有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

認知症~「食べたことを忘れる」と「異物を食べる」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

認知症~「食べたことを忘れる」と「異物を食べる」

2011年11月18日

たった今、食事をしたばかりなのに「ご飯はまだ?」「朝から何も食べていない」などと繰り返し食事を要求するのも認知症によくみられる症状です。食べたことそのものを忘れていたり、満腹を感じる脳の働きが侵されていたりするのが原因です。患者さん本人に食べた記憶がないのですから「さっき、食べたばかりでしょう?」といくら言葉で言っても納得してくれません。むしろ、どうして食べさせないのかと怒り出すこともあります。

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る

 

軽いお菓子で気持ちを満たす

たび重なる要求に対しては食事したことを納得させるよりも、これから食べられるという安心感を与えるほうがベター。「ちょっと待っててね」と台所に向かったり、時計の針を指差して「針がここまで来たらご飯ね」と言葉をかけたりするとよいでしょう。それでも要求する場合には、長持ちする飴玉や少量のお菓子などを与えて気持ちを満たしてあげることが大切です。たとえ事実でも「いま、食べたばかりでしょ!」はNGワードです。

 

 

ボタンを食べたことがありますか

同じ「食」に関係する症状で、よくあるのが周りのものを手当たり次第に口に入れてしまう「異食」です。ボタンや硬貨、乾燥剤、せっけんなど、なんでも食べてしまいます。ハイハイし始めた乳児がなんでも口にするのに似ています。食べてよいかどうかを区別できないことが引き金になります。認知症の患者さんは味覚が低下していることが多いので、異物でも疑わないのです。口にすると危ないものは身の回りに置かないようにしましょう。

 

患者さんをビックリさせないで

異食の恐れのあるものは目に付かない所や手の届かない所、鍵のかかる所にしまいましょう。異食に気づいたら、他の食べ物を与え、口にしているものを交換してもらいます。決して大声を出したり、無理に吐き出させようとあせったりしてはいけません。驚いた患者さんが誤って飲み込んでしまうこともあるからです。周囲に気づかれずに異食している場合もあるので、腹痛や嘔吐など、患者さんの健康状態に常に注意を払うことも大切です。

 
●こちらの記事も参考にしてください
→在宅医に聞く「認知症の人が受診を拒むとき」

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す