有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

「大病院なら安心」と思っていませんか?「とりあえず大病院へ」は出費増!|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

「大病院なら安心」と思っていませんか?「とりあえず大病院へ」は出費増!

2016年3月3日

あなたは、ちょっと調子が悪いな、と思ったときに受診できる「かかりつけ医」がいますか? 2016年4月からは、そんなかかりつけ医を決めておく方が良さそうです。というのも、紹介状なしでいきなり大病院を受診すると、診察料とは別に、初診で5000円以上、再診で2500円以上の追加料金が徴収されることが決まったからです(*)。これまでも、大病院では初診で平均約2100円の追加料金を徴収していましたが、2016年度の診療報酬改定で、これが一気に引き上げられることになりました。

 

ちょっとした病気やけがは、かかりつけ医で見てもらう

o1今、国は医療機関の役割分担を進めています。
地域の開業医はかかりつけ医として、患者を継続的に診る役割。ちょっとした病気やけがの診察や糖尿病や高血圧などの慢性疾患の療養指導、日常的な健康管理などを担います。かかりつけ医が診て、より詳しい検査や治療の必要があると判断した場合は、かかりつけ医が紹介状を書き、大病院の受診を促します。大病院とは、病床数500床以上の病院、大学病院などの特定機能病院など全国約250の病院を指しています。

 

大病院は、本来、高度な検査や専門的な治療を担う役割があります。軽度な患者がたくさん受診していては、本来の役割を果たせません。そこでこの紹介システムによって軽度の患者の受診を減らし、高度医療に専念させようということです。

 

治療が終わり、症状が安定した患者は、回復期病棟や地域包括ケア病棟などを経由して再び地域に戻り、かかりつけ医の元で在宅療養します。あるいは、療養病床で療養を続ける、というような流れです。

 

かかりつけ医探しは近所での情報収集で

o2それなら、近所にかかり付け医を見つけなくては、と思っても、どう見つけたらいいのか、と思う方も多いことでしょう。インターネットや地域の情報紙などの活用も良いのですが、地元での評判は侮れません。まずは、近所に住む複数の知人、友人などに話を聞いてみるとよいでしょう。そのほか、介護保険を利用しているならケアマネジャーに。また、様々な情報が集まりやすい地元の美容院のスタッフや、地元の商店などで買い物のついでに、評判の良い医師について聞いてみるのも一つの方法です。

 

そうしていろいろな人に聞いていくと、共通していい評判を聞く医師がいるものです。そうした医師に、一度、軽い風邪やメタボ診断などの健康診断の時にかかってみます。そのときの対応で、かかりつけ医にふさわしいかどうかを判断するといいのではないでしょうか。

 

よく話を聞いてくれる医師をかかりつけ医に

かかりつけ医選びのポイントになるのは、
・自宅から近いこと
・待ち時間があまり長くないこと
・患者の話をよく聞いてくれて、相談がしやすいこと
・大病院の専門医との連携が取れていること
・受付担当者の感じが良いなど、雰囲気が良いこと
など。

 

こうした条件の中の優先順位の付け方は人それぞれだと思います。ただ、患者の話をよく聞いてくれるかどうかは重要なポイントです。医療者としての考えを一方的に押しつけてくる医師では、希望通りの医療を受けるのが難しくなりそう。やはり、気軽に不安を伝えたり、疑問点を質問したりできる医師が、かかりつけ医としては望ましいと思います。

 

また、待ち時間については、長い医師が悪く、短い医師がいいとは言えません。患者の話をよく聞き、丁寧に説明してくれる医師はどうしても待ち時間が長くなりがちです。その点も考慮しながら、いくつかのクリニックを受診し、自分なりの希望に合うかかりつけ医を見つけられるといいですね。

 

<文:宮下公美子 (社会福祉士・介護福祉ライター)>

 

*診療報酬 紹介状なしで大病院、初診5000円以上 改定案(毎日新聞2016年2月10日)

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す