有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

段差や手すり、介護保険が使える住宅改修は?~介護のお金・介護保険Q&A|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

6月20日

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

段差や手すり、介護保険が使える住宅改修は?~介護のお金・介護保険Q&A

2017年1月9日

「親の介護、そろそろ必要になるかも」「自分が高齢になったら、いったい誰が面倒を見てくれるんだろう」。そんな不安に駆られたら、まず気になるのがお金のこと。でも、介護ってどれくらい費用がかかるものなのか、検討がつかない人も少なくないはず。そこで、介護事情に詳しいファイナンシャルプランナーの山田静江さんに、『介護とお金』にまつわる素朴な疑問をぶつけてみました。

 

▽相談内容

――関節疾患にかかった夫が車椅子生活となり、思いきって家の中をリフォームしようと考えています。

 

車椅子が通りやすいように段差をなくしたり、階段や廊下に手すりを付けたり……。でも、費用面が心配です。介護保険は使えるものでしょうか?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽山田さんの回答

在宅介護のために必要な住宅改修では、以下6種類について介護保険が適用されます。

 

 

工事内容が上記条件を満たしていれば、1軒20万円分までは工事費用の1~2割負担(2~4万円)で改修を行うことができます。限度額内なら数回に分けて利用することもでき、要介護度が3段階以上あがった場合や、転居した場合は新たに20万円分までの支給を受けられます。
支給を受けるには、改修工事の着工前に市町村の窓口へ申請しなければなりません。工事終了後、いったん利用者が全額を支払い、後で8~9割分の支給を受けるのが一般的です。申請から着工、支給までの流れは以下の通りです。

 

・事前申請(工事前)…必要な書類(支給申請書、工事の見積書、住宅改修が必要な理由書、工事個所が確認できる図面)を揃え、市区町村の担当窓口に提出
・着工…許可が下りたら工事を行い、いったん費用の全額を利用者が支払う
・事後申請(工事後)…必要な書類(工事費の領収書、工事費の内訳書、工事前後の日付入り写真、住宅所有者の承諾書)を揃え、市区町村の担当窓口に提出

 

ただ、利用者が改修工事を発注する際、要介護者本人に役立つかどうかではなく、介護保険が適用されるかどうかに目が行きがちです。『右半身にマヒがあるのに、右側に手すりを設置してしまった』なんて失敗例も少なからず耳にします。プランを立てる際は住環境コーディネーターなどに相談し、改修の内容を冷静に検討するようにしましょう。

 

介護リフォーム・住宅改修について、こちらでも詳しくご紹介しています

介護リフォームをするとどんなメリットがあるの?
→介護リフォームの基礎知識

 

介護保険を使うときの、条件・手続きとは?
→介護保険を使ったリフォームの方法

 

 

プロフィール

山田静江(やまだ・しずえ)
ファイナンシャル・プランナー(CFP/FP技能士1級)。株式会社 WINKS 代表。日本FP協会埼玉支部幹事。
大学卒業後、都市銀行に入社。その後、会計事務所勤務、独立FP会社勤務を経て2001年にFPとして独立し、現在に至る。「損得ではない安心して暮らすためのプランニング」をモットーに活動している。
現在は介護や高齢者住宅問題のスペシャリストとして講演、執筆活動を展開している。

http://winks.biz/

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す