有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

突然意思表示できない状態になったら?最期の迎え方を話し合っていますか?|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

突然意思表示できない状態になったら?最期の迎え方を話し合っていますか?

2016年4月7日

長寿社会は、“なかなか死ねない”社会とも言われています。子どもを育て上げ、会社を退職してからでも、人生は20年近くあります。どのように人生を締めくくっていくかを考える時間が長いのが、今の時代です。それだけに、先に旅立っていった人たちの亡くなりようなどから、自分の人生の最期はこうありたい、と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

最期の迎え方が家族で共有されていない実態

o1しかし、どう考えているかについては、残念ながら、ほとんど家族で共有されていないのが実態です。2013年に厚生労働省が行った意識調査(*1)によると、終末期医療について「全く話し合ったことがない」と答えた人は、半数を超える55.9%。「家族と詳しく話し合っている」と答えたのは、わずか2.8%でした。

 

子ども世代からは、親にどんな最期を迎えたいか、などとは聞きにくいという声をよく聞きます。親世代の方からは、改まって子どもたちにそんな話をするきっかけをつかめないという声が聞こえてきます。しかし、何の話し合いもしないまま、突然、意思疎通ができない状態になると、家族は非常に難しい決断を迫られる場合があります。それだけではありません。本人の意思を確認していないと、延命治療を受けるかどうかで、家族同士が対立してしまうこともあるのです(*2)。

 

離れて住む弟だけが母親の延命を望んで

新聞で紹介されていたケースと似たような家族の話を聞いたことがあります。
訪問介護を利用しながら一人で人暮らす80歳代の女性がいました。近所には娘一家が住んでいます。共働きの娘は、週末には必ず顔を出し、訪問介護ではカバーしきれない家事をしながら母親の話し相手をしていました。女性からは、「無理して長生きしたいとは思わないからね」と何度も告げられていたといいます。

 

そんなある日、女性が脳梗塞で倒れました。娘は兄と弟に急いで連絡を入れます。女性は重篤な状態で、医師からは、生命を維持するためには人工呼吸器を付け、胃ろうを造設する必要がある、と告げられました。娘は、日頃から聞いていた女性の言葉から、延命治療は断ろうと考えました。しかし、そこに知らせを受けた弟(女性の次男)が駆けつけて、事情は一変しました。離れて暮らす弟は、命の危機にある女性を見て、「何が何でも助けてくれ」と医師に頼んだのです。

 

子どもの頃からお母さん子だった弟にとって、突然、大好きな母がいなくなることなど耐えられなかったのでしょう。姉は兄弟2人に、日頃から聞かされていた母親の言葉を伝えました。兄は理解を示しましたが、弟は聞く耳を持ちません。兄姉2人から説得されても頑として受け入れず、どうしても延命を望みます。

 

「見殺しにするのか!」の言葉にショック

o2そのうち、きょうだいで言い合いに。兄姉は、弟に「母親を見殺しにするのか!」と言われ、大きなショックを受けました。「2人には迷惑をかけない。母の面倒はすべて自分が見るから好きにさせてくれ」という弟の言葉に、2人は説得を諦めました。結局、女性には人工呼吸器が設置され、胃ろうの造設手術が行われました。そして状態が安定すると、弟が女性を引き取っていきました。兄姉は、「母親は死んだと思ってくれていい」と弟から告げられました。

 

その後、兄姉は、弟とも女性とも会えていません。風の便りで、弟は仕事を辞め、介護に専念していると聞きました。しかし、連絡をしても「関係ないだろう」と突っぱねる弟に、とりつく島がありません。姉は、母親が元気なうちにきょうだいみんなで母親の気持ちを確認しておくべきだったと、取り返しの付かない後悔をするばかりです。

 

どうぞみなさんも、こうした悲しいことが起こらないよう、家族で話し合いをしてみてください。自分自身はどのような最期を迎えたいのか。自分は親や配偶者の最期をどう受け止めていこうと考えているのか。

 

話をできなくなってからでは遅いのです。

 

<文:宮下公美子 (社会福祉士・介護福祉ライター)>

 

*1 人生の最終段階における医療に関する意識調査報告書(終末期医療に関する意識調査等検討会 平成26年3月)【PDF】
*2 望む最期、どう迎える 意思はっきり、家族・医師に(日経電子版 2016年3月7日)

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す