有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

2つの認知症カフェに突撃取材!【Dカフェ・ラミヨ編】|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

2つの認知症カフェに突撃取材!【Dカフェ・ラミヨ編】

2014年11月14日

前回に引き続き、「認知症カフェ」を突撃リポート。今回は、一軒家を会場にしたDカフェ・ラミヨを取材しました!

 

Dカフェ・ラミヨは多彩な方々がトークを

認知症当事者の奥様と夫婦で参加。自営業で一緒に働いていた当時の奥様のお話に参加者も盛り上がります。

認知症当事者の奥様と夫婦で参加。自営業で一緒に働いていた当時の奥様のお話に参加者も盛り上がります。

もうひとつの活動拠点、Dカフェ・ラミヨは、Dカフェの世話人・竹内さんの自宅兼事務所の2階が会場です。

 

祐天寺駅から5分程度の閑静な住宅街にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニコスよりもこぢんまりとしたスペースですが、勉強会や懇談会にはピッタリ。

 

東急東横線の祐天寺駅から徒歩5分。Dカフェ開催日にはこの一軒家が会場に早変わり。

東急東横線の祐天寺駅から徒歩5分。Dカフェ開催日にはこの一軒家が会場に早変わり。

電動昇降機があるので、階段を上れない方でも安心。

電動昇降機があるので、階段を上れない方でも安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現にここでは、医師などの専門家を囲む会を開催。この特集で3回に分けて掲載した新里医師を囲む会も、ラミヨが会場でした。

 

まずは自己紹介タイム。認知症当事者や家族、地域の方、ケアマネジャー、施設で働く介護士、お医者さんなど、さまざまな人が立場を超えて同じ目線で語り合う。

まずは自己紹介タイム。認知症当事者や家族、地域の方、ケアマネジャー、施設で働く介護士、お医者さんなど、さまざまな人が立場を超えて同じ目線で語り合う。

今日、はじめて参加した男性も積極的に情報収集。介護者の先輩が、質問に答えつつ優しくアドバイス。

今日、はじめて参加した男性も積極的に情報収集。介護者の先輩が、質問に答えつつ優しくアドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフは勝手知ったる竹内家、といった感じで、コーヒーを淹れ、お菓子を出し、洗い物を。だれが主役ということはなく、全員が同じ目線で語り合い、活動し合うスタイルです。
参加費の300円も、来訪者だけでなく、運営スタッフも支払います。「文系のクラブ活動のようなノリ」と、竹内さんも言います。

 

参加費は全員300円。「全員が当事者」の意識で運営しています。

参加費は全員300円。「全員が当事者」の意識で運営しています。

コーヒー片手に楽しくおしゃべり。今日のお菓子は?これもちょっとしたお楽しみです。

コーヒー片手に楽しくおしゃべり。今日のお菓子は?これもちょっとしたお楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケースワーカー、ケアマネジャー、自治体職員、区会議員さんまでやってきて、出入り自由でオープンな雰囲気の中、話をすすめます。医師との付き合い方、薬の扱いについてなど、やや突っ込んだ話ができるのも、専門家がたくさんいるから。ときには盛り上がり、時間を超過しても、熱いトークが止まらないこともあります。

 

地域の介護サービス事業者、自治体の職員なども参加。介護の情報を提供するほか「介護者などが何を求めているのかを教えていただけるのがありがたいです」

地域の介護サービス事業者、自治体の職員なども参加。介護の情報を提供するほか「介護者などが何を求めているのかを教えていただけるのがありがたいです」

時間を追うごとにどんどん盛り上がる。途中参加や退出、席の移動も自由。胸の中のモヤモヤや疑問も吐き出せ、「ひとりではないんだ」と実感できるひとときに。

時間を追うごとにどんどん盛り上がる。途中参加や退出、席の移動も自由。胸の中のモヤモヤや疑問も吐き出せ、「ひとりではないんだ」と実感できるひとときに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラミヨのことならこの人に聞こう!

ラミヨでおなじみの3人は、認知症の家族会などに長年参加し、さまざまな家族を見てきた介護のベテラン。初めて参加する人もすぐ馴染めるよう、あたたかくサポートしてくれます。

 

6_10竹内さん
この家のオーナーでNPO法人Dカフェnet代表。
気軽に話せる雰囲気作りと実行力はさすが!

 

 

 

 

 

6_11野寺さん
レビー小体型認知症の母親を介護した。
気さくで知識も豊富なラミヨの母。

 

 

 

 

 

6_12土屋さん
奥様を長年介護し続ける愛妻家。
やさしくて穏やかな人柄に癒される人多数。

 

 

 

 

 

 

Dカフェ・ラミヨ
東京都目黒区五本木1丁目5-11(東急東横線 祐天寺駅徒歩5分)
月2回、第2日曜日と第4土曜日 13:00~16:00
http://d-cafe.kazekusa.jp/
問い合わせ  TEL03-3719-5592(Dカフェnet)

 

○                 ○

 

認知症カフェの生の雰囲気をおわかりいただけたでしょうか?みなさんのご自宅の近くにもこんな認知症カフェがあるかもしれません。また、ご紹介した目黒区のDカフェには目黒区民だけでなく、近隣の区や、他県の方も参加できます。
それぞれの認知症カフェで運営内容や雰囲気は異なりますが、だれでも参加でき、気後れする必要もありません。興味のある方は、ぜひ最寄りの認知症カフェを調べて、さっそくでかけてみてください。

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す