有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

特定福祉用具【とくていふくしようぐ】|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

つねづね思う「介護は一人じゃできない!」~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月18日

つねづね思う「介護は一人じゃできない!」~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

特定福祉用具【とくていふくしようぐ】

2017年3月21日

介護保険を利用して購入できる福祉用具のことで、介護保険法にもとづいて種類が定められている。
保険が適用される福祉用具は1~2割の自己負担で安く購入が可能。(自己負担割合は、所得状況によって決まり、所得の多い人は2割負担となる)

 

保険適用の上限はひとりにつき年間10万円(購入費の総額。消費税含む)まで。用具購入の際には、まずケアマネジャーに相談を。保険適用の有無など、適切な情報とアドバイスを提供してくれる。

 

【自己負担1~2割で、安く購入できる介護用品】

 

1.腰掛け式の便座
和式便器を腰掛け式に、洋式の便座の高さを調整する、などの役割をする補助的な便座やポータブルトイレが含まれる

 

2.特別仕様の尿器
自動的に吸引できるタイプのもの

 

3.浴室での補助用具
浴室内で使うイスや浴槽にとりつける手すり、すのこなど

 

4.簡易浴槽
空気注入式などで作られた移動できるタイプの簡易な浴槽

 

5.移動用リフトのつり具の部分

 

例「特定福祉用具購入には介護保険が適用される」

 

●1~2割の自己負担で、安く購入やレンタルができる介護用品をこちらで詳しくご紹介しています

関連する記事

看取り【みとり】

よく聞く介護用語

異食【いしょく】

よく聞く介護用語

コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

介護について よくある質問

介護の専門用語を調べる  

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す