有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

特集&介護ニュース|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

特集&介護ニュース

この条件で検索

記事一覧(新着順)

photo

「混合介護」推進を 在宅協 特区構想にも提案へ new

最新 介護ニュース

2017年1月23日

保険内外のサービスの柔軟な組み合わせ、いわゆる「混合介護」の実現を強く要望しているのが、日本在宅介護協会(新宿区、浅野芳生会長)。東京都での特区での実現に向けて引き続き提案を行っていく方針だ。発端は、2016年9月5日の公正取引委員会の「介護...

photo

65歳は高齢者にあらず 〝若返り〟データで歴然

最新 介護ニュース

2017年1月20日

日本老年学会と日本老年医学会は5日、現在は「65歳以上で高齢者」とされている年齢定義について、「75歳以上とするのが妥当」とする提言を発表した。死亡率や受診率を始め体力、認知機能、生活機能に至るまで、10~20年前と比べて10歳程度若返ってい...

photo

転倒転落事故のうち、高齢者の割合は9割超!足腰の衰え以外にも原因が!?

注目の介護トピックス

2017年1月19日

高齢になると、転倒や転落事故が増えると言われています。転倒転落事故死は交通事故死より多く、しかもその93%が65歳以上の高齢者。約7割が、滑ったり、つまずいたり、よろけたりして、平地で転んでいるのだそうです。といっても、つまずきやよろけの原因は、足...

photo

介護事業の収支差悪化 厚労省 改定前後の影響を調査

最新 介護ニュース

2017年1月19日

厚生労働省は12月28日、介護給付費分科会に「平成28年度介護事業経営概況調査」の結果を提出した。2015年の報酬改定前後の年度の収支を同一事業所で比較したものだ。これによると、マイナス改定を受け、ほとんどのサービスで収支差率が悪化。一方、給...

photo

市町村に「中核機関」 成年後見利用促進委

最新 介護ニュース

2017年1月18日

内閣府の成年後見制度利用促進委員会は12月22日、政府が策定する基本計画に盛り込むべき事項について意見をとりまとめた。財産管理中心の制度から、知的障害者や認知症高齢者などの意思決定支援も重視した制度へと運用の見直しを求めている。具体的には市町...

photo

ケアマネマイスター18人に 広島県

最新 介護ニュース

2017年1月17日

広島県が「理想のケアマネジャー」として独自に認定する「ケアマネマイスター広島」。2016年度の認定者に、やまゆり居宅介護支援事業所(北広島町)の中束奈津紀さんが決定した。今年度は1人のみ。これまでに認定されたケアマネマイスター広島は18人とな...

photo

ベトナムで実習生育成 ツクイ

最新 介護ニュース

2017年1月16日

ツクイ(横浜市、津久井宏社長)は、ベトナムで技能実習生を育成する。すでにホーチミン市内の看護の学校で、日本式の介護と日本語を教える講座を開く準備を進めているという。第1期の受講生は120人規模になる見込みで、同社は2018年中に20人程度を雇...

photo

介護殺人はなぜ起きる?近所の住民や知人は介護家庭に手助けを

注目の介護トピックス

2017年1月12日

介護家族が、介護を必要としている人を手に掛けてしまう介護殺人。家族が、介護をしている相手の命を奪おうとまで思い詰めるのは、周囲から孤立しているからだと思われていました。しかし、2016年10月に有罪判決が下った、兵庫県で老老介護の夫が妻を殺害した事...

photo

特集 外国人介護「新時代」へ

最新 介護ニュース

2017年1月6日

2国間経済連携協定(EPA)でおそるおそる始まった外国人介護士の受け入れ。最初のフィリピンが2008年。今年で10年を迎えるが、第2のブームといえる状況にあるのはご存じだろうか。 特に、人気があるのは、日本語を習得してから来日するベトナムだ。2...

photo

高齢者の交通事故を減らすには?これからの高齢化・認知症増加に向けて

注目の介護トピックス

2017年1月5日

2017年3月、改正道路交通法が施行されます。これにより、信号無視などの違反行為を犯したり、認知機能の低下が疑われたりする75歳以上のドライバーへの対応が厳しくなります。免許更新時や交通違反時に「認知機能検査」を受けて、認知症の恐れがあるとされた場合...

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す