有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

気になる老人ホームに、パンフレットや資料を請求する|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

元健康優良児のばーちゃんが認知症になると…?~漫画★孫娘のガチンコ介護

5月23日

元健康優良児のばーちゃんが認知症になると…?~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

気になる老人ホームに、パンフレットや資料を請求する

2016年11月7日

気になる老人ホーム、希望条件に見合う老人ホームを見つけたら、資料を請求しましょう。
ほとんどの老人ホームは送付用の資料を用意しています。

 

7~10件程度は資料をとりよせ、目を肥やそう

最初の段階で、たくさんの情報を見て目を肥やすことは重要です。多くの施設を見比べないと、どんな違いがあるか、どこが自分に合うかがわかりません。また資料を見ているうちに、譲れない点、妥協してもいい点などが、自分の中で明確になっていきます。
7~10施設程度は資料を取り寄せることをおすすめします。

 

オアシスナビでは、オアシスナビの資料請求フォームを通じて、気になる施設の資料をまとめて請求できます。1施設ごとに電話をしたり、それぞれのホームページで名前や住所を入力する手間を省けるので、ぜひオアシスナビで検索・資料請求してみてください。

 

老人ホームを検索する
 

 

見学に行く施設をしぼりこむ

tatemono_danchi次に、請求した資料を見比べながら、実際に見学に行く施設を絞り込みましょう。3~5件程度は候補を用意したいところです。
この時点で、「ここにしよう!」という施設があったとしても、資料だけで決めてしまうのは危険です。予備も含めて、複数の施設を見学することをおすすめします。

 

資料では価格、サービスといった言葉で説明のしやすい情報はよくわかります。ただ施設の雰囲気やスタッフの対応、他の入居者の様子などはわかりません。また「雰囲気」には正解はありません。同じ施設に見学に行っても、「笑い声にあふれた楽しそうな施設だ」と思う人がいる一方で、「うるさくて落ち着かない施設だ」と思う人もいます。
実際に見学し、その雰囲気を体感した上で、判断してみてください。

 

また、自分の目で複数見学することで、それぞれの施設の比較ができるようになります。どう選べばよいのかよくわからないなあ・・・と曖昧だった選択の基準も、いくつか見ることでハッキリしてきます。

 

初めて車を買った時、初めて部屋を借りた時、家を買った時…最初はよくわからなかったけれど、いくつも見て比べる中で徐々に大事なポイントや、自分なりにこだわりたいポイントがわかってきた、という経験があると思います。逆に、あまり考えずに購入や契約をして、失敗した経験もあるでしょう。
ホーム選びも同じです。一度契約してしまうと、気に入らないからと気軽に入退去するのは難しく、費用もムダになります。安心して身を委ねられるホームをじっくり選びましょう。

 
 

見学のポイントを、専門家にインタビューしました

→ヘルパー資格を持つ介護・福祉系専門の弁護士 外岡潤さん
  老人ホーム見学で見るべきポイントは、スタッフが疲れていないか、聞き上手か… 

 
→親の介護をし、特養の勤務経験もある小説家 本岡類さん

  とにかく見学が大事。私は良いホームに入りたいなら少なくとも5つは… 

 
→評判となった特養の元施設長で、福祉経営の専門家 小川利久さん

  最初に窓口となる「相談員」と、責任者である「施設長」は重要。なぜなら… 

 

 

老人ホームを探す際には、こちらのページもご覧ください

●ぴったりの老人ホーム探すヒントが満載 → 良い老人ホームの「見つけ方・選び方」
●さまざまな老人ホームを見学しリポートしています → 編集部の取材レポ <介護付き有料老人ホーム編>
●介護の専門家や介護経験者が、良い老人ホームの見極め方を伝授 → 私が思う「良い老人ホーム」

 
 

初めての老人ホーム探しガイド

老人ホームの種類とは費用条件の見比べ方こんなホームはNGホーム見学のポイント入居までの流れ

 

 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す