有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

編集部が施設取材! グランクレール青葉台二丁目シニアレジデンス(2)|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

編集部が施設取材! グランクレール青葉台二丁目シニアレジデンス(2)

2014年5月23日

サービス付き高齢者向け住宅を取材!

 

東急田園都市線青葉台駅まで徒歩8分。アクティブシニアにとりわけ好評の「グランクレール青葉台二丁目シニアレジデンス」の館内の様子を今回はご紹介します。

 

*この記事の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

“ホテルのよう”な快適さを実現した共用施設

まるでホテルのよう――とは、さまざまな共用施設を併設した、豪華仕様の集合住宅などを形容する際によく使われる表現ですが、それは、目に見えるところだけを抜き出した印象批評のようなもの、といったほうが正確かもしれません。

 

大邸宅のリビングルームのようなロビーを抜けて、ゆったりした大浴場、レストラン仕様のダイニングルーム、空と緑のコントラストが楽しめる屋上ガーデン……とひと巡りしてくれば、「グランクレール青葉台二丁目シニアレジデンス」の印象を「まるでホテルのよう」とひとまとめにすることも、ごく自然なものに感じられるのですが、目線を細部へ移していくと、改めて気づかされるのは、“数字からは見えない仕様”ともいえる細やかな配慮です。

 

画像左:見晴らしのよい屋上の庭園 画像右:ふんだんに光が差し込むダイニングルー

画像左:見晴らしのよい屋上の庭園
画像右:ふんだんに光が差し込むダイニングルーム

 

“数字からは見えない仕様”がもたらす“我が家”で暮らす実感

「すべて入居者の方の作品なんですよ」と説明をしてくれる小沼支配人 (右側)。1Fの通路沿いギャラリーで

「すべて入居者の方の作品なんですよ」と説明をしてくれる小沼支配人 (右側)。1Fの通路沿いギャラリーで

たとえば、 1Fの廊下沿いに、この日はポートレイトを描いたイラストの作品が展示されていました。壁には額装された絵画が点々と。いずれも整った作品で、たまの機会に訪れるゲストには、外部のアーティストのギャラリーのように思われても不思議のない空間なのですが――「展示してある作品や絵は、すべて入居されている方がご自分で制作されたものなんですよ」と小沼支配人。

 

作品を「“我が家”の壁や飾り棚に飾るように展示する」というアイデア自体は、もの珍しいものではないかもしれません。が、そのギャラリーを特別室などに閉じ込めず、館内でもっとも“人通りの多い”1Fの廊下に設けるという演出のセンスは、やはり光ります。

 

ガラス越しに坪庭の点景と陽光が差し込んでくる囲碁ルーム、和のしつらえの中に微かに中国風が織り込まれた麻雀ルーム、「ご家族でカラオケを楽しまれる方も多いですよ」(小沼支配人)と人気の小さなシアタールームの親密さのある空間……大げさなことではありませんが、オープンな空間だけではなく、パーソナルな娯楽スペースにも、彩りの変化を感じさせるデザインが施されています。

 

画像左:高段位の方にも好評という囲碁ルーム。背景にデザインされた坪庭は粋な演出 画像右:シアタールームではカラオケも。お孫さん交えて楽しむ方が多いとか

画像左:高段位の方にも好評という囲碁ルーム。背景にデザインされた坪庭は粋な演出
画像右:シアタールームではカラオケも。お孫さん交えて楽しむ方が多いとか

 

こうした“数字からは見えない仕様”こそが、ホテルとは違う“我が家”で暮らす実感につながること――設計者のそんな“思い”が伝わるようなアイデアではないでしょうか。

 

「日々を楽しむ」を「万全のセキュリティ」が支える新しい「住宅」スタイル

入居者専用のメールボックスと荷物保管庫を完備。外部からのコンタクトには基本的にフロントが対応する

入居者専用のメールボックスと荷物保管庫を完備。外部からのコンタクトには基本的にフロントが対応する

さまざまな生活機能を備えた共用空間や、広さのバリエーションも豊富なパーソナルな居室(45.60㎡〜100.46㎡)は、「グランクレール青葉台二丁目シニアレジデンス」のいわば表舞台と呼べるところですが、その快適さを下支えしているのが、住宅全体の「安心と安全」に関わる各種のサービス。こちらも入居前にぜひ納得しておきたい“数字からは見えない仕様”といえます。

 

外部との接点として、その重要な役割を担う部門がフロント。家族や友人のほかに仕事上の付き合いのゲストも訪れるのが“我が家”ですが、そのときの最初の接遇は、フロントの役目とのこと。宅配便などの届け物も、必ずフロントを経由して、入居者専用のメールボックスと荷物保管庫へ。

 

大浴場の入り口脇にはトレーニングマシンも。こうした快適さを随所で楽しめるよう緊急時対応にも配慮。居室、大浴場の生活安全センサーのほかに、緊急通報装置も随所に設置してある(トイレ、ダイニングなど含む)

大浴場の入り口脇にはトレーニングマシンも。こうした快適さを随所で楽しめるよう緊急時対応にも配慮。居室、大浴場の生活安全センサーのほかに、緊急通報装置も随所に設置してある(トイレ、ダイニングなど含む)

一方、住宅内部に備えられたセキュリティ機能の代表は、居室や大浴場に備えられている「見守りのシステム」。居室や大浴場のようなパーソナルな空間にいるときに、もし体調に異変が起きたら……ということを考えたシステムで、入退室のときに使用するカードキーの情報などが生活安全センサーの役目を果たし、居室では12時間連続して水の使用がない場合や90分以上連続して水が使用されている場合、大浴場では1時間以上入室したままの場合、センサーが働き、確認のためスタッフが訪問するという仕組み。「いまのところ、ありがたいことに事故につながる真報はありませんでした」とほっとした笑顔で小沼支配人。こうしたシステムが生きるのも、スタッフは24時間、365日常駐という「人の備え」あってのことでしょう。

 

 

「個人個人が生活を自由に楽しむ“我が家”」として外に開かれていながら、同時に、入居者を守るセキュリティも万全に確保すること――両立が簡単ではない二つの課題をスマートに折り合わせているところに、「住宅」というスタイルにこだわる<グランクレール>の目標の高さを感じさせられた編集部取材班。次回は独自のアイデアと骨太の方針で取り組む、「食と健康」のサービスを中心にご紹介します。

 

*この記事の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

こちらのページもあわせてご覧ください

●本人と家族にぴったりの老人ホーム探しのために→ 老人ホームの「見つけ方・選び方」

 

 

初めての老人ホーム探しガイド

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 
logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。
掲載ホーム数は日本最大級! エリア・費用・医療対応など、さまざまな条件で検索が可能。
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する
 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す