有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

生活を見直して寒さをブロック~高齢者の「冷え」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

生活を見直して寒さをブロック~高齢者の「冷え」

2014年2月21日

冷え性1

1月末から2月初旬が一年で一番寒いといわれます。2014年は雪も多く、例年よりもいっそう寒さがこたえる冬ですね。

 

高齢になると「冷え」を訴える人が多く「冷え」は不眠や頭痛、肩こり、関節痛などを引き起こすだけではなく、免疫も落とすといわれています。また寒いと動くのがおっくうになり、できるだけ動かない生活を送っているうちに、「動けなく」なってしまうことも多々あります。

 

冷えの対処は、まず寒さをブロックすることが大切です。春まであと少し。生活環境や生活習慣をもう一度見直して、寒い時期を乗り切りましょう。
<監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄/文:星野美穂>

 

●「高齢者の冷え」をすべて見る

 

冷えを断ち切るには、生活の場の見直しから

高齢者が冷えや寒さを訴える場合、まずは生活の場を見直してみましょう。

 

立っていると適温でも、足元が寒いことがあります。座っている高齢者は足から冷えが来ることが多いもの。足元の温度も測ってみましょう。温度が低い場合は、足元を温めるヒーターを置くなどの工夫をするといいでしょう。

 

ベッド周りの温度も確認してみましょう。ベッドが壁際に置かれていると、冷えが壁を伝ってくることがあります。また、窓際に置かれたベッドでは、温度に昼夜差があることも。夜間にベッドの周りや内側がどのくらいの温度になっているか、確認することが大事です。夜間、ベッドの温度が下がっている場合は、ベッドの位置を変えるなどの対処をしましょう。

 

また、冬場は湯たんぽや電気毛布を使っている人も多いと思います。足に汗をかきやすい人だと、かいた汗が冷えて身体を冷やすことがあります。高齢者では低温やけどの心配もあるので、設定温度には注意しましょう。

 

下半身に一枚多くが基本

また、寒いとついつい何枚も重ね着してしまいがちですが、あまり着込むと動きにくくなり、汗をかいた場合も着替えがおっくうになってしまいます。血液循環を妨げないよう締め付けない衣服を選び、上半身よりも冷えやすい下半身に一枚多く重ねる、が冷え対策の基本です。

 

ただし、下着に毛糸のパンツ、タイツに腹巻……と何枚も重ねているとトイレのときに不便です。ズボンの上から巻きスカートを重ねたり、レッグウォーマーなど着脱しやすくて暖かいものを活用しましょう。

 

首、手首、足首を暖かくすると保温効果が高まります。首にスカーフやマフラーをまく、足首まで覆う厚手の靴下を履く、などが効果的です。

 

ぬるめのお湯にゆったり浸かる

ゆっくりとお風呂に入るのも、冷えを遠ざけるのに効果的です。ただし、熱いお湯は心臓に負担をかけるのでNG。熱いお湯は身体の表面だけしか温めませんが、38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりと浸ると、末梢の血管が広がり、身体が芯から温まります。

 

お風呂に入れない場合は、足湯だけでも効果的です。冷えないように足以外を暖かい服装にして行うと、上半身までポカポカしてきます。最近では、水を通さない袋にお湯を入れて使う「足浴ブーツ」など、足を濡らさずに足湯できるグッズもあり、便利です。

 

●「高齢者の冷え」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事

ペチカ ~介護用品・便利グッズ

冬の寒さ・乾燥対策に

【2015/07/19】ババ
75才の老婆です。後期高齢者になると老化を認識しました。身体全ての機能が低下してるのが、自覚することができます。
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す