有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

“お金を盗られた”も本人には理由がある「認知症の症状は薬で治まる?」2|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

4月25日

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

“お金を盗られた”も本人には理由がある「認知症の症状は薬で治まる?」2

2016年6月24日

第1回で、認知症が原因の困った行動や症状について、薬で対応する前に、関わり方や接し方を変えてみて欲しいとお話ししました。
認知症は、高血圧や糖尿病のように、ある程度薬でコントロールできる病気とは異なります。認知症の症状に使う薬は、抗精神病薬や睡眠薬などで、いわば、薬で無理やり症状を抑え込むようなもの。根本的な解決にはなりません。
認知症の方の困った行動や症状は、その方自身が困っていたり、不安を抱えていることから起こることが多いようです。
薬の力を借りることもありますが、まず、その前にできることを考えてみたいと思います。
<回答:上條内科クリニック 院長 上條武雄 / 構成・文:星野美穂>

 

 

【質問 祖母が興奮すると大声で大騒ぎします。薬でなんとか抑えられませんか? ~78歳・要介護3 】

「お金を盗んだろう」と孫を疑い、大声で叫び続ける認知症の祖母。この症状は薬で抑えられるのでしょうか。
(相談者:孫娘)

 

認知症の祖母を5年間介護しています。母は早くに亡くなり、私と、近くに住む妹とで祖母をみています。先日、祖母が「タンスにしまっておいた100万円がない」と言い出しました。そんなお金は今まで見たこともなかったので、「そんなお金、なかったよ」というと…(続きはこちら)

 

 

【 上條先生の回答 】前回からの続き  *前回(1回目)はこちら

妄想を薬でなんとかできる?

1私が以前、関わった患者さんのなかにも、相談者さんのおばあさんと同じように、「家族にお金を盗まれた」と騒ぐ患者さんがいました。ご家族が、どんなに「お金なんて持っていなかったでしょ」と言っても信じず、興奮して騒ぎだすため、ご家族もとても困っていました。
そして、「お金を盗られたという妄想をなんとかして欲しい」と、私のところに相談に来られたのです。

 

ご家族は、医療、つまり薬で解決して欲しいと考えてこられたわけですが、私はまず、患者さんと話をさせて欲しいとお願いしまいた。
患者さんにお会いして、「なんでそんなに、お金のことが気になるの」と聞くと、「だって、家賃を払わないと、この家を追い出されてしまう」と話し出したのです。

 

通帳を見せることで安心してもらう

患者さんは、女手ひとつで5人の子供を育て上げてきたお母さんでした。お金の管理もしっかりやってきました。今だって、自分がやらないと、という気持ちでいたのです。
ところが、数年前からお金の計算を間違えたり、財布を置き忘れるようになって、心配した子供たちがお金を持たせないようにしていました。
しかし、今でもお金の管理は自分でやらないと、と思っている患者さんは、お金が手元にないことが不安でたまらず、それが激しい興奮になって表れていたのでした。

 

ご家族にはそのことを説明し、「お金を預けるのは無理でも、通帳を見せてお金はこれだけ入ってる、家賃もここから払っているから大丈夫だよ、と安心させてあげてください」とお願いしました。
お金はちゃんと子供たちが管理している、支払いもされていることに安心された患者さんは、騒ぐこともなくなったそうです。興奮を抑える薬を使うこともありませんでした。

 

問題解決を家族だけで抱えない

2このようにBPSD(認知症による行動・心理の症状)の問題は、薬を使うより前に、問題の根本を探ることが大切です。
でも、だからといって、家族だけで全部を解決できるものではありません。
患者さんも困っていますが、家族も困っています。困っている問題を、家族だけで抱えないでいただきたいと思います。

 

これまでも何度か紹介してきたように、これからは「地域包括ケア」、地域で介護を支えていく時代です。
問題となっている行動は、家族だけで考えるよりも、第三者の目でみたほうがわかりやすいこともあります。

 

たとえば、上記の事例では、患者さんが「お金がない」と不安を訴えているのに、「そんなお金はもともとなかったって言っているでしょ」「この間もお金をなくしてしまったのだから、もうお金は持たなくていいから」といった家族の言葉が、余計に患者さんの不安をあおり興奮をエスカレートさせていたのです。
私が、第三者の立場で見て指摘したことで、家族もそのことに気が付いたのです。

 

家族のアプローチが地域の介護力を育てる

介護に不安を抱えたら地域包括ケアセンターに相談に行ってみてください。経験のあるケアマネジャーや訪問看護師なら、解決策を探れるはずです。家族以外の目でみると、問題点も見つけやすいことがあります。
また、困っている家族が地域にアプローチすることで、地域の介護サービスをより充実させるきっかけとなることもあります。

 

「認知症の人が受診を拒むとき」の第2回でも紹介したように、地域によっては、介護のしくみがまだ整備されていないこともあると思います。
地域住民の意見や要望が、地域の介護システムを育てることにつながります。
積極的に、声をあげていっていただきたいと思います。

 

認知症の症状について、薬を使わない対応について考えてきましたが、場合によっては薬の力を必要とする場合もあります。
次回は、認知症の症状に使う薬について、知っておいていただきたいことを解説します。

 

●「認知症の症状は薬で治まる?」の記事をすべて見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る

 

 

プロフィール

kami上條内科クリニック院長・医学博士 上條武雄先生
1992年慈恵会医科大学卒業後、2003~2007年まで上野原市立病院内科勤務。2007年から横浜市内の在宅療養支援診療所3ヶ所に勤務の後、2011年に上野原市に上條内科クリニックを開業。地域を支える在宅医として、認知症ケア・緩和ケアなどにも力を入れる一方、アニマルセラピーの普及や、医療・介護が連携しやすい仕組みづくりにも取り組む。忙しく飛び回る毎日の癒しは愛犬のチワワたち(花音、鈴音ともに7歳)。自身でアニマルセラピーの効果を感じる日々。

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す