有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

重陽の節句 オクラと菊の梅肉和え~高齢者の食事・介護食レシピ|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

重陽の節句 オクラと菊の梅肉和え~高齢者の食事・介護食レシピ

2015年9月8日

介護では、高齢者の加齢に伴い、運動量の低下とともに、代謝の衰えも始まりますが、緩やかに状況が変化し始めていることに気づきにくいものです。ここで紹介するレシピは、身体に負担をかけず、健やかな食事をご提案し、その上で食べやすさや飲み込みやすさも考慮しています。体に負担をかけない食事というのは、介護をする方にとっても日々を健やかに過ごせる食事と言えるでしょう。介護する方がいただいても十分に美味しいレシピです。

 

9月のポイント

まだ暑い日もありますが、朝晩の気温も下がって季節の変わり目を実感することが多いでしょう。9月は季節の節目として捉える物事が多く、季節の移り変わりを感じ、旬の物を食べる習慣を楽しんでみてください。

 

重陽の節句 オクラと菊の梅肉和え

重陽とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。菊は邪気を祓い、長生きをする効能があると信じられていたようです。

 

2

材料(2人分)

オクラ2本
食用菊2つ
梅干し1個
リンゴジュース小さじ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方

1.オクラをさっと茹でる。 菊は花びらをとり、酢を少し入れたお湯でさっと湯がく。梅干しは細かく叩く。

 

2.1のオクラを刻み、菊と梅、リンゴジュースも加えて和える。

 

ワンポイントアドバイス

オクラのねばりがまとまりを良くして食べやすくなります。

 

その方の状態によって、オクラを細かく切る工夫をしてください。

 

プロフィール

20140225-mini024寄國揚こ (よりくに ようこ)
リマ・クッキングスクール認定 マクロビオティックインストラクター/雑穀エキスパート/介護食士/米粉マイスター/菓子製造業 ”34″運営
広告代理店に長年勤める傍ら、食に深い興味を持ち、マクロビオティックのインストラクターとなって独立。出張料理教室・出張シェフというスタイルで、その人のライフステージに合わせた食の提案を行なっている。一方で介護現場も経験し、介護食士の資格も取得。
http://www.facebook.com/macrobianyori
http://ameblo.jp/yori920303/

 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す