有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

杉並区の平均寿命が男女とも都内トップ|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

杉並区の平均寿命が男女とも都内トップ

2013年8月30日

杉並区の平均寿命はなぜ高いのか?

 

ランキング

 

みなさんは都内に全国でも屈指の“長寿区”があることをご存知でしょうか? 東京都内で平均寿命が一番高い町は、男女とも杉並区であることが、2013年7月31日に厚生労働省が発表した区町村別の平均寿命(2010年時点)で明らかになりました。

 

杉並区は全国でも男性が9位(81.9歳)、女性が10位(88.2歳)とベスト10入り。ちなみに都内で杉並区に次ぐ2位は男性が小金井市、女性は目黒区。最下位は男性が荒川区(77.8歳)、女性が日の出町(85.1歳)でした。

 

今回の調査で、全国ランクでトップ10入りを果たしたのは男女とも杉並区だけ。女性に至っては、杉並区以外は上位50位にすら入っていません。なぜ、杉並区の平均寿命はこんなに高いのでしょう? 杉並区・高齢者施策課によれば、「今回の結果には少々驚いています。都内トップとなった明確な理由は分かりません……」とのこと。

 

区民の方に聞くと、「診療所が多く、地域医療の体制が充実しているから」(阿佐ヶ谷南に住む主婦38歳)、「都内でも比較的所得水準が高いから」(荻窪に住む男性74歳)など様々な意見があがりました。杉並区の平均寿命の高さは複合的な要因が重なった結果といえそうですが、その中でも介護予防を重視した行政サービスが充実している点は見過ごせません。

 

たとえば、杉並区の「長寿応援ポイント事業」は、全国的にも注目されているユニークな取組み。区が事前に認定した地域貢献活動や「いきがい活動」などに参加した高齢者にポイントを与えるという事業で、2009年に開始されました。ポイントがたまると、その8割を区内共通商品券に交換できるという点が人気を呼び、利用者数は年々増加。杉並区・介護予防事業課によれば、2013年3月末時点でのべ2万7000人に達したとのことです。

 

高齢者の健康長寿を後押しするこうした行政の介護予防サービスが、区内の平均寿命を押し上げる要因になっているといえそうです。

 

<興山英雄>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す