有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

有料老人ホームの入居金を用意できないFさん~介護のお金・介護保険Q&A|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

有料老人ホームの入居金を用意できないFさん~介護のお金・介護保険Q&A

2017年6月12日

「親の介護、そろそろ必要になるかも」「自分が高齢になったら、いったい誰が面倒を見てくれるんだろう」。そんな不安に駆られたら、まず気になるのがお金のこと。でも、介護ってどれくらい費用がかかるものなのか、検討がつかない人も少なくないはず。
そこで、介護事情に詳しいファイナンシャルプランナーの山田静江さんに、『介護とお金』にまつわる素朴な疑問をぶつけてみました。

 

▽相談内容

――これまで父親の介護は自宅で私が行ってきましたが、父が体を壊して長期入院しなければならなくなりました。兄弟は遠方に暮らしているので介護の担い手として期待できず、施設への入所を考えています。
でも、有料老人ホームの入居一時金はかなり高額になると聞きました。500万円~1000万円はかかるとも……。兄弟で分担してもとても捻出できるお金ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽山田さんの回答

Fさんは、施設選びについて少し勘違いをされているかもしれません。
入居一時金で1000万円以上かかるようなところは、「プール付き」など付帯設備のある豪華な施設が多い傾向があります。しかし、要介護3の認定を受けた方だとそれらの付帯設備をさほど使わないので、あまりおすすめではありません。

 

第一段階として特別養護老人ホーム(特養)への入所を考えてはいかがでしょうか。
特養は要介護度3~5の人が利用できる介護保険施設のひとつで、低料金である点や終身利用できる点が特徴です。入居一時金がかからず、居住費や食費なども有料老人ホームより低料金で済みます。
ただ、それゆえに入居待機者が多く、要介護度が高い人を優先させるので入所するまでに2~3年かかる場合もあります。

 

でも、落胆する必要はありません。
入居一時金がなく、認知症でも受け入れてくれる有料老人ホームはたくさんありますし、入居金がさほど必要のないホームや料金プランも増えています。

 

第二段階としてそちらを選択肢に入れるのもいいでしょう。また、いったん有料老人ホームに入居して、特養の順番を待つ手もあります。

 

ひとまず事前に施設を見学してみましょう。
そのうえで本人の感性に合った施設選びをしましょう。

 

 

プロフィール

山田静江(やまだ・しずえ)
ファイナンシャル・プランナー(CFP/FP技能士1級)。株式会社 WINKS 代表。日本FP協会埼玉支部幹事。
大学卒業後、都市銀行に入社。その後、会計事務所勤務、独立FP会社勤務を経て2001年にFPとして独立し、現在に至る。「損得ではない安心して暮らすためのプランニング」をモットーに活動している。
現在は介護や高齢者住宅問題のスペシャリストとして講演、執筆活動を展開している。

http://winks.biz/


 

 

●老人ホームのお金について、こちらでも詳しくご紹介しています

「入居時費用」・「月額費用」・「初期償却」・「権利形態」…これがわからないと老人ホームを決められない!
→老人ホームにかかるお金の意味・選び方

 

「無理やり退去を求められた」「解約できない」「老人ホームが倒産」…トラブルに巻き込まれないために
老人ホームのお金トラブルの実例

 

毎月いくらかかる?いくらまでなら払える? きちんと計算できていますか?
『老人ホームの費用の算出のしかた』ついて

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す