有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

「入居一時金ゼロ」の有料老人ホームはお得?~介護のお金・介護保険Q&A|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

「入居一時金ゼロ」の有料老人ホームはお得?~介護のお金・介護保険Q&A

2017年6月5日

介護にはあらゆる場面でお金が絡むもの。介護保険の仕組みがわかっても、実際さまざまな介護の場面でどのぐらいお金がかかるかは案外知られておらず、実際に困った経験がある人も少なくありません。
さまざまな介護の「困った」ケースを見て、自分の介護に役立てましょう。
<取材・文 興山英雄/協力 ファイナンシャルプランナー 山田静江さん>

 

実例

8_prof

脳梗塞で右マヒとなった母親を有料老人ホームに入所させようと、複数の施設からパンフレットを取り寄せた石田さん。

 

「母親の退院予定日が近づいているので、早く決めないと……」と焦り始めていた彼が施設選びのポイントにしたのが入居一時金で、「なるべく初期投資が安いところに」と考えていた。

 

石田さんはその後、じっくり検討することもなく「入居一時金ゼロ円」をうたい文句にする有料老人ホームに入居申込書を提出してしまった。

 

 

山田さんのワンポイントアドバイス

『安さだけで選んではいけません!』

 

一般的に、有料老人ホームの入居一時金というのは施設の建設費や設備費、管理維持費を賄っているものです。ですから、「入居一時金ゼロ」の施設の場合、一時金のある施設と比べて(家賃に相当する)月額費用が高くなります。

 

一方、入居一時金が高額な施設の場合、月々の利用料が安くなるケースが多いです。

 

どちらの施設が良いのかは一概にいえませんが、短期間の入居(自宅のリフォーム完了や転院までのつなぎの目的など)であれば「入居一時金ゼロ」の方が得になるといえるでしょう。逆に、長期・終身の利用なら入居一時金が掛かる施設の方が良いかもしれません。

 

といっても、実際に探す際は金銭面にとらわれて結論を急いではいけません。本人の身体状況や施設の立地、設備、スタッフの体制も含めてじっくりと検討する必要があります。

 

●こちらの記事も参考にしてください
→老人ホームでかかる費用・入居条件を見比べよう

 

●老人ホームの入居一時金に関するトラブル事例
→入居後すぐ退去。一時金は全く返金されない!?
→聞いた話と違った。退去したいけど入居一時金が…

 

プロフィール

山田静江(やまだ・しずえ)
ファイナンシャル・プランナー(CFP/FP技能士1級)。株式会社 WINKS 代表。日本FP協会埼玉支部幹事。
大学卒業後、都市銀行に入社。その後、会計事務所勤務、独立FP会社勤務を経て2001年にFPとして独立し、現在に至る。「損得ではない安心して暮らすためのプランニング」をモットーに活動している。
現在は介護や高齢者住宅問題のスペシャリストとして講演、執筆活動を展開している。

http://winks.biz/

 

 

●老人ホームのお金について、こちらでも詳しくご紹介しています

「入居時費用」・「月額費用」・「初期償却」・「権利形態」…これがわからないと老人ホームを決められない!
→老人ホームにかかるお金の意味・選び方

 

「無理やり退去を求められた」「解約できない」「老人ホームが倒産」…トラブルに巻き込まれないために
老人ホームのお金トラブルの実例

 

毎月いくらかかる?いくらまでなら払える? きちんと計算できていますか?
『老人ホームの費用の算出のしかた』ついて

関連する記事
【2013/09/20】チャウチャウ
入居一時金が0円のホームが増えているが、サービスの内容や想定される入居期間はどれくらいになるのか、考えなければならない。
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す