有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

身体の内側から「冷え」を撃退~高齢者の「冷え」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

身体の内側から「冷え」を撃退~高齢者の「冷え」

2014年2月28日

冷え2

前回は、身体を外側から温めて冷えをブロックする方法を提案しました。今回は、身体の内側から温める方法を考えましょう。身体の内側からの冷え対策は、食事と運動です。
<監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄/文:星野美穂>

 

●「高齢者の冷え」をすべて見る

 

食べ物から作り出される「熱」

私たちの身体を温めている「熱」は、食べ物から作り出されています。体温を保ち、活動するのに必要なエネルギーを生み出す基本的な栄養素は、「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」です。

 

「炭水化物」は主食であるごはんやパン、麺類などに多く含まれます。
「たんぱく質」は肉や魚、卵や大豆製品などに含まれています。
「脂質」は、調理のための油や、バター、マーガリンなどに含まれています。

 

これらをバランスよく摂ることが大切です。

 

また、食品には身体を温めるものと冷やすものがあると言われています。主に、冬にとれる根菜類や北国でとれる食品は身体を温め、夏にとれる野菜や南国のトロピカルフルーツなどは、身体を冷やすと言われています。

 

●身体を温める食品と冷やす食品

 

身体を温める食品 身体を冷やす食品
野菜・根菜類 カボチャ、かぶ、ごぼう、たまねぎ、ピーマンなど 野菜・果物 トマト、きゅうり、ナス、セロリ、レタス、柿、梨、マンゴー、スイカなど
香味 生姜、ねぎ、にんにく、しそ、こしょう、山椒など 穀物 そば、小麦
果物 栗、もも、ライチ、ナツメ、くるみ、ザクロ 調味料 白糖、醤油、はちみつ、牛乳など
穀物 餅米、玄米

 

公益財団法人長寿科学振興財団「長寿ネット」より

 

寒い季節は、身体を温める食品を取り入れるのももちろんですが、身体を冷やすといわれる食品も、調理次第で身体を温めるものになります。煮物や鍋物、あんかけにする、身体を温める生姜などの香味を加えるなど工夫してみましょう。寒い時は、やはり温かい食事を摂ることが一番です。

 

「介護食・レシピ」のページなども参考に、温かい食事で身体を内側から温めましょう。

 

運動も冷え解消の一手

また、冷えは、筋肉量の減少や、手足などの身体の末端へ血液が正常に循環しない「末梢循環不全」によっても起こります。身体の熱の多くは、筋肉の活動によって生み出されます。ですから、筋肉量が少なくなると、熱を生み出す力が低下するのです。

 

また、筋肉は血液を運ぶポンプの役割も担っています。手足の筋肉が収縮すると血管は圧迫され、筋肉がゆるむと血管が解放され血液が流れます。このように、筋肉が収縮と弛緩を繰り返しポンプの役目をすることで、末梢の血液循環を助けているのです。ですので、筋肉量が減少するということは、末梢の血液循環にも影響するのです。

 

反対に、筋肉量をアップさせることは、冷え解消の一手となります。椅子に座っての足踏み、椅子の背などにつかまってかかとを上げ下げするなど、室内でできる運動で十分です。朝の連続ドラマを見ながら、三時のお茶のあと、お風呂の前に、など毎日の習慣として軽い筋力アップの運動を取り入れましょう。

 

運動して手足までポカポカになると、そのあとの家事なども楽になります。

 

筋力アップのための体操は、介護マガジンでも紹介しています。

 

●「高齢者の冷え」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す