有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

老人ホームが決定。入居契約の準備から、引っ越しまでの流れ|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

それは暴走じゃなくて…ばーちゃんの愛情?~漫画★孫娘のガチンコ介護

1月17日

それは暴走じゃなくて…ばーちゃんの愛情?~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

老人ホームが決定。入居契約の準備から、引っ越しまでの流れ

2016年3月14日

aprilfool_calender資料を集め、実際に見学、体験を済ませ、この老人ホームで生活しようと決めたら、いよいよ契約です。

 

老人ホームへ入居する本人、預ける家族、双方が満足していますか?
もし、問題点、疑問点があるなたら、納得できるまで老人ホームに確認してください。見学したから、体験入居したから決めなくてはならない、ということは全くありません。家族みんなが納得できるまで、話し合ってください。その上で納得の行くものであれば、以下の流れで進めましょう。

 

logo_categ0で条件にあう老人ホームを探せます。まだホームが決まっていない人は、こちら
老人ホームを検索する

 

 

1.老人ホームに入居する本人に、最終の意思確認をする

obaasanいよいよ契約ですが、本人は本当にその老人ホームへ入居することに納得していますか? 家族がすすめるから、そんな気持ちでは、せっかく選んだ老人ホームでも豊かな老後は送れません。この本人への最終意志確認を怠ったために、入居後すぐに退去してしまったり、無気力になってしまう高齢者も少なくありません。必ず行ってください。

 

yajirusi

 

2.身元保証人・身元引受人の確認

一般的に老人ホームでは、相談する窓口として入居希望者の身元保証人・身元引受人を2人必要とします。
金銭面や介護の問題で、老人ホーム側から相談をしたいとき、誰に連絡をすべきか。入居者に子供が多い場合、誰が代表して保証人や引受人になるのか、決めましょう。家族間で十分に話し合って、決めてください。
なお、老人ホームによっては、身元保証人が不要なところもあります。家族がいない人や、家族はいるけれど頼れない状況、という人は、ホームに確認してみてください。

 

yajirusi

3.預ける家族側の、責任・連携・役割を確認する

chokin_tsuchou老人ホームに入居した後、家族がどのように役割分担するのかなどを、再度確認してください。

 

<金銭面>
老人ホームでの暮らしは、決して安価なものではありません。ですから、入居後いちばんのトラブルの原因は、お金です。
入居希望者の年金口座や預貯金の状況確認、月々の支払いが不足した場合、誰が不足分を補うのか。身元保証人・身元引受人を中心に、あとで揉め事が起こらないよう、しっかり取り決めを行ってください。

 

※老人ホームの費用・契約に関するトラブルがしばしば起こっています。このコーナーで様々なトラブル事例をご紹介しています。参考にしてください。

 

<健康面>
入居時には健康だったり、自立した生活ができていたのにが、その後体調が悪化し、要介護度が急速に重くなるケースもあります。また、病気や事故で急に体調が悪化する、救急車を呼ぶ、というケースもあります。
健康上の問題が出たとき、老人ホーム側は、原則、身元保証人・身元引受人に連絡や相談をします。
時には、すぐに電話でなんらかの判断をする、病院へ連れて行く、様子を見に行くなどが必要になります。しかし、遠方に住んでいる場合や、仕事中は電話に一切出られないなど連絡がとれにくい人だと、臨機応変な対応ができにくくなります。
これらも想定して身元保証人や引受人を考えておいた方がいいでしょう。家族間で、健康面での問題が起きた場合に備え、話し合っておきましょう。

 

<精神面>
住み慣れた自宅を離れて老人ホームに入居することに、全く抵抗がない、という入居者はいないでしょう。精神的にも心細くなったり、寂しくなったりします。
老人ホームへの訪問や、外出しての食事、家族宅への外泊など、誰がどれくらい行うのかも、なるべく家族間で話し合って欲しいポイント。
「時間があるときに」、「できるだけ」、といった約束は、約束していないものと同じです。
例えば、入居したばかりの方に半年間家族の誰一人訪問しないような時に、「●●がやっていると思った」、と家族みんなが口にしたというケースがあります。このように家族間で連携が取れていないと、入居者の精神を不安定にさせてしまいます。入居の前に、十分話し合いの場を持ってください。

 

yajirusi

4.老人ホームとの契約

soudan_setsumei_business契約には保証人や必要な書類があります。

 

たとえば有料老人ホームとの契約だと、たいてい入居者の署名と、2人の身元保証人・身元引受人が必要になります。
身元保証人・身元引受人は支払い債務に連携して責任を負い、入居者が退去する場合の備品等引受人の責務も負います。

 

入居希望者、身元保証人・身元引受人共々、契約書、管理規定等を再度確認して、契約時にはお互いが立会い、契約書にサインをしてください。

 

契約後は、入居時に必要な書類、入居金、月額利用料の支払い方法、入居後の事務手続き等の説明があります。あとで聞いてない、ということのないよう、しっかりと確認してください。

 

なお、契約には、健康診断書や印鑑証明、住民票などが必要になる場合が多いですが、健康診断書や診療記録など病院からもらうような書類は、入手するまでに時間がかかります。
必要な書類が何なのかは、事前に確認し、早めに手配した方が良いでしょう。

yajirusi

5.老人ホームへの入居日の決定

すでに運営している老人ホームへの入居は、お互いの都合のよい日時を話し合えばよいのですが、これからオープンするというホームでは、入居日を指定されるケースがあります。
また、現在入院をされている入居希望者は、退院の手続きをしなければなりません。ホーム側と相談しつつ、お互いが最も都合のよい日を決定しましょう。家族はなるべく付き添えるよう、スケジュールを調整してください。

yajirusi

6.行政等の手続き

building_shiyakusyo中には、住民票、年金受け取り口座、健康保険の変更をしなくてはならない老人ホームもあります。
月額利用料の支払いのために、新しい口座を作らなければならない場合もあります。時間の余裕を持って、対処してください。

 

yajirusi

 

7.老人ホームへの引っ越しの準備

衣類などの生活必需品を基本に、必要なもの、そうでないものを、入居希望者と家族で選定してください。新しいものに買い換えてもいいのですが、消耗品でなければ使いやすいものがいちばん。思い出が詰まっているものもあるでしょう。選定には入居者の意見を尊重してください。

yajirusi

8.引っ越し時・引っ越し後の片付け・処分

引っ越しに伴って出てくる不良品はリサイクルショップに売ったり、売れないようなものであれば回収業者に一括取引の依頼をしましょう。
リサイクルショップに売ることが出来れば入居の費用の足しにもなります。家具や家電など大型のものでも引き取りに来てもらうことも出来ます。リサイクルショップで売れない場合は回収業者に引き取りのお願いをしましょう。業者によって引き取り金額が異なりますので複数のお店にお問合わせされることをお奨めします。

yajirusi

9.老人ホーム入居後の注意

引っ越しが終了したからといって、ゴールではありません。逆に、これからが新たな生活のスタートです。
入居者が楽しく、快適に老人ホームで生活できるよう、以下のことに注意してください。

 

最初の3ヵ月はできるだけ家族が老人ホームを訪問する

roujin_family老人ホームでの生活がこれまでと同じはずがないのですから、入居者も最初はとまどうことでしょう。
老人ホームでも注意して、なるべく早く新しい生活に溶け込めるよう努力はしていますが、やはり家族の愛情がいちばんの支えになります。最初の3ヵ月は、なるべく訪問回数を増やして、一緒に外食したりしてください。

 

 

ケアプランの策定に参加する

入居者が快適な生活を送るためには、老人ホーム側の努力だけでは実を結びません。中でも介護に関しては、お互いが密になってケアプランを策定、実行、変更してください。
家族の訪問時には、老人ホームのスタッフに、入居者の体調やケアプランの確認等を行ってください。しばらく訪問できないときは、電話で確認するようにしてください。

 

老人ホームへの意見・要望は早めに伝える

設備やサービスがいくら素晴らしくても、好みや考え方は人それぞれ。不安や不満が生じたら、心にしまいこまず、老人ホームにきちんと意見を伝えましょう。我慢をしてためこんだ上で、突然クレームの形で爆発させてしまうのは、お互いにとってマイナスです。

 

お金の問題は即解決を

お金に関して、老人ホーム側に疑問を感じたら、すぐに伝えて、解決するようにしましょう。
特に金銭の問題は、解決しておかないとあとあとまで引っ張ることになり、さらにこじれることがあります。注意してください。

 

 

老人ホームを探す際には、こちらのページもご覧ください

●ぴったりの老人ホーム探すヒントが満載 → 良い老人ホームの「見つけ方・選び方」
●さまざまな老人ホームを見学しリポートしています → 編集部の取材レポ <介護付き有料老人ホーム編>
●介護の専門家や介護経験者が、良い老人ホームの見極め方を伝授 → 私が思う「良い老人ホーム」

 

 

初めての老人ホーム探しガイド

老人ホームの種類とは費用条件の見比べ方こんなホームはNGホーム見学のポイント入居までの流れ

 

 

 

 

logo_categ0で条件にあう老人ホームを探せます。まだホームが決まっていない人は、こちら
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す