有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

増税時代を生き抜く節約術を教えて!~介護のお金・介護保険Q&A|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

増税時代を生き抜く節約術を教えて!~介護のお金・介護保険Q&A

2014年3月12日

介護にはあらゆる場面でお金が絡むもの。介護保険の仕組みがわかっても、実際さまざまな介護の場面でどのぐらいお金がかかるかは案外知られておらず、実際に困った経験がある人も少なくありません。
さまざまな介護の「困った」ケースを見て、自分の介護に役立てましょう。
<取材・文 興山英雄/協力 ファイナンシャルプランナー 山田静江さん>

 

実例

53

吉岡さんは要介護2の夫と、職探し中のフリーターの息子(25歳)との3人暮らし。決して多くはない年金収入と貯金を切り崩しながらの生活を送っている。消費税増税を前に口をつくのは愚痴ばかりだ。

 

「訪問介護にデイサービスに介護用具レンタルに医療費に食費に介護タクシー代……夫の介護だけで月12万円以上はかかる。生活は大変。なのに2014年4月からは増税(8%)、2015年からはまた増税(10%)でしょ? はぁ~、もう嫌になる……」(吉岡さん)

収入が低い吉岡家の介護生活に追い打ちをかける消費増税。

 

「節約のこと、真剣に考えていかないと。何か効果的な方法があれば教えてほしいわ」

 

低収入に追い打ちをかける厳しい介護生活。吉岡さんの怒りは理解できないわけではないが……。

 

 

山田さんのワンポイントアドバイス

『切り詰めるところは切り詰める、もらうべきお金はもらう。ココを抜かりなく』

 

介護生活を送る人にとって、増税が家計の重荷になるのは分かります。消費税は低収入な人ほど負担度が重くなりますから、愚痴が出るのも無理からぬことでしょう。
ただ一つ言えることは、政治に対して被害者意識を持つよりも、前向きに収入を増やす方法と出費を減らす方法を考える方が、家計のためになるということ。
社会保障の財源にもなる消費税は回り回って介護する人、される人のためにもなるのですから。

 

節約の考え方は、出費を切り詰めるところは切り詰める、もらうべきお金はもらう。

 

例えば吉岡さんの場合、同居されている息子さんから家賃は受け取っていますか? 近隣の家賃相場と同額とは言わずとも、少なくともその半額は毎月受け取るべきです。
また、お付き合いで加入している保険はありませんか? 内容も吟味せず契約してしまった保険商品がムダな出費になっている家庭もよく見かけます。

 

そのほか、知人や友人の方から買わされている健康食品などがあれば削るべきですし、この際、毎年当然のように送っているお歳暮やお中元も、どちらか年一回にまとめるなど見直すことも必要かもしれません。過度なお付き合いや見栄にはムダな出費が付き物。切り捨てる勇気を持つことも大切です。

 

そのうえで、高額介護サービス費や現金給付など、自治体の各種助成制度は抜かりなく利用すること。いま自分がどんな助成を受けられるか、ケアマネさんはすべてを把握しているわけではありません。
自分の足で、自治体の介護保険課窓口に行って確認することも大切です。

 

 

プロフィール

山田静江(やまだ・しずえ)
ファイナンシャル・プランナー(CFP/FP技能士1級)。株式会社 WINKS 代表。日本FP協会埼玉支部幹事。
大学卒業後、都市銀行に入社。その後、会計事務所勤務、独立FP会社勤務を経て2001年にFPとして独立し、現在に至る。「損得ではない安心して暮らすためのプランニング」をモットーに活動している。
現在は介護や高齢者住宅問題のスペシャリストとして講演、執筆活動を展開している。

http://winks.biz/

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す