有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

帰省で高齢の親の様子を確認…請求書や冷蔵庫の中身、家計の状況は大丈夫?|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

元健康優良児のばーちゃんが認知症になると…?~漫画★孫娘のガチンコ介護

5月23日

元健康優良児のばーちゃんが認知症になると…?~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

帰省で高齢の親の様子を確認…請求書や冷蔵庫の中身、家計の状況は大丈夫?

2016年12月22日

前回、年末年始、郷里に帰省したら、まず、親御さんの体調を確認しましょうとお伝えしました。今回は、それ以外の確認しておきたいこと、気になることへの対応について考えてみましょう。

 

ご近所づきあいを確認する

image001離れて暮らしている場合、何かあってもすぐには駆けつけられません。「遠い親戚より近くの他人」のことわざ通り、困ったとき、親御さんのそばで力になってくれるのは、子である自分たちよりご近所の方々です。
親御さんが、普段、近所の誰と親しくしているのかを把握しておくことは大切です。親御さんに確認して、帰省した機会に挨拶に行き、何かあったら力になってほしいとお願いしておきましょう。その際、緊急のときのために、自分の連絡先を伝えておくとよいでしょう。

 

かかりつけ医に挨拶に行く

持病がある方の場合、現在の状態はどうなのか、何に気をつけるよういわれているかを、本人に確認してみます。そのとき、あやふやな部分があるときは、一度かかりつけ医に会いに行くとよいでしょう。
年齢が高くなると、病院を受診して医師の説明を聞いても十分理解できていないこともあるからです。ただし、本人が子どもに付き添われるのをいやがることもあります。その場合は、医師に連絡の上、本人とは別に挨拶に行く方がよいかもしれません。こちらもやはり緊急の際の連絡先を伝えておくと安心です。

 

生活に異変がないかを確認する

認知症とまではいかなくても、高齢になれば、徐々に理解力や記憶力が衰えてくるのは自然なこと。そのために、事務処理能力が次第に落ちてくることがあります。それで生活に異変、支障が出ていないかを確認しましょう。

 

【郵便物】 郵便物が開封されないまま放置されている場合、重要な郵便物と不要なDMが見分けられなくなっている可能性があります。今までできていたことができなくなってきても、「理解力が落ちたと思われたくない」と、子どもにSOSを出せない親御さんは少なくありません。開封していない大量の郵便物を箱に入れて布をかけ、子どもに見つからないよう隠していたというケースもあります。「うちでもそうだけど、DMって、ちょっと放っておくとたくさんたまって困るよね」など、親御さんのプライドを傷つけないようにさりげなく声をかけ、重要な郵便物が紛れていないかを確認してみましょう。

 

【請求書関係】 電気やガス、電話代などは銀行引落にしている方が多いと思います。しかし、残高不足で引き落とせない場合などは、別途請求書が来る場合があります。その請求書も処理できずにいると、電気やガスが止められてしまうケースもあります。郵便物がたまっている場合は、請求書や督促状などがないかをよく確認しましょう。また、通販での買い物が好きな方の場合、買ったものの支払いができていないということがあります。これも注意が必要です。「代わりに払っておこうか」というと、自分でできると言い張る親御さんもいます。督促状まで来ている場合は、自分で払うのは難しくなっているのかもしれません。親御さんの認知機能の衰えを感じるようであれば、お子さんが黙って支払っておくほうがよいでしょう。

 

image003【冷蔵庫】 消費期限切れの食品が冷蔵庫に入ったままになっていることがよくあります。調味料などであれば、それほど大きな問題はないかもしれませんが、生鮮食品などは、期限が切れたものを食べると体調を損ねる恐れがあります。「もったいない」といって処分したがらない方も多いので、見つけたときはこっそり処分した方がよいかもしれません。同じ食品がいくつも入っている場合は、認知症の可能性もありますので、受診を検討しましょう。

 

家計の状況を確認する

貯蓄額や年金受給額、負債額、月々の生活費、通帳や保険証の保管場所などは、できれば親御さんがしっかりされているうちに把握しておきたいところです。親御さんが急に倒れたり、認知症の症状が出てきたりしたとき、家計の状況、通帳等の保管場所がわからないと、医療費や介護費をどこから支払うかなど、対応が難しくなります。

 

しかし、お金の話はデリケート。聞こうとすると、「今から遺産目当てか!」など、怒る親御さんもあると聞きます。その際も、親御さんの怒りに過剰に反応しないことです。「何かあったときに自分たちが支えていきたいと思っているから、元気なうちに教えてほしい」と、冷静に誠意を持って話をしてみましょう。時間はかかるかもしれませんが、親御さんを大切に思う気持ちが伝われば、理解してもらえることと思います。

 

いかがでしょうか。
言いにくいことや確認しにくいこともあると思います。しかし、確認しないままでいると、あとで困ることが出てきてしまうかもしれません。親御さんを大切に思っている気持ちを伝えながら、ぜひ時間をかけて話をしてみてください。

 

●こちらの記事も参考に
→田舎の親にどう切り出す?帰省を利用して、お金や介護について話し合う方法

 

<文:宮下公美子 (社会福祉士・臨床心理士・介護福祉ライター)>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す