有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

介助サービス付きの旅行料金はどれくらい?~介護のお金・介護保険Q&A|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

介助サービス付きの旅行料金はどれくらい?~介護のお金・介護保険Q&A

2016年6月27日

介護にはあらゆる場面でお金が絡むもの。介護保険の仕組みがわかっても、実際さまざまな介護の場面でどのぐらいお金がかかるかは案外知られておらず、実際に困った経験がある人も少なくありません。さまざまな介護の「困った」ケースを見て、自分の介護に役立てましょう。
<取材・文 興山英雄/協力 ファイナンシャルプランナー 山田静江さん>

 

実例

prof35

妻とともに、3年ほど前から母親の介護を行っている三宅さんは、母親の誕生日に、旅行をプレゼントしようと計画している。

 

「今まで、母には親孝行らしいことは一度もしなかった気がするんです。もう先が長いわけじゃないし、思いきり母を喜ばせるようなことがしたい」。

 

ただ、車いす生活を送る三宅さんの母親は、ひとりで立ち上がったり、歩いたりできない状態で、排せつや着替えにも全介助が必要。

 

「妻と私だけでは、旅先で母を支えきれるかどうか、心配です。知人からバリアフリーの旅行サービスがあるという話を聞いたことがあるのですが、それは本当でしょうか? 料金の方もちょっと心配です」。

 

 

山田さんのワンポイントアドバイス

『料金は一般ツアーより割高ですが、お母様を喜ばせてあげることはできますよ』

 

移動やトイレ、宿泊先がバリアフリーになっていたり、旅行に介助スタッフが同行してくれたりと、最近ではバリアフリー付きの旅行サービスが充実してきました。たとえば、旅行会社クラブツーリズムの団体ツアー「バリアフリーの旅」は、車いすでの参加が可能です。

 

車いすで乗り降りできるリフト付きのバスで移動し、まめにトイレ休憩タイムが設けられていて、宿泊先では浴室で使うイスやすべり止めマットも貸し出してくれます。料金を上乗せすれば、ホームヘルパーの資格を持つスタッフが専属で同行してくれ、入浴介助だけの時間制サービスもあったりします。料金は各旅行会社によって違いますが、おおむね一般ツアーの1.5倍から2倍程度。個人でヘルパーを雇うよりも割安です。

 

国内旅行の場合なら、タクシー会社の旅の同行介助サービスを利用するのも方法のひとつです。浅草や皇居、東京スカイツリーといった観光スポットで車いすを押してもらいながら、専門の実習を受けた運転手と介助者が旅の案内をしてくれます。料金は、国際自動車が提供している「旅サポタクシー」の場合、車両の貸切料金も含めて1時間8000程度。一台につき6人まで乗れますので、折半すれば費用を抑えられそうです。

 

*外出に付き添ってくれる外出サポートサービスをこちらで詳しくご紹介しています。

 

プロフィール

山田静江(やまだ・しずえ)
ファイナンシャル・プランナー(CFP/FP技能士1級)。株式会社 WINKS 代表。日本FP協会埼玉支部幹事。
大学卒業後、都市銀行に入社。その後、会計事務所勤務、独立FP会社勤務を経て2001年にFPとして独立し、現在に至る。「損得ではない安心して暮らすためのプランニング」をモットーに活動している。
現在は介護や高齢者住宅問題のスペシャリストとして講演、執筆活動を展開している。

http://winks.biz/

 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す