有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

高齢者に増えているアルコール依存症。周りの家族はどう対応すべき?|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

高齢者に増えているアルコール依存症。周りの家族はどう対応すべき?

2015年11月5日

「百薬の長」、つまり、適度に飲めば薬よりもよい、とも言われるお酒。人間関係の潤滑油にもなり、時にはいやなことも忘れさせてくれる。そんなお酒に日々親しんでいる人も多いことでしょう。しかし、もし、今までと同じ量を飲んでも気持ちよく酔えなくなってきているなら要注意。脳がアルコールの刺激に慣れてきている(耐性ができている)のかもしれません。たくさんのお酒を飲み続けていたら、気がつかないうちにアルコール依存症になっていたということもあります。特に、近年、高齢者にアルコール依存症が増えているというのです(*1)。

 

飲みたいという衝動を抑えられないのがアルコール依存症

o1単なる大酒飲みとアルコール依存症はどう違うのか、と思う人もいるかもしれません。WHO(世界保健機関)が作成した基準では、アルコール依存症と診断されるのは下のとおりです。

 

■アルコール依存症(alcohol dependence syndrome)のICD-10診断ガイドライン

 

過去1年間に以下の項目のうち3項目以上が同時に1ヶ月以上続いたか、または繰り返し出現した場合

 

(1)飲酒したいという強い欲望あるいは強迫感
(2)飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して行動をコントロールすることが困難
(3)禁酒あるいは減酒したときの離脱症状
(4)耐性の証拠(酩酊効果を得るための量が以前より明らかに増えているか、または、同じ量では効果が明らかに下がっている)
(5)飲酒にかわる楽しみや興味を無視し、飲酒せざるをえない時間やその効果からの回復に要する時間が延長
(6)明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず飲酒

 

*2 厚生労働省 みんなのメンタルヘルス アルコール依存症 より

 

アルコール依存症が単なる大酒飲みと大きく違う点は、「飲みたい」という衝動をどうしても抑えられないことです。今日は飲むまいと思っていたのについ飲んでしまう。出かける約束をしていたのに飲んでしまって出かけられなくなった。これ以上飲んだら、肝硬変になるといわれているのに飲み続ける…。そんなことが繰り返されるのなら、アルコール依存症を疑った方がいいかもしれません。

 

飲酒の問題をなくすには断酒するしかない

アルコール依存が進んでいくと、脳が体内に一定の濃度のアルコールを維持しておくことを求めるようになります。そのため出現するのが、数時間おきにお酒を飲み続ける「連続飲酒」という症状。朝からお酒を飲んだり、車を運転しているのにお酒を飲んだり、常識から外れたことをすることがあるのはそのためです。

 

これを止めるには、飲酒を完全にやめる(=断酒)しかありません。ただ、アルコール依存症になると脳の状態が変わってしまい、飲酒をやめても脳をもとの状態に戻すことはできません。つまり、治療を受けても、以前のように適量のお酒で満足できるようにはならないのです。そのため、アルコール依存症に「治癒」はなく、あるのは「回復」。そして、「回復」した状態を維持するには、生涯、断酒を継続するしかないのです。

 

しかし、本人は飲酒のコントロールをできなくなっていることを、まず認めようとしません。そのため断酒を拒否し、自発的に治療に向かうことがほとんどないのが、この病気の難しいところです。

 

アルコール依存症からの回復には専門家の支援が必須

o2家族など周囲の人は、アルコール依存症からの回復を望むなら、まず本人が飲酒で起こした問題の後始末をするのをやめることです。
飲み過ぎて翌朝起きられないのを、一生懸命起こす。二日酔いで出勤できない時、本人に代わって「風邪で休みます」と会社に連絡する。お金を払わずに店を出てきてしまったとき、代わりに払いに行く。こうした後始末をしていると、本人は自分が起こした飲酒の問題と向き合わずにすみます。アルコール依存症への対応においては、本人のためを思ってのサポートが、反対に、飲み続けられる環境を維持し、飲酒による問題を意図せず拡大してしまうことになるのです。

 

もう飲まないと約束しては、約束を破って飲む。そんなことを繰り返すため、アルコール依存症は、家族をはじめとした周囲との人間関係を壊してしまうことがよくあります。しかし、これは意志の弱さや人間性の問題ではなく、アルコールに冒された脳の病気が引き起こす問題です。この病気を持つ人に理屈は通用しません。脳の病気であるため、家族などの愛情や熱意、誠意だけで治せるものではないことを理解しておくことも大切です。

 

もし、身近な人にアルコール依存症の疑いがあったら、家族だけでもできるだけ早くアルコール依存症を扱う精神科のクリニックなどを受診し、相談してみてください。まずは、家族が、人を巻き込んで悪化していくこの病気の独特の難しさについて、詳しく知ることが必要なのです。

 

<文:宮下公美子 (社会福祉士・介護福祉ライター)>

 

*1 老後にアルコール依存症 認知症リスク高く 退職・死別きっかけ、兆候あれば早期治療 家族の支援大切(日本経済新聞 2015年10月15日)
*2 みんなのメンタルヘルス アルコール依存症(厚生労働省)

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す