有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

目で見てわかる高齢者の脱水症状のサイン<高齢者は脱水になりやすい1>|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

目で見てわかる高齢者の脱水症状のサイン<高齢者は脱水になりやすい1>

2015年2月6日

脱水、というと、夏場の熱中症での脱水のイメージのほうが強いですが、実は冬も、脱水を起こしやすい時期です。高齢者は脱水になりやすく、特にこの時期流行するインフルエンザや胃腸炎は脱水を起こす原因になります。今回は脱水にいち早く気づくためのサインをテーマにします。
<監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄 / 文:椎崎亮子>

 

●「高齢者の脱水」をすべて見る

 

脱水の定義は?

byoki1インフルエンザの流行が各地で続いています。上條先生が主治医を務める施設の患者さんにも、インフルエンザの発症があり、12月~1月にかけて忙しい毎日でした。ある患者さんは、空気の乾燥と
脱水のために気管に痰がこびりつき、あわや窒息という事態になったそうです。

 

脱水とは、平たく言えば、摂取する水分と排出する水分のバランスが崩れて体内の水分量が不足し、それに伴って体液中の電解質(塩分や各種ミネラル)のバランスが崩れている状態です。人間の体は血液、体液だけでなく、からだの細胞一つ一つが水分を含んでいます。成人の体は約60%が水分です。高齢者はより体内の水分量が少なく、約50%程度になっています。体重50キロの高齢者の体内には、約25kgの水分があることになります。

 

高齢者が脱水に陥るメカニズムは?

私たちは、すべての食物と飲料水から水分を得ています。また、エネルギー代謝の過程でも水分(H2O)が得られます。その量は成人で1日約2500ccです。
一方で、水分は、尿、便、汗、涙などとして排出されます。呼気(吐く息)の中にも水分は含まれます。目には見えませんが、皮膚表面からも常時水分が蒸発しています。この量が、得られる水分量と釣り合っていれば脱水にはなりません。

 

しかし、病気にかかるとこのバランスは容易に崩れてしまいます。
たとえばインフルエンザで発熱すれば、その分呼気や皮膚から出ていく水分が増えます。その一方で食欲が落ちますので、摂取できる水分量が減ります。感染性の胃腸炎では、下痢・嘔吐で大量の水分が出ていきますが、食べる・飲むはかなり困難になります。
また、糖尿病で高血糖になった時は、血液中から水分がどんどん出て行ってしまい、これにともない増えた尿中に大量の電解質も逃げてしまいます。

 

冬場の乾燥と暖房に注意

byoki2また、冬場は空気が乾燥しているため、病気ではなくても、皮膚や呼気からの水分蒸発量が増え、脱水しやすくなっています。
さらに、長時間こたつに入っている、エアコンや電気ストーブをつけっぱなしにしている、厚着をしすぎてかえって汗をかくなど、高齢者にとっては脱水しやすい条件がそろっていることになります。

 

 

 

 

高齢者の脱水のサインは?

脱水がおきたときの症状を下記に記します。下に行くほど重症になります

 

(1)のどの渇きを訴える(高齢者では喉の渇きを感じにくくなっていて、訴えないことも多い)
(2)口腔内が乾燥して口臭がする、口腔内の不快感を訴える
(3)皮膚表面がかさかさした感じになる
(4)痰がからんで切れにくくなる、咳が多くなる
(5)脇の下や鼠頸部の皮膚がカサカサした感じになる
(6)手の甲の皮膚をつまみあげると、すぐに元に戻らずゆっくり戻る
(7)目が落ちくぼんで見える
(8)尿の量があきらかに少ないか、尿が出ない
(9)傾眠(ウトウトと眠ってばかりいる)状態になる
(10)涙が出ず目が乾いた感じになる
(11)血圧が下がり脈が弱く・速くなる

 

経口で無理なく水が飲める合は経口補水塩(OS-1など)を摂取しますが、もし水を飲めない、飲みにくい状況があれば、医療者への連絡が必要です。

 

次回は、点滴などでの脱水の治療についてみていきます。

 

●熱中症による脱水にも気をつけてください →「高齢者の熱中症」

 

●「高齢者の脱水」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
【2015/02/13】masa-1@dance.ocn.ne.jp
昨年4月に家内(81才)が夜半9時ごろ急激な腹痛と、39度5分高熱で救急車で行きつけの病院へ搬送し即個室へと、入院し翌日消化器の先生に診てもらい胃腸内検査を受けました。が診断結果で菌が体内に入り、との事でしたが、菌その物事態が分からず2週間点滴ばかり、食欲なく、げっそりやせ細り原因分からずじまいで退院です。体重もなく顔も体形も変り果て、菌が悪さをしてると診断されても、何の菌だったのか、元々難病持ち患者なので、院内の主治医に相談すべきだったと、今更ながら後悔しました。バカな自分が腹立たしい内気な性分が災いの元でした。バカな亭主で家内が可哀そうです。
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す