有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

市町村に「中核機関」 成年後見利用促進委|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

4月25日

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

市町村に「中核機関」 成年後見利用促進委

2017年1月18日

チームで意思決定支援を

内閣府の成年後見制度利用促進委員会は12月22日、政府が策定する基本計画に盛り込むべき事項について意見をとりまとめた。財産管理中心の制度から、知的障害者や認知症高齢者などの意思決定支援も重視した制度へと運用の見直しを求めている。具体的には市町村に中核機関を設置し、本人に身近な親族、福祉・医療・地域の関係者と後見人がチームとなり、本人の意思決定や状況を継続的にフォーローする体制の構築を目指す。(以下略)

(引用:シルバー新報)

関連する記事

高齢者虐待、増加の一途 厚労省

最新 介護ニュース

「評価」に基づく認知症リハを

最新 介護ニュース

コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す