有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

重傷化も多い低温やけど~高齢者の低温やけどを防ぎましょう~|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

重傷化も多い低温やけど~高齢者の低温やけどを防ぎましょう~

2015年1月30日

お湯やストーブ、引火といった高温によるやけどのほか、温かいと感じる程度の温度でもやけどを起こすことがあることをご存知でしょうか。
それが低温やけどです。
低温やけどは湯たんぽなどを使用中に起きやすく、特に高齢者は自分で寝返りが打てないことや、痛みを感じにくくなっていることから、低温やけどになることが多いといわれています。
まだまだ寒い冬は続きます。安全な暖房具の使い方を知り、低温やけどを予防しましょう。
<監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄 / 文:星野美穂>

 

●「高齢者のやけど・熱傷」をすべて見る

 

高齢者がなりやすい、低温やけど

yakedo4_1低温やけどとは、湯たんぽなど心地よく感じる温度のものに長時間皮膚が接することで、熱いと感じないままやけどになってしまうことです。
60℃で5秒程度、50℃で3分程度、44℃では、6~10時間で皮膚が損傷を受けるといわれています。
特に運動に麻痺がある方、寝返りができない方などが、同じ姿勢で湯たんぽなどがからだに触れた状態になってしまうため、低温やけどをしやすいようです。
また、糖尿病などにより、手足の血液循環が悪く、痛みに気が付きにくくなっている場合も、低温やけどになりやすくなります。

 

軽症に見えても要注意

湯たんぽや使い捨てカイロ、電気毛布などを使って皮膚の表面が赤くなっていたり、水疱(水ぶくれ)ができていたら、低温やけどを疑いましょう。
低温やけどは、受傷後の早い時期は浅いやけどのように見えていても、時間が経過するにつれて皮膚の内部の細胞が壊死し、深いやけど(重傷)になってしまうことがあります。
そうなると治療に時間がかかり、皮膚移植手術が必要になることもあります。
「赤くなっているだけだから」、「狭い範囲だから」と軽視せず、できるだけ早く皮膚科を受診しましょう。
また、低温やけどは、高温によるやけどと異なり、水で冷やしても意味がありません。

 

湯たんぽによるものが多い低温やけど

消費者庁が運用する事故情報データバンクによると、2009年1月から2013年1月までに低温やけどの事故情報が入っている製品は、湯たんぽが42件、電気あんかが7件、電気毛布が13件、カイロが24件でした。
足などに低温やけどを負い、全治30日以上の重傷となった重大事故等は、2012年11月から2013年1月までに4件が報告されています。
低温やけどは、特に就寝中に湯たんぽなどを使用して受傷するという例が多く見られます。
就寝中の暖房具などの使い方を見直し、低温やけどを防ぎましょう。

 

暖房具を正しく使って低温やけど防止を

yakedo4_2布団など寝具を暖める場合は、湯たんぽなどをあらかじめ布団に入れておき、布団に入る直前に布団から出します。
電気毛布も、寝る前にスイッチを入れて布団を暖めておき、寝るときにスイッチを切りましょう。
貼るタイプの使い捨てカイロは、直接、あるいは薄いシャツの上から貼らないように注意しましょう。カイロを貼ったまま横になり、カイロが長時間皮膚に押し付けられるかたちになったため、低温やけどを負ってしまったという事例もあります。
湯たんぽやカイロは、省エネの強い味方です。使い方を見直して、安全で快適に、寒い冬を乗り切りたいものです。

 

●「高齢者のやけど・熱傷」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す