有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

認知症~「失禁」と「うまくいかない衣類の着脱」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

認知症~「失禁」と「うまくいかない衣類の着脱」

2011年11月25日

トイレでない場所で用を足してしまう失禁はドラえもん風に言えば「どこでもトイレ」。失禁の多くは尿意や便意を感じながらも間に合わないことやトイレの場所が分からないことから起こります。多くの場合、落ち着きがなくなって、そわそわ・うろうろし始めたり、腰のあたりに手をもっていく“サイン”が現れるはず。そんなそぶりが見えたらトイレに誘導しましょう。一定時間ごとにトイレに誘うのも失禁を未然に防ぐ手立てになります。

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る

 

安易におむつに頼らない

トイレの工夫トイレのドアに「トイレ」などと書いた紙を張っておくのもひとつの工夫です。トイレでない場所をそう思い込んでいる場合には代わりの容器をその場所に置いておきます。

 

失禁しても「どうしてトイレでできないの!」「ここはトイレじゃないのに!」「したかったら言いなさい!」などと叱ってはいけません。本人が一番ショックだからです。手助けするときは安易におむつに頼らず、できるだけ自分の力で排泄できるように仕向けましょう。

 

 

1枚ずつ、順番に

認知症になると、直接、症状に関係のない身だしなみは後回しにされがち。しかし、生活に張りを与えてくれるきっかけにもなるので、衣類の着替えにも気を配 りましょう。

 

大切なのは自分でできるように工夫してあげることです。例えば、上着の上から下着を着ようとするなど、服の着方や順序が分からない場合は着る 順番に1枚ずつ重ねておいたり、ひとつずつ渡していったりすれば、興味をもって着替えてくれるようになります。

 

ファスナーからマジックテープへ

高齢者の場合には手足の麻痺や障害がなくても服の着脱は難しいものです。ですから「こんな簡単なことができないの?」「さっさと着替えて!」などと、健常者のレベルを押し付けるのは禁物です。

 

手先の細かい動きが難しくなるので、着脱に手間取るような場合には小さなボタンは大きめなものに、ファスナーやホックは、マジックテープに換えたりするとよいでしょう。ボタンのないセーターやトレーナー、ゴムのズボンを選ぶのもベター。

 
●こちらの記事も参考にしてください
→在宅医に聞く「認知症の人が受診を拒むとき」

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す