有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

10万円の受講料が無料!介護資格の取得を支援|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

10万円の受講料が無料!介護資格の取得を支援

2014年8月6日

無料で介護の資格がとれる・給料をもらいながら資格がとれる

topics0806_0訪問介護を利用する際に、家に来て家事や介助をしてくれるホームヘルパー。
デイサービスを利用したり、施設に入所したときに、食事や排泄、移動などを介助をしてくれる施設の介護スタッフ。

 

これら介護職員は、介護サービスを利用する際に最前線でサポートしてくれる心強い存在ですが、人手不足が大きな問題となっています。

 

現時点でも慢性的な人手不足の介護業界ですが、団塊の世代が後期高齢者となる2025年には高齢者数の増加に対応できるだけの介護職員を確保しなくてはなりません。

 

現在の介護職員が約150万人ですが、2025年には100万人増やして250万人にする必要があるのです。なんと1.6倍。実現は簡単なことではありません。
なかでも東京は、人口が多いだけあって高齢者人数も多く、特に危機感が高い状況。人材確保のために以下のような画期的な事業が始まっています。

 

1.介護の魅力を体験する「介護職場体験」

 

2.無料で介護の資格が取得できる「介護職員初任者研修 資格取得支援」

 

3.無資格でも介護施設等で働きながら資格取得ができる「トライアル雇用」

 

読者の皆さんの中には、家族の介護を通じて介護の仕事に興味を持った方、在宅介護のために、介護の勉強をきちんとしたい方もいるのでは?そんな方にはうれしい内容。以下、詳細をご紹介します。

 

 

1.介護の魅力を体験する「介護職場体験」

topics0806介護の仕事に興味を持つ人に、実際に介護施設等で業務を体験し、そのやりがいや適性を確認してもらおう、というもの。
職場では、利用者とのレクリエーションなどを通じた交流や、介護・介助業務、配膳や整理、清掃などの作業補助を行います。
参加費は無料。介護の仕事に興味はあるけれど、自分に合う仕事かどうか不安…、という方におすすめです。

 

●対象者 東京都内在住(もしくは在学)の学生、主婦、就業者等
●体験先 特養、老健、グループホーム、デイサービス、訪問介護など
●体験実施期間 2014年5月30日~2015年2月28日まで
(体験日数は最大3日まで。1日あたりの体験時間は、日中のみで5~8時間)
●申込み手順 専用サイトから希望の体験先を選び、申し込み。

 

 

2.無料で介護の資格取得「介護職員初任者研修 資格取得支援」

topics0806_2職場体験を行い「やっぱり介護の仕事をしたい!」と思った方が対象。
介護職員初任者研修の資格を取得するには、10万円程度の受講費用がかかりますが、これを東京都が全額負担してくれるので、自己負担は0円。
通信制と通学制が選べ、土日中心の講座も多数用意されているため、就業中の方も参加できます。
資格取得後は、東京都福祉人材センターより、福祉・介護の仕事を紹介してもらえます。

 

●対象者 1の介護職場体験を利用した方
●実施期間 2014年5月~2015年2月まで(各研修の開講期間は2~3ヶ月程度)
●申込み手順 専用サイトから希望の講座を選び、1の介護職場体験で受け取った「体験修了証」を添えて申し込み。

 

 

3.介護施設等で働きながら資格取得「トライアル雇用」

topics0806_3ゆっくり資格取得の勉強をするより、すぐに働きたい。働きながら資格を取得したい、という方にはこちらが最適。
介護施設等で働き、給与をもらいながら、介護職員初任者研修資格が取得できます。研修受講中も給与が支払われ、受講費用も無料です。

 

●対象者 介護職場への就労を希望する離職を余儀なくされた労働者、事業を廃業した自営業者、高等学校等を卒業した未就職者など
●勤務先 特養、老健、グループホーム、デイサービス、訪問介護など
●実施期間 2014年7月~2015年2月まで
(上記期間のうち6カ月以内で、有期雇用契約)
*期間終了後も、事業者と利用者が合意すれば、そのまま雇用関係が継続します。
●申込み手順 専用サイトもしくは東京都福祉人材センターかハローワークから申し込み。

 

 

3つの事業の詳細はこちら → 東京都福祉人材センター

 

この東京都の事業にはそれぞれ定員があります。募集開始早々、かなりの申し込みがきているそうなので、興味のある方は早めの応募をおすすめします。

 

また、東京都以外でも、介護資格の取得費用を助成する自治体は増えています。興味のある方は、是非お住まいのエリアの高齢福祉の窓口に問い合わせてみましょう。

 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す