有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

認知症~「性的行動」と「認知症のまとめ」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

認知症~「性的行動」と「認知症のまとめ」

2011年12月9日

物事を判断する力が弱まり「してもよいこと」と「してはいけないこと」の区別ができなくなると、本能のままに行動するようになります。三大欲望のひとつである性欲のコントロールが利かなくなると、いやらしいことを言ったり、性器を見せたり、異性に性行為を迫ったりすることがあります。いずれも、厳しく叱ったり、強く拒んだりすると、患者さんを興奮させてしまいます。微妙な問題ですが、感情的にならないように対処しましょう。

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る

 

さりげなく、あわてずに

いやらしいことを言われたら、さりげなく受け止め、別の話題に変えてみましょう。性器を見せる場合には、パンツをなくしたり、おむつが濡れていたりすることが原因であることもあります。あわてずに下着をはかせましょう。

 

性行為を迫られる場合、部屋の鍵をかけるなどの対策を考えましょう。専門家に相談するのも手です。いずれの場合も「なんていやらしいの!」「そんなことをしたらダメでしょう!」と頭ごなしに叱るのは逆効果。

 

 

現れ方は違っても接し方は同じ

5回にわたって「認知症患者との付き合い方」というテーマで、起こりやすい症状とその対処法、してはいけないことやかけてはいけない言葉などを紹介してきました。

 

代表的な事例として取り上げた「徘徊」「物盗られ妄想」「食べたことを忘れる」「異食」「失禁」「うまくいかない衣類の着脱」「幻覚」「収集癖」「性的行動」は「認知症の周辺症状」として、多くの患者さんにみられるもの。症状の現れ方は人それぞれですが、接し方は同じです。

 

 

言葉や行いを受け入れることから

認知症患者さんの症状は、健常者からみれば不可解な上「なんで?」と思うことが多いはず。大切なのは症状や行動から、患者さんが訴えようとしていることを考えてあげることです。

 

患者さんのふるまいに対して感情的になったり、頭ごなしに叱りつけたりすることはよくありません。患者さんには叱られる理由が分からないので、かえって混乱させたり、追い込んだりしてしまうからです。まずは、言動を受け入れることから始めましょう。

 
 
 
●こちらの記事も参考にしてください
→在宅医に聞く「認知症の人が受診を拒むとき」

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す