人ホームを取材リポートしています → 編集部の取材レポ <介護付き有料老人ホーム編>
●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには→ 老人ホームの「見つけ方・選び方」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 

logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す