有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

もしやあなたも? 注目が集まり始めた「ダブルケア」、「ヤングケアラー」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

もしやあなたも? 注目が集まり始めた「ダブルケア」、「ヤングケアラー」

2015年9月3日

「ダブルケア」という言葉を聞いたことがありますか?
育児と介護、二つのケアを同時に担うことです。晩婚化で高齢出産が増えたこともあり、まだ子どもにも手がかかる時期に親の介護をになう人が増えているというのです。

 

未就学児の親の1割が「ダブルケア」状態

o1日本経済新聞の記事(*)によると、6歳未満の子どもを持つ人への調査では、約1割が現在介護も担っていると答え、約1割が過去に経験していたと答えたとのこと。未就学児を抱えた上で親の介護まで担うのは、身体が2つほしくなるほどの忙しさだということが十分想像できます。

 

しかし、就学後なら楽になるかというと、必ずしもそうとは言えません。特に、中学生、高校生という思春期の子どもは、物理的に手をかけることは少なくなっても、見守る目や精神的サポートを必要とします。この時期に介護に追われて親の目が行き届かなくなると、精神的に不安定になる子どももいるのではないかと思われます。

 

前述の調査では、思春期の子どもを持つ親は調査対象になっていません。この時期の子を持つ親も含めると、「ダブルケア」状態の人は相当数いると思われます。今後の支援を考えていくために、政府も今年度中に実態調査を行うことにしたとのことです。

 

「ダブルケア」以上に見えにくい「ヤングケアラー」の問題

「ダブルケア」も問題ですが、実はもう一つ、あまり知られていない問題があります。
それは「ヤングケアラー」の問題。10歳代や20歳代で、親や祖父母などの介護を担うことになった子どもや若者の問題です。ダブルケアに追われる親を見かねて、子どもがケアの一部を担うケースも十分考えられます。

 

ヤングケアラーは、ダブルケア以上に実態が把握されていないため、人数もまったくわかっていません。高校生や大学生、あるいは若い社会人などは、行政と最も関わりが薄い世代。社会保障制度についての知識が十分ではない場合もあり、介護保険制度など公的な支援すら利用できていないケースもあるのではないかといわれています。

 

公的支援を利用していなければ、行政も把握のしようがないというのが実状。ヤングケアラー支援に取り組んでいる、ある市会議員は、学校側から実態を把握できないか働きかけたことがあるといいます。しかし、答えはノー。教育の場である学校が、個々の家庭の問題に立ち入ることはできないという判断だったそうです。

 

イギリスでは6~10年ケアを担ってきたヤングケアラーも

o2これに対してイギリスでは1990年代からヤングケアラーについての調査や研究、支援が始まっています。2004年に発表された、約6100人のヤングケアラーを対象に行われた調査では、ヤングケアラーの平均年齢は12歳。その約6割が一人親家庭で暮らしていました。
ケアを必要とする人は、約5割が身体的な問題を、約3割が精神的な問題を抱えています。
ヤングケアラーの3分の2は家事を担い、約2割は入浴介助やトイレ介助などの身辺ケアを行っています。

 

こうした家族のケアを、4割強が3~5年間担っていたのです。さらに、6~10年に渡って担ってきたヤングケアラーも2割弱いました。

 

イギリスではそれ以前にも2回、ヤングケアラーについての調査を実施しています。前述の調査が行われたのは、ヤングケアラーへの支援が始まって10年以上たった時期。そのため、過去の調査と比較すると、学校を休んだり勉強に支障が出たりする人は減ってきています。
それでも、特に、アルコールの問題を抱えた人のケアをしている子どもは、勉強面に支障が出ていました。

 

日本が、このイギリスの調査結果と同じ状況であるとはいえません。しかし、ヤングケアラーが一人親家庭に多いのは、おそらく日本でも同じ。困難を抱えながら、誰にも相談できずにいるヤングケアラーの姿が思い浮かびます。

 

高校生、大学生になると、ケアの担い手として当てにされてしまうことで、進路に影響が出てしまう場合もあるといわれています。政府には、ダブルケアと同時にヤングケアラーについても調査し、実態を把握した上で、支援に取り組んでほしいものです。

 

<文:宮下公美子(介護福祉ライター・社会福祉士)>

 

* 育児と介護同時期に 「ダブルケア」知ってる? (日本経済新聞 2015年8月19日)

 

●オアシスナビでは、ヤングケアラーが介護体験を描いた漫画『孫娘のガチンコ介護』を連載中です

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す