有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

入居後、施設が倒産!?経営者と連絡とれず…~老人ホームのお金トラブル|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

入居後、施設が倒産!?経営者と連絡とれず…~老人ホームのお金トラブル

2016年9月12日

有料老人ホームの倒産や営業停止の事件は、マスコミでも取り上げられています。残念ながら、他人事ではありません。「老人ホームのお金トラブル事例」特集 の今回は、ホームの閉所に伴う入居一時金の返却トラブルについてご紹介します。身につまされる事例、みなさんも起こりうることだととらえ、事前知識をもっておきましょう。
<資料:国民生活センター>

 

有料老人ホームが閉所、入居一時金が戻らない

 

【事例】説明どおりに返還されず、経営者と連絡が取れない

数年前に電話で勧誘されて有料老人ホームに600 万円を支払って入居した。勧誘時に経営者から「生涯世話をします」と言われ、契約期間にも特に定めはなかったのでずっと居られると思っていた。去年、突然経営者から「閉所することになった」と言われ退去させられた。契約時に説明された退去時に返金されるはずのお金が戻ってこないので、経営者に電話をしたが連絡が取れない。

 

(相談受付年月:2010 年10 月、契約当事者:70 歳代、女性、栃木県)

 

このケースは、有料老人ホームが閉所、つまり倒産したということが考えられそうです。経営者に連絡が取れないということは、利用者に責任を取らずに逃げているということですね。これはぜひともしかるべき通報と抗議をすべき事例です。

 

民間事業者なので倒産もあり得る

9_1高額な入居一時金を支払うことで、終身にわたって安心して住めると思っていた有料老人ホーム。

 

しかし、経営の母体が民間事業者であれば、経営不振による倒産はあり得ます。この事例のようなケースはそれほど多くはなく、たいていは経営不振の状態で他の民間業者が買収などして経営を引き継ぐケースが多いようですが、そうなったとしても問題は山積。これまでの規約が意味をなさなくなり、新しい経営母体のルールに従うことが多く、サービスの変更や料金の値上げが実行されることも多いようです。また、倒産でなくても、都道府県の指導指針を大きくはずれるようなホームは営業停止になることも。

 

これまで何度もお伝えしてきたことですが、有料老人ホームは老人福祉法に規定されるものの、公的な運営ではありません。しかも、分譲マンションのように部屋や敷地を購入して使用するのではなく、「終身利用権を得る」ということですので、利用権を発する事業者が倒産や営業停止になれば、利用権を持っていても意味がなくなってしまいます。入居の際には事業者の経営内容や過去の評判や実績をよく調べ上げ、大事な財産を投入して大丈夫かどうか、よく検討してください。

 

保全措置が義務付られているが……

9_3このように利用者が著しく不利になることを防ぐために、厚生労働省は、有料老人ホームに対し「入居一時金の保全措置」を義務づけています。入居一時金の算定根拠を書面で利用者に明示することは大前提。さらに、返還しなければならない場合に備えて、銀行との連帯保証委託契約を結ぶ、有料老人ホームの協会などに所属してお金をプールしておくなどの対策を講じること、とされています。

 

しかし、これは新しく設置された有料老人ホームが対象で、平成18年3月31日までに設置届出済みの有料老人ホームは、保全措置が義務付けられておらず、努力義務とされています。また、保全措置をとっているところでも、上限を500万円としているところがほとんどなので、さらに高額の入居一時金を支払っている場合には、要注意です。入居の前だけでなく、すでに入居している人も、ホームがどのような保全措置をとっているのか、一度調べておくべきでしょう。

 

有料老人ホームに入れば、終身にわたって安泰、などと気を抜かないで。最悪の事態に陥らないように、自らが知識を身につけ、先手を打って対処していくことが大事です。

 

*このようなトラブルに関しては、地域の消費生活センターで相談を。消費生活センター等では、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受付け、公正な立場で処理にあたっています。
連絡先がわからなければ、0570-064-370で聞くことができます。

 

また、自らの手に負えないと思ったら、お金はかかってしまいますが、弁護士事務所に相談するのも一考です。昨今は、相談料金の安価な弁護士さんも多い様子。支払った金額が大きい場合には、特に頼りになりそうです。

 

 

 

老人ホームを検討される方は・・・【初めての老人ホーム探しガイド】

現在老人ホームや高齢者向け住宅を検討中の方は、こちらのページも、ぜひ参考にしてみてください。

 

●さまざまな老人ホームを取材リポートしています → 編集部の取材レポ <介護付き有料老人ホーム編>
●本人と家族にぴったりの老人ホームを探すには→ 老人ホームの「見つけ方・選び方」

 

老人ホームの種類とは

費用条件の見比べ方

こんなホームはNG

ホーム見学のポイント

入居までの流れ

 

 

 
logo_categ0では、あなたの条件にあった老人ホームを探せます。掲載ホーム数は日本最大級!
写真満載、日常の過ごし方、働くスタッフのコメントも紹介。「住んだ後がイメージできる」サイトです。
老人ホームを検索する

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す