有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

煮込み→豚バラ肉の煮込み~高齢者の食事・介護食レシピ|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

煮込み→豚バラ肉の煮込み~高齢者の食事・介護食レシピ

2016年5月16日

介護に向けて食事を作るというと、特別なレシピが必要なイメージがありますが、実は普段家庭で作っている基本の料理をちょっと工夫するだけで十分な場合も多くあります。できるだけ食べ慣れた料理を高齢者でも食べやすくするポイントを、ここではご紹介します。

 

 

5月のポイント

旬の食材から「カルシウム」をとる「健康な骨づくりを作る食事」
骨が弱くなり、骨折しやすくなる骨粗しょう症。高齢になってから折れてしまった骨は再生が難しく、寝たきりの原因になるので、はやめの対策が必要です。
骨を強くする食事のポイントは、第1は栄養のバランスの良い食事。第2は骨の材料となるカルシウム。第3はカルシウムの吸収を良くするビタミンD。第4はカルシウムを骨に取りこむのを助けるビタミンKをとることです。
(参考)
カルシウムを多く含む食品:乳製品・大豆製品・小魚・青菜・ひじき・ごま。
ビタミンDを多く含む食品:さけ・うなぎ・さんま・乾燥キノコ。
ビタミンKを多く含む食品:納豆・青菜・キャベツ。

 

 

煮込み→豚バラ肉の煮込み

ベーコンのうま味が溶け出たスープが肉とキャベツにしみこみます。薄切りのバラ肉を使い、短時間で出来るトマト味の煮込みです。

 

food_201305w_04

材料(2人分)

・豚バラ肉200g
・オリーブ油大さじ1
・ベーコン(20g)2枚
・にんにく1かけ
・玉ねぎ1/4個
・香辛料セージ ローズマリー(あれば生)少々
・白ワイン50ml
・水600ml
・チキンスープの素1個
・キャベツ250g
・トマト1個
・塩コショウ少々

 

 

作り方

1. ベーコンは5㎜幅の細切りに、豚バラ肉は4等分に切り下茹でをしておく。

 

2. にんにくは薄切り、玉ねぎは繊維にそって薄切り、キャベツはザク切りに、トマトは皮付きのまま8等分のくし形に切る。

 

3. 鍋に、油を入れベーコン、にんにく、玉ねぎを順に入れ中火で炒めベーコンの香りが出てきたら、粗くちぎったセージ ローズマリーを加えサッと炒め合わせる。

 

4. 豚バラ肉を加え炒め、白ワイン、水、スープの素を加え、蓋をして中火で10分程煮る。最後にキャベツを加え、再度蓋をして煮る。

 

5. キャベツが軟らかくなったらトマトを加え、塩、コショウして5分程煮る。

 

 

ワンポイントアドバイス

※豚バラ肉は一度下茹でして余分な油脂をとってから使うと、ベーコンのうま味が肉にしみ込みやすくなります。
※肉を覆うようにキャベツを入れ、肉を蒸し煮状にすると肉がやわらかくふっくらとなります。
※豚のバラ肉は塊を使っても煮込む時間を長くすればやわらかく食べやすいです。

 

 

プロフィール

food水曜フ_ロフィール佐藤昭子(さとう・あきこ)
弥生学園クッキングスクール講師7年半勤務(和食料理・中国料理・西洋料理・お菓子)
平成9年:世田谷区在宅栄養士会会員:北沢支部
*地域支え合い活動:高齢者・子ども・離乳食の献立作成と講師
*男の料理教室講師:DANCHU会・ヤローやろうー会・男前教室
*北沢地区健康教室講師:部会員の要望に合わせた健康に良い献立作成

 

月間冊子CGCふれあい交差点製作【6年間】
全国スーパーマーケット協会 青果スペシャリスト養成の料理講師:旬の食材・新しい食材を使っての調理方法・季節に合ったアイデア料理【10年間】

 

 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す