有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

老人ホーム選び「15年後も価値があるか」本岡 類さん(2)|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

つねづね思う「介護は一人じゃできない!」~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月18日

つねづね思う「介護は一人じゃできない!」~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

老人ホーム選び「15年後も価値があるか」本岡 類さん(2)

2015年5月5日

前回、良い老人ホームの基準のひとつとして「職員のよさ」を挙げていただいた本岡さん。自身も特別養護老人ホーム(特養)に勤務し、数多くのホームを見学・取材した経験があるからこその、リアルで忌憚のない意見が、注目されています。そんな本岡さんに、今回は老人ホームの「価値」について語っていただきます。

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

○●○ プロフィール ○●○
2prof 本岡 類(もとおか・るい)さん 作家、ルポライター
1951年千葉県生まれ。出版社勤務後、’81年『歪んだ駒跡』でオール讀物推理小説新人賞受賞。エンターテインメント小説の著書多数。母親が脳溢血で倒れ、要介護認定を受けたことをきっかけにヘルパー2級を取得、実習を受け、特別養護老人ホームの非常勤職員となる。その5カ月を綴った『介護現場はなぜ辛いのか』(新潮社)、多数のホームを見学・取材して書いた『大往生したいなら老人ホーム選びは他人にまかせるな!』(光文社新書)で注目を浴びる。現在も介護関連のルポ、小説を中心に執筆を続けている。

 

ずっと住み続けられるかどうかが問題

――有料老人ホームは、比較的元気なときから入居できますね。すると、かなり長く入居することになるかもしれません。
2_1そうですね。75歳で入居したとすると、平均余命を考えれば、女性の場合は15年以上住む、と考えたほうがいいでしょう。

 

そのときに、自分の持っているお金で最後までやっていけるかどうかが、大きなポイントになります。

 

豪華で素敵なホームだからと入居したものの、何千万の入居金で貯蓄を切り崩し、長く住み続けることで費用がかさみ、お金が足りないという理由で退所する人もいると聞きます。

 

前回も言いましたが、建物の豪華さと金額はおおむね比例します。十分にお金の余裕があればいいですが、そうでないのであれば、先々までみすえ現実的な選択をすることが重要。
90歳、100歳まで生きることを考えて、入居すべきでしょうね。ご自分にとって、金額的にもちょうどいいところが、ご自分にとっての「良いホーム」ということにもなります。

 

――また、「長く住む」ことを考えると、経営的に健全で、自分が生きている間に倒産したり、サービスが著しく低下したりしないところでないと困りますよね。
もちろんです。中には、ほかの業種で稼いだ会社が、儲かりすぎて税金対策で造ったとしか思えない老人ホームもあるんですよ。そういうところは、本業がもうからなくなったら、非常にまずいことになります。

 

老人ホームの現在の経営状態を見るのに手っ取り早いのは、空き室の状況を見ることですね。空き室がたくさんあるようなところではまずい。老人ホームは、そこそこ部屋が埋まって、利用料が確実に集まってこそ、経営できるわけですから。

 

「介護はこれからもうかる」みたいな発想で、他業種から参入してきたところの中には、介護についての経験もノウハウもないところがある。健全に努力してどんどん良くなる施設もありますが、その後の努力をしないところは、長い目で見ると評判が悪くなりがち、空き室が多くなりがちかもしれません。

 

老人ホームの経営は、ノウハウの積み重ねが最も重要なんです。やはり、きちんとノウハウがあって、いい特徴がはっきりと見えるところがいいですね。

 

分譲マンションを買うときの「価値観」も参考に

――老人ホームの経営が長続きするかどうかについては、空き室状況のほかに、何を見ればいでしょうか?

2_2要するに、住まいとしての価値があるかどうかですよね。

 
たとえば、分譲マンションを買うことを考えてみてください。駅から遠くて交通の便が悪く、施設の造りもいまひとつというマンションは、安かったとしても、古くなれば、買おうとする人が現れず、転売が難しくなるでしょ。

 

老人ホームも似たようなところがあり、駅から何十分もかかるとか、交通手段がないというようなところは、時がたてば建物も古くなり、ライバルとなる介護施設も周囲に増えますから、しだいに入居者が集まりにくくなる。入居している人がなにか楽しもうにも不便ですし、面会の家族も行きにくいですからね。

 

有料老人ホームなどだけではなく、サービス付き高齢者向け住宅(通称サ高住)も同様ですね。サ高住に入るような人は、特養に入る人よりもはるかにお元気。そういう方々にとって、交通の便が悪いところは、活動も悪くなる…私はおすすめしませんね。
有料老人ホームなどで、「専用バスを1日○往復させています」というところもありますが、経営が悪くなったり、入居者が減れば、バス便の数が少なくなることもあるでしょう。

 

とはいえ、立地などの条件だけですべてが決まるわけではない。こうした「条件」が悪いところには、それを補うようなサービスを提供しよう、という意欲があるといいですよね。利用者が活動しやすいような企画を考えるなど、ソフトで勝負してほしいです。

 

どちらにせよ、老人ホームを見に行くときは、こうした「経営が将来にわたって安定していそうかどうか」という視点が欠かせません。自分だけでは判断しかねると思ったら、息子さんなど、ビジネスの最前線で働いている人などに一緒に見に行ってもらって、ホームの「価値」を見極めてもらうといいでしょうね。

 

<今回のまとめ>

本岡さんが感じる「15年後も価値ある良い老人ホーム」とは

 

・自分にとって、利用料が高すぎず、長く住み続けられること
・空き室が少なく、利用者の満足度を高められていること
・元気なうちに入るホームなら、駅や娯楽施設から近く、活動が広がりやすいこと

 

次回は、「住むにふさわしいホームの種類」について、本岡さんの意見をお伝えします。

 

*このインタビューの1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

 

老人ホームを検討される方は・・・【初めての老人ホーム探しガイド】

現在老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●さまざまな老人ホームを取材リポートしています → 編集部の取材レポ <介護付き有料老人ホーム編>
●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには→ 老人ホームの「見つけ方・選び方」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ 

 

 

logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す