有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

2013年10月に「介護なんでも文化祭」が開催|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

2013年10月に「介護なんでも文化祭」が開催

2013年9月6日

今年で9回目を迎える市民発の介護イベント

ニュース3

 

 

秋と言えば、各地の学校で催される文化祭シーズン。そのなかに介護をテーマにした文化祭があることを皆さんご存知でしょうか。

 

2013年10月6日(日)に行われる「市民発!介護なんでも文化祭」は、今年で9回目を迎える介護イベント。最大の特徴は、タイトルにも冠される「市民」が中心となって行われる手づくりイベントであることです。「市民の手で介護の文化を創ろう!」というスローガンのもと、介護を経験してきた介護の先輩たちと、一般市民、NPO等の市民団体を中心に、企業・行政なども加わりさまざまな人たちが知恵と情報を持ち寄り、「介護」をテーマとしたセミナーやワークショップを行ったり、交流の場を設けたりします。

 

会場はJR・東京メトロ四ッ谷駅を最寄とする、上智大学四谷キャンパス12号館。5階建ての建物が当日は介護一色に染まる予定です。1階は介護をはじめ地域医療などの情報が得られる「地域ケアミュージアム」、2階は介護を中心とした各種セミナーが計9つ(予定)開催される「セミナー・学びのひろば」、3階はアロマやハンドマッサージなどで介護に癒しをもたらす「セラピーのひろば」と、各種ワークショップが行われる「ワークショップの部屋」、4階は認知症を中心に子育てなどもテーマにした「認知症とコラボのひろば」、5階はケアラー(家族など無償の介護者)のための「ケアラーたちのひろば」、という構成になっています。

 

特に毎年参加者に好評なのが、各フロアで開催される「しゃべり場」。介護にまつわるさまざまなテーマを掲げ、各所で井戸端会議が繰り広げられます。介護経験者と未経験者、各種介護業界の関係者たちが、ざっくばらんな雰囲気で交流できる、まさに市民の手づくり文化祭ならではの企画と言えるでしょう。また、実際に介護に携わる介護者の生の声が展示される「介護者の声」のコーナーも、リアルかつ具体的な介護現場を知ることができるということで、毎回反響の大きい企画だそうです。

さらに今年は、介護だけでなく「子育て」もテーマに含まれているとのこと。まだ介護に携わっていない子育て世代でも、今後介護は必ず何らかの形で関わるもの。その入り口として、子育ても、介護も知る機会として、文化祭を訪れてみるのもいいかもしれません。

 

ちなみに現在事務局では「介護者の声」を募集中。今年のテーマは「介護のあれこれ喜怒哀楽」。期限は2013年9月25日まで。募集に関する問い合わせは介護文化祭実行委員会 介護者広場担当(介護者サポートネットワークセンター・アラジン内)まで。また、運営のボランティアスタッフも随時募集中とのこと。

 

【概要】
「第9回 市民発!介護なんでも文化祭」
・ 日時:2013年10月6日(日)10:00〜16:30
・ 場所:上智大学四谷キャンパス12号館
・ 主催:介護なんでも文化祭実行委員会
・ 共催:上智社会福祉専門学校
・ 参加費:500円(学生は無料)
・ 問い合わせ:介護者サポートネットワークセンター・アラジン

 

<編集部>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す