有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

認知症~「幻覚」と「収集癖」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

認知症~「幻覚」と「収集癖」

2011年12月2日

「小さな兵隊が行列を組んで歩いている」「天井に芋虫がびっしり張り付いていて気味が悪い」――。実際にはいないものが見えると言って興奮する認知症の患者さんがいます。いずれも、幻覚です。体調が悪いときや夜中に見えることが多いようです。その場に居合わせたら、本人の訴えに耳を傾けましょう。そして、例えば「どんな兵隊がいるの?」などと話を合わせましょう。話を聞いてもらうことで興奮が収まる場合もあります。

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る

 

本人には見えています

 周りには見えなくても「本人には見えている」のですから「そんなもの見えるわけないでしょ!」と頭ごなしに否定してはいけません。

 

興奮しているときには、それを追い払ったりするそぶりをするのはOKです。しかし、話のつじつまを合わせようとするあまり、うかつに「いるよね」と口裏を合わせるのはタブー。間違いを認めることになるからです。壁のシミなど、幻覚を招くものがあれば、取り除いておくことも予防になります。

 

 

 

 

集めるのが“仕事”です

認知症になると、他人にとってはまったく価値のないごみやガラクタなどを集めて、大事にしまい込む行動をとる患者さんがいます。空き缶や袋、ひも、石ころなど、患者のこだわりによって集められるものはさまざま。

 

多くの場合、患者さんは集めたもので何かがしたいのではなく、集めること自体を仕事のように考えているのです。危険を伴うものでない限り、好きにさせておいて、時々チェックするようにしましょう。

 

 

 

捨てるときは少しずつ、こっそりと

「こんなもの邪魔でしょ!」「汚いでしょ!」「さっさと捨ててきて!」などと叱りつけるのはよくありません。しかし、不衛生なものや腐ってしまう食料品などが混じっていれば話は別。できるだけ、本人に気づかれないように、少しずつ片付けましょう。

 

腐敗したものを口にして食中毒を起こしたら大変です。認知症の患者さんは集めることには熱心ですが、始末されたことは気にかけないことが多いので、じょうずに処分しましょう。

 
●こちらの記事も参考にしてください
→在宅医に聞く「認知症の人が受診を拒むとき」

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す