有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

グループホームを編集部が取材!木下の介護 「グループホーム泉」(3)|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

6月20日

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

グループホームを編集部が取材!木下の介護 「グループホーム泉」(3)

2013年11月11日

自然に恵まれた閑静な住宅街に立地している木下の介護「グループホーム泉」。今回は温かい家庭的な雰囲気のある施設内の設備についてご紹介しましょう。
<取材・文 中条佳子>

 

*この記事の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

各フロアのユニットに特徴をもたせて

共有スペースでTVを観て団らん中

共有スペースでTVを観て団らん中

全般的なイメージとして、グループホームには様々なルールや制約があり、自由が利かないという印象があるかもしれません。しかし認知症対応型共同生活介護施設である「グループホーム泉」では、利用者の方ができる限り自分らしさを保てるように、工夫されていることがあります。

 

「この施設の特徴のひとつは、3階建て3ユニットで運営されていることです。それぞれのフロアの3つのユニットに特徴をもたせて、できる限りご本人らしい生活ができるようにしています」(グループホーム運営部 部長 石沢将人さん)

 

1階は、自分のやりたいことを優先して、できる限り自分で行うことができるように、特に自分らしさを重視している人のためのフロア。2階は、炊事や掃除のお手伝いをしたり、レクリエーションをより充実させて、みんなでいっしょに過ごす時間を大切にしている家庭的な雰囲気のフロア。3階は、介助を要する方のために、ゆっくりと安心・安全に過ごせるフロアになっています。

 

 

家具付きだから気楽に引っ越しできるのが魅力

個室はすべてベッドのある洋室タイプ

個室はすべてベッドのある洋室タイプ

入居される方のご希望に添いながら、フロア分けを行っているとのことですが、一番人気があるのは、やはり家庭的な雰囲気の2階フロア。満室になってしまうことが多い状況ですが、まずは開いているフロアに入って、空きが出れば希望するフロアへの移動は可能となっているそうです。

 

また、木下の介護が運営しているグループホームの中で、「グループホーム泉」ならではの魅力は、部屋の設備にあります。各フロアすべて個室となっていて、介護用のベッド、タンス、洗面台、収納スペースが備え付けられています。洋服や洗面用具など身の回りのものだけを持ち込むだけですぐに生活がスタートできるので、大きな家具を運ぶなどの負担が理由で施設への移住に抵抗のある方にとっては、大きな魅力でしょう。またテレビは共有スペースに大型のものがありますが、各部屋で個人的に観られるようにも備え付けが可能です。

 

次回は、この施設の生活を彩るイベントなどについてご紹介していきましょう。

 

*この記事の1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

このホームの情報を詳しく見る

 

 

こちらのページもあわせてご覧ください

●他にもさまざまな老人ホームをリポートしています → 編集部の取材レポ <グループホーム取材編>
●本人と家族にぴったりの老人ホーム探しのために→ 老人ホームの「見つけ方・選び方」

 

 

初めての老人ホーム探しガイド

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 

 
logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。
掲載ホーム数は日本最大級! エリア・費用・医療対応など、さまざまな条件で検索が可能。
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する
 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す