有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

かぼちゃのスープ~高齢者の食事・介護食レシピ|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

かぼちゃのスープ~高齢者の食事・介護食レシピ

2016年10月10日

介護食は特別な食事ではありません。ご家族の皆様の体にも負担をかけない、健やかな食事がまず基本であり、その上で食べやすさや飲み込みやすさも考慮されるとよいと思います。

 

10月のポイント

暑さも寒さも厳しくなく、穏やかな季節です。穀物を使った料理や体を温める食事を心がけ、寒さが厳しくなる前に、体の準備をしておきましょう。

 

かぼちゃのスープ

だしを使わず、かぼちゃの甘みと風味を生かしたスープです。かぼちゃの持つ自然のとろみが飲みやすくします。

 

3

材料(4人分)

かぼちゃ(皮をむいて)200g 
にんじん100g 
玉ねぎ 150g
水 500cc 
塩 小さじ1/2 
油適宜 
パセリのみじん切り 適宜

 

 

 

 

 

 

 

作り方

1.かぼちゃは3cm角くらいにカット、にんじんは薄切り、玉ねぎはみじん切りにする。

 

2.鍋に油をひいて熱し、玉ねぎが透き通るくらいまで炒め、かぼちゃとにんじんを加え、全体に油を馴染ませる。

 

3.水を加えて、柔らかくなるまで煮る。

 

4.柔らかくなったら、ミキサー、ハンドブレンダーなどで滑らかにする。

 

5.塩を加えて味を調える。

 

ワンポイントアドバイス

かぼちゃだけでなく、にんじんも使うと、色が鮮やかに仕上がります。かぼちゃのとろみで飲みやすくなっていますが、とろみが足りないと思われたら、水溶き葛粉や片栗粉で調整してみてください。

 

プロフィール

20140225-mini024寄國揚こ (よりくに ようこ)
リマ・クッキングスクール認定 マクロビオティックインストラクター/雑穀エキスパート/介護食士/米粉マイスター/菓子製造業 ”34″運営
広告代理店に長年勤める傍ら、食に深い興味を持ち、マクロビオティックのインストラクターとなって独立。出張料理教室・出張シェフというスタイルで、その人のライフステージに合わせた食の提案を行なっている。一方で介護現場も経験し、介護食士の資格も取得。
http://www.facebook.com/macrobianyori
http://ameblo.jp/yori920303/

 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す