有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

冬になると訴えが激増~高齢者のからだのかゆみ|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

冬になると訴えが激増~高齢者のからだのかゆみ

2014年11月7日

20141107すっかり涼しくなって、空気が乾燥してきました。冬によくみられるのが、乾燥による皮膚トラブルです。特に皮膚の薄い高齢者は、乾燥しやすくかゆみの原因ともなりやすいものです。

 

「かゆみなんていつものこと」と放っておくと、単なる乾燥から湿疹にまで悪化してしまい、治るまでに時間がかかることもあります。
冬のかゆみの原因と、予防法を知りましょう。
<監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄/文:星野美穂>

 

●「高齢者のかゆみ」をすべて見る

 

かゆみでパッチ薬もはがしてしまう

軽度の認知症を持つ87歳のAさん。以前大腿骨を骨折し、今は自宅で寝たり起きたりの生活です。
秋口になり少し涼しくなってきたころから、皮膚が乾燥してかゆみを訴えるようになってきました。寝る前に保湿クリームを塗っていますが、あまり改善はみられません。

 

あまり痒がるので、お嫁さんは毎日熱いタオルで全身を拭いています。また熱いお風呂が大好きな江戸っ子のAさんは、週1回の訪問入浴を楽しみにしています。熱いお湯につかり、さっぱりとする様子ですが、湯上りが特にかゆみが強いらしく、気が付くと足の脛やお腹をポリポリ。お嫁さんが掻かないように注意しますが、だんだん皮膚が赤くなって湿疹が出てきてしまいました。
夜、からだが温まると余計に痒くなるらしく、夜中に起き出して掻きむしることもたびたびあります。

 

また、困ったのは、認知症の薬として毎晩貼っている貼付剤(パッチ薬)です。
貼ったところがかぶれてしまい、場所を変えて貼っているうちに、貼れる部位がなくなってきました。貼っておいても、夜中に痒くなると無意識にはがしてしまうようです。
困ったお嫁さんが、ようやく医師に皮膚の状態を相談したのは、全身のあちこちを掻き壊し、パッチ薬を貼る部位がなくなったころでした―。

 

高齢者に起こりやすい、乾燥による皮膚トラブル

秋から冬にかけて、ある程度の年齢なら皮膚の乾燥を誰でもが感じる季節です。
特に高齢者は、からだの新陳代謝が落ち、皮脂腺から分泌される皮脂(皮膚の脂)の量が減少するため、より乾燥しやすくなります。そして皮膚が乾燥すると、肌着のすれやクリームなど化学物資からの刺激に敏感になり、かゆみを生じやすくなります。

 

一種の生理的な現象といえますが、こうした状態について「老人性乾皮症」または「老人性皮膚そう痒症」という病名がついています。

 

かゆみの悪循環に陥る前に

老人性乾皮症の時点なら、生活習慣の改善や適切なスキンケアと治療によりうまくコントロールできる場合が多いものです。ところがこれを掻きむしって掻き壊してしまったり、湿疹化させてしまったりすると、薬による治療を要する皮膚疾患(皮脂欠乏性皮膚炎や皮脂欠乏性湿疹)となります。

 

「かゆみなんてよくあること」と軽くみていると、かゆいから掻く、掻くから悪化する、さらに掻き過ぎてしまう…という悪循環に陥ります。

 

正しいスキンケアを知りましょう

そうならないためには、早めのスキンケアが重要です。でも、このスキンケア、意外と正しい方法が知られていません。上記のAさんの例でも間違ったスキンケアで、悪化につながるものもあります。

 

正しいスキンケアでしっかり保湿し、皮膚トラブルを防ぎましょう。
そして、悪化する前に、医師に相談を。

 

次回から、冬に多く見られるかゆみについて、その原因と正しいスキンケア方法、保湿に使われる薬の種類、悪化してしまった場合の治療についてみていきます。

 

●「高齢者のかゆみ」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す